「ジャイアンツ愛」8/21 巨 5-1 中 → 6連勝!これで次のDeNA、広島戦を少し余裕をもって見れる?

巨人 5-1 中日 → 対 中日 13勝5敗1分 ナゴヤドーム

勝利投手:菅 野 19試合 10勝 5敗 0S
セーブ :
敗戦投手:小笠原 2試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:菅野→大竹→高木 捕手:小林
中日:小笠原→祖父江→又吉 捕手:木下拓→石橋
本塁打
巨人:阿部5号(六回ソロ)、ゲレーロ16号(六回ソロ)
中日:
TBSチャンネル1 にて観戦 解説:川上憲伸 実況:高田寛之
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの19回戦。巨人は一回、岡本の適時打で先制。岡本は三回にも適時打を放ち、序盤で2点をリードする。先発の菅野は五回まで毎回走者を背負うが、失点は内野ゴロの間に失った1点にとどめ、最少リードを守る。すると六回、阿部とゲレーロが2者連続ソロ本塁打を放ち、エースを援護する。七回には若林の適時二塁打も飛び出し、5対2で逃げ切って6連勝を飾った。菅野は7回1失点で10勝目を挙げ、3年連続の二桁勝利を達成した
(https://www.giants.jp/G/result/201908211index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昨日が3安打だったので、今日の打線の状態がどうか心配でしたが、3、4、5番の活躍で快勝できてよかったです。


今日は左の小笠原ってことで、亀井と阿部の出場は無いと思っていたんだけど、原監督は使ってきましたね。
まぁ、阿部の場合は左ピッチャー苦手ってわけではないから、体調面さえ問題なければドンドン出場してほしいんですけどね。

その阿部はカーブを完全に読み切って、気持ちの良いホームランでした。キャッチャー目線でそれまでの配球を観察し、自分への攻めを考慮したバッティングでした。小林、大城にもこれくらいの考え方をしてもらえれば、リードだけでなくバッティングでも良い影響が出るのにな・・・と
まぁ、阿部ほどの経験値があるからなんだろうけど、目の前にお手本があるうちに、若い選手には勉強してもらいたい

ついでに言うと、読み切ったと言ってもそれを仕留められるってことは、それだけ思ったように身体が動いているってことで、代打ではなく先発で出て、今日のようにリードしてから守備固めで降りるなんて試合がもう少しあっても良いかな?って思った
(途中、代打で出て終盤で点を取るという展開よりも、先に点とってリードした展開の方が遥かに見てて安心できるし)


ナゴドに来てから状態の上がった丸と入れ替わるように凡打、三振のあと首をかしげる坂本。
まぁ、二人ともが好調ならそれに越したことはないんだけど、1、2番が相手投手と合わない時でも3、4、5番がそれをカバーできるなら、それもヨシ
特にヤクルト戦から目覚めた岡本が今日は2アウトから2本のタイムリーを含む猛打賞。
ちょっと前はあと一本出ない病が蔓延していましたが、今は2アウトから点が取れる状態で、岡本に関して言えば完全に4番の仕事を全うしてますね


それにプラスして、ここのところちょっと引っ張り気味で強引なバッティングになりつつあるなぁ~と思っていたゲレーロにも一発が飛び出した。もともと3割は期待してないし、そういう打順でも無いので1日に1本でも大事な安打が出ればイイ、それがホームランなら尚OKだから、今日に関しては非常に貴重なホームランでした。


もちろん、増田にスタメンを奪われて考えることもあったろう若林のタイムリーも貴重。
チーム内に良い競争が生まれて、バチバチしている感じがいいですね、福田のショートゴロでゲッツーを取り損ねた時、増田の守備に一瞬、残念感が漂いましたが、点にはならなかったもののしっかりヒットは打ちましたし、足でも見せてくれました。さすがに、あとが小林、菅野だったので点には結び付きませんでしたが、一日一善の結果を残してくれたのでOKでしょう

 

先発の菅野は今日はちょっと球数多かったですね。8安打されながら1失点で凌いだのはさすがですし、四死球も1個だったので全体としては良かったと思いますが、前日同様、中日打線の「あと一本出ない」に助けられた部分もありますので、何とも言えないところ。
今日はスライダー祭りってくらい投げて、むしろストレートを見せ球にしているような配球が目立ちましたが、時折投げるフォークが有効で大島を三振にとったところは痺れました。


もう少し省エネ投法が出来れば、8回くらいまでは投げて欲しかったところですが、体調が万全でない中、この先も投げ続けなければいけないわけで、苦労しながらでもしっかりゲームを作り、7回まで投げ切ったのは素晴らしいと言えるでしょう。
ブルペンも二人だけですみましたし)

 

離脱前の炎上ピッチングを見ていると、今シーズンはとても2ケタ勝利とか難しいだろうなぁ~と思っていましたが、気が付けば今日で10勝。さすがになんらかのタイトルは厳しそうですが、今永、大瀬良のこの先のピッチング次第では山口と最多勝を争うなんてことも夢ではないとこまで復調しましたね。

悪ければ悪いなりに投げるツボを手に入れた感じで、勝ち負けは別にして、この先もゲームはしっかり作ってくれそうな頼もしさは感じました

 

さて、7回終了時点で4点差、確かにチーム打率は巨人と並んで2割6分2厘の中日打線ですが、この点差で宮國、藤岡を投げさせられないのであれば、何のために帯同しているのか・・・・?と寂しくなりますね。
大竹、高木で何とか逃げ切った形ではありましたし、勝ったわけでケチをつけるのもなんですけど、この後まだ4試合あるし、週末にはDeNAと戦うわけで、2日間空いていたとはいえ、出来れば大竹は使ってほしくなかったな~というのが正直な感想

 

明日の梅津は初対戦なので、苦労するかもしれないし、ヤングマンは炎上するかビシっと抑えてくれるか全く読めないだけに、もしも宮國に投げる機会があるとするならヤングマンが早い回で捕まって、ロングリリーフを余儀なくされるようなところで使うことになるのだろうか?
それはそれで寂しい気もするし、とりあえず勝ち越しは決定しているわけだから、明日は点差に関わらず、折角昇格した二人に加えて、北村、重信あたりもスタメンで起用して欲しいなと思う
(そんな舐めプしてたら、足元すくわれるよって意見もあるだろうけど、使わずじまいってのももったいなさすぎる)

 

同時刻に東京ドームで行われたファームの試合

斎藤佑樹と岩隈が投げるってこともあり、2軍の試合なのに2万人以上が詰めかけましたね
ザッピングは混乱するのでしっかり録画して見ました。

期待の岩隈は1イニングのみでしたが、球速こそまだでないものの、初の実戦登板はベテランらしいピッチングで球場の沸き具合もハンパ無かったですね。ここからさらに状態を上げていっても、今シーズン中の1軍での登板があるのか微妙な時期ではありますが、ヘタするとコーチ枠として終わってしまうのでは?と思っていた中で、まずは結果を出したことにひと安心。このまま下で結果を出し続けて状態を上げていってくれれば、来年の構想には入ってくるでしょうし、1軍のブルペン次第では中継ぎでの起用の可能性はあるかもしれません

個人的にゆかりがあって、彼の家族や学生時代のチームメイトが知り合いなもんで、思い入れも強い選手ですから、引退する前に是非とも1軍でちゃんと結果を出してもらいたいと願ってます


湯浅のサイクルには期待しましたが、ちょっと残念でしたね。高卒1年目の山下航は、村田コーチの言う通りバッティングは素晴らしいので、このまま順調に育ち、守備が1軍で何とか起用できるレベルになれば、同世代が大卒で入団してくる前に1軍のスタメンに名を連ねる可能性はありそうです


炭谷も順調に回復してそうですし、今日はヒットこそなかったものの松原は重信の状態次第では、1軍の座を虎視眈々と狙っている感じですし、若手が元気なのは見ていて楽しいですね

 

こうなると、とっとと優勝を決めて、タイトル争いしている選手以外、若い選手にチャンスを与えて来年の糧にして欲しいと願ってしまいそうになりますが、そんなこと言ってるとそれこそ足元をすくわれそうですので、まずは明日をしっかり戦い、週末のDeNA、週明けの広島戦で結果を残して一歩ずつ地固めしてゆくことが大切ですね

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/