「ジャイアンツ愛 番外」さぁ相手は決まった、あとは戦うのみ!

 

試合の無い日が続いてモヤモヤしていた日もようやく終わり(笑)
明日から、クライマックスシリーズ ファイナルステージが始まります


DeNA阪神かを気にしながらセパ共にファーストステージを見ていましたが
結果的に阪神となりました


レギュラーシーズンの相性だけ見れば
阪神との対戦成績の方が良いわけで、一見するとこちらにとっては良かった気が
しないでもないですが、後半戦の戦い、優勝直前の戦いを見る限りは
DeNAとの方が相性が良かったりするので
何とも言えないところですね


何より、短期決戦の雰囲気は、それまでの相性とか関係ないってのは
嫌ってほどわかってますし、大事なのは
モチベーションとコンディション、実戦感だと思います


ファイナルステージで相手を待ち受ける立場のチームは
それまでの期間の過ごし方が重要かつ難しいわけですが
さてさて、巨人はどうでしょうか?


紅白戦の結果などを見る限りは
中川、田口はよさそうですし、岡本さんの状態も悪くなさそうです
とはいえ、紅白戦となると、結局味方から打つ、味方に打たれるってことになるので
活躍したと言われても心境は複雑ですね


坂本、丸、亀井、阿部といった主力、ベテランの情報が少ないので
なんとも判断しづらいところですが
彼らは疲労を抜き、気持ちを高め、状態を上げることが求められていますし
経験もあるのでしっかりやってくれていることでしょう

 


個人的にはリーグ優勝でお腹いっぱいなので
ここからはボーナスステージという感じですが、出るからには勝って
令和初の日本一を手に入れて欲しいですし、先日亡くなった偉大な先輩
カネヤンの遺志を継ぐ者の後輩として


全力を出し切って戦ってもらいたいです

 


そんな中、昨夜の「週刊ジャイアンツ」で徳さんの原監督へのインタビューは
とても興味深いものがありましたね
これはこれで、2019年を総括する時のネタにもしたいと思いましたが
中でも1軍に上がった選手に課せられた

ジャイアンツ ミッション」

というLINEグループが今シーズンの優勝に欠かせなかった話は面白すぎましたね(笑)
オーダーをLINEグルで事前に伝えるだけでなく、
その日の反省や選手の意気込み、意見などミーティングや個別面談では
引き出せない選手の思いを知るだけでなく
チームが一つになるためのツールとして如何に活用されていたのかが垣間見れて
興味深かったです


SNSでやらかしてしまったチームの過去もあり、
夜何時以降スマホ禁止なんて話も聞こえる中において
監督自らが提案し、色んな意見を聞き、意図を伝える場として活用していたとは
想像もしていなかったですし
2軍に落ちたら退出しなければいけないという厳しさも含めて
とても面白い試みだと思いました

 

さて、そんな中で我々ファンの気になるところの筆頭である
菅野の状態ですが
このインタビューの中では

 

菅野は輪の中に入って戦う
今年は智之のチームではない


という2つにキーワードがありました
輪の中に入って戦うという事は、ファイナルなのかその先の日本シリーズなのかは
わかりませんが
キャプテン 坂本、選手会長 菅野の二人がプレーでの活躍はともかく
投打のリーダーとしてチームを引っ張ってもらうという意味だと思いますし
戦えない状態なら、もう今シーズンは練習すらさせないと思うので
どこかのタイミングで投げる姿は見せてくれるでしょう


報道にもあるように、それが先発なのか中継ぎなのか、はたまた抑えなのかは
わかりませんが、現状を見る限り、そして宮本コーチの談話を聞く限りは
最後まで戦力として考えているということですので
そこは期待して見守ることにしたいですね


と同時に

「今年は智之のチームではない」

 

というのも重い言葉だと思います
初戦は山口俊が投げることが報道されていますが、
今シーズンの結果を見るまでもなく、
菅野の果たした役割は決して小さくないとはいえ
菅野のチームでは無かったことは確か

 

そんな中で、彼がどういった役割を果たすのか
そして、彼の代わりに投手陣を引っ張ってきた山口がどういうピッチングをするのか

 

日本シリーズは2戦目が重要とよく言われますが
クライマックスシリーズ、特にファイナルステージは初戦がもっとも大事なので
いやが上にも山口のピッチングに注目せざるを得ませんね

 

初戦を取れば、アドバンテージを含めて一気に2勝となり
残りの試合が一気に楽になるのは説明が不要なほど

逆に、これまで優勝しながら日本シリーズに進めなかった嫌な過去を振り返ると
初戦を落としてそのままズルズル・・・という感じでしたので

 

とにかく、勝って勢いに乗る相手を抑えこんで
初戦を勝てるかどうか、
そこが一番になりますね


実戦感という意味でも、初戦さえ乗り切れば
身体が思い出すでしょうし、そこで力を出し切れないと
「あれ?アレ?」って思っている間に終わってしまうでしょう

 

ファイナルシリーズの決勝のつもりで明日のゲームに挑んで
内容にも結果にも満足のゆく勝ち方が出来れば
それが一番良いのですが、
出来なかったときの切り替え方も考えなければいけませんし
指揮官は今、何を考えているのだろう


ジャイアンツ・ミッションのグループLINEでは
今何がなされているのだろう
って考えると、
明日のことなのに、なんかソワソワして眠れそうにない自分がいます(笑)

 

いずれにしても

まだまだ野球を楽しめる今を選手たちに感謝すると共に
この場でも一喜一憂出来ることを素直に喜びたいと思います

 

 

<br><br><br>
管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/