「ジャイアンツ愛」8/9 巨 10-9 ヤ → 確かに神がかり的な勝利!4番が打てばこういうことが起こる

巨人 10-9 中日 → 対 ヤクルト 10勝8敗0分 東京ドーム

勝利投手:デラロサ 11試合 1勝 0敗 1S
セーブ :
敗戦投手:マクガフ 51試合 4勝 3敗 6S
・投手リレー
巨人:今村→堀岡→戸根→宮國→中川→デラロサ 捕手:大城→小林
ヤクルト:小川→ハフ→近藤→梅野→マクガフ 捕手:中村
本塁打
巨人:坂本30号(四回)、ゲレーロ11号(五回)、岡本20号(六回)、ゲレーロ12号(八回)、岡本21号(八回)
ヤクルト: バレンティン23号(一回)、廣岡4号(四回)
日テレG+ にて観戦 解説:江川卓 実況:上重聡
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの18回戦。巨人は5対9で迎えた八回、ゲレーロの二打席連発となるソロ本塁打で1点を返し、その後一死一、二塁から岡本にも2打席連発の3点本塁打が飛び出して同点に追いつく。そして延長十回、無死満塁と一打サヨナラの場面で亀井が左犠飛を放ち、サヨナラ勝ちを決めた。一時は7点差をつけられながらも、中盤から岡本の2打席連発の本塁打など5本の本塁打で追いつき、亀井の一打でついに逆転。巨人は延長戦を制し、ヤクルトに大逆転勝利を収めた
(https://www.giants.jp/G/result/201908091index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昼間の仕事がキツくて気が付いたらまた寝落ち…(汗)


今日は仕事の都合でスタートは首都高の渋滞にまみれながらネット中継観戦。いきなりの7失点で帰りの道中から気が重く、せっかく1点返したのに、あっさり返されて点差が縮まらないところから自宅での観戦スタート


それにしても、夏らしい盛大な花火大会でしたね投手力に難のあるチーム同士の戦いですから、どうしてもこうなってしまいますが、打ち上げた花火の本数が多かった分、最後はこちらに軍配があがりましたが、なかなか見ていてしんどいゲームでした(汗)


話すべき点が多いゲームですけど、やはり岡本のバッティングに触れないわけにはゆきません。クロマティが臨時コーチで帯同していることは記事で見て知っていましたが、なかなかに優秀かもしれませんね。どんなコーチングだったかはわかりませんが、岡本のボールの待ち方が非常にどっしりしていました。2本のホームランはアウトコースよりのボールをしっかり上から叩いて右足にも体重が残っていた
見ていて「村田っぽいなぁ~」って感じるような打球で、ようやく打球が上がってきましたね


最後の四球も落ち着いていましたし、今日も同じようなスイングができるようなら、完全復調に近づいているといってもいいかもしれません。
あの2本のホームランを打ったことで、とりあえず外に投げときゃ大丈夫だろ?的な配球を相手もしづらくなりますし、外の見極めに余裕が出来てくれば、甘い球も多くなる


前日もそうだったけど、後ろに阿部がいる安心感や打席に入る前の、阿部とのちょっとした会話も何気に一役買っていそうな気がするので、阿部への負担は大きいけど、岡本が完全に覚醒するまでは、この並びはキープしてもらいたいなと思う

 

ただ、ゲレーロの2本が今日はキーになったかもしれない。
半ばあきらめかけている中で、ゲレーロは自分の出番や立場を作るために状況に関わらず必死にプレーせざるを得ないところ、1軍復帰してからはしっかり結果を残している。特に8回のホームランはゲーム終盤に1点取られ、残り2イニングで4点返さなきゃいけない重さを感じたあとの一発。
まだまだゲームを捨ててないぞ!という空気になったし、岡本の3ランに繋がった

 

もちろんキャプテンの一発も忘れてはいけない
29本で足踏みしている感じだったけど、ようやく出た30号。ここからさらにもう一段、状態が上がってくれるとチームに確実に勢いは生まれる。


それなりに塁を賑わせながらあと一本が出ないところから連敗がスタートし、とうとう、塁を賑わせることすら少なくなってきた中で、花火大会での大量得点はモヤモヤを吹っ飛ばすゲームになったことは間違いないし、終盤で追いつけない展開も続いていたので、この試合をきっかけにビハインドであっても、終盤にひっくり返せれるんだ!と自信がつくようなきっかけにもして欲しい。

 

ただ、残念な点も多々ある

やはり若林の守備は心もとないし、石川は気持ちが入りすぎて走塁でやらかすことが多いので心配。せっかく復帰してきた陽岱鋼の足の状態も気になる。
先発の今村は5回までという限定された状況なら、安定感はチームの中でも上位にいると安心していたのに、今日は最初から球が走っておらず、大城との息もあってなくて残念。

無抵抗のままで終わっていたら、結局チームはこのままで終わってしまうのではないか?と不安になるところだった

 

今日の桜井は前回のヤクルトとの対戦で、5回持たず3回2/3で4失点とやられているので不安だけど、あれは長野だったし今日は昨日の東京ドームの雰囲気を感じながらプレーできる。

明日は出ます!と言っていた亀井も今日は右の星だから先発で出るだろうし、阿部の力も今日は借りたい。
6カード連続勝ち越し無しなので、今日勝って勝ち越しを決めたうえで、明日に繋げることが出来れば、チームとしてもひと落ち着き出来るから、昨日勝ったからこそ、今日のゲームは落とさないように戦ってもらいたい

 


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/