「ジャイアンツ愛 番外」今年も去り行く選手たち・・・

ドラフト前に枠をあけるためとはいえ、今年も寂しいニュースが飛び込んできましたね

 

・戦力外

森福
坂本工宜
アダメス
マルティネス
山下亜文
田島洸成

 

自由契約

谷岡
山川和大
高井俊
巽大介
與那原大剛
橋本篤郎
高山竜太朗

(巽大介は育成で再契約の模様)

 

森福は入団してからの成績を考えれば仕方ないと思うところあるけれど
坂本工宜はちょっと残念ですね
(というか予想外)


アダメス、マルティネスはもう少し伸びてくれると思いましたが
ちょっと伸び悩んでしまいましたね


ただ、個人的には育成目的で若い外国人選手を数多く抱えるのはアリだと思ってます
どれだけ名声があっても、日本で活躍できるかわからない高額なメジャーリーガーを
連れてくるよりも
(起用契約とかうるさそうですし)


日本人には無い肉体的な素材を持っていて、日本式を覚えたら化けそうな
若くて年棒安くてもイイという外国人選手を多く手元に置いて
育てる方がコスト的には安上がりで済むと思いますし・・・


カープアカデミーみたいなのを作るのも悪くありませんが
一国にこだわるのではなく、広く有望な若い選手を発掘するのも
海外スカウトからしたらやりがいのある仕事でしょう


メジャーへのこだわりはあると思いますが、日本で活躍してから
さらに大きな舞台へ行くという道筋も今後は増えそうな気がします

 

巨人は毎年、育成枠もギリギリまで使ったりしますから
その分、毎年、自由契約となる選手も多く出てくるわけですが
一方で育成出身の選手が1軍で活躍するケースも飛躍的に増えました


数多く囲って、ダメならあっさり切り捨てる・・・
批判されることもありますが、プロ野球に夢をもって、野球を諦められず
努力を重ねている野球人たちの救済にもなっていると思えば
決して悪いことばかりではないと思います
(そこでダメなら本当に諦められると思いますし
 もう一度!とさらに燃える人もいるでしょう)

 

寂しいことではありますが
こればかりは仕方のないこと、↑に上がった選手の
これからの行く末が良いものであることを願うのみですね

 

ドラフトが近づくとワクワクするものもありますが
同時に寂しさをも感じる、複雑な心境です

 

枠を考えれば、第2弾、第3弾もありそうですし・・・

 

追記

内田順三巡回打撃コーチ 退任
木村龍治ファームトレーニングコーチ 退任
秦真司ファームバッテリー兼打撃コーチ 退任

が発表になりました

中でも内田コーチの退任はちょっとショックかも・・・

村田コーチにノウハウは伝授されていると思いますが

プレッシャーも大きいですね

こうなると、噂されている石井琢朗コーチの招聘がかなり

重要になってきそうです


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/a