「ジャイアンツ愛」7/31 巨 2-3 広 → ブルペンは頑張ったんだけどなぁ~~~

巨人 2-3 広島 → 対 広島 5勝10敗1分 東京ドーム

勝利投手:ジョンソン 18試合 8勝 6敗 0S
セーブ :フランスア 46試合 6勝 3敗 6S
敗戦投手:高 橋 10試合 3勝 4敗 0S
・投手リレー
巨人:高橋→鍵谷→戸根→澤村→大竹→高木→デラロサ 捕手:炭谷
広島:ジョンソン→遠藤→今村→フランスア 捕手:石原→會澤
本塁打
巨人:ゲレーロ10号(七回2ラン)
広島:西川10号(一回ソロ)、菊池涼7号(一回ソロ)
日テレG+にて観戦 解説:山本昌 実況:河村亮
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた広島東洋カープとの16回戦。巨人先発の高橋は、初回に1番西川、2番菊池涼に連続本塁打を浴びるなど、三回途中3失点で降板。しかし鍵谷、戸根ら救援陣が好投し試合を壊さない。すると七回、ゲレーロが左越え10号2点本塁打を放ち1点差に迫る。しかし、広島の継投に封じられて七回、八回の絶好機を生かすことができずに2対3で惜敗。巨人は救援陣が好投して接戦に持ち込んだが、あと一歩及ばなかった
(https://www.giants.jp/G/result/201907311index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


坂本の満塁でのライトフライが・・・
ゲレーロのサードライナーが・・・


タラレバを言いたくなるようなゲームでした(涙)

どちらも、基本的には捉えていた打球。坂本のあたりは、あともうひと押し込みが足りないとも言えるし、広島バッテリーの意地がボールを押し込んだとも言える当たり。
ゲレーロのサードライナーも当りとしては悪くないのに・・・と不運を嘆くような打球でした


連敗中の「あと一本出ない」という状況とは微妙に違うので、そこはまだ救いかもしれませんね


そもそも

高橋優 vs ジョンソンという時点で、分が悪いのはわかってたし
初回に打たれるのは仕方ないにしても、よりにもよって2本ともホームランだったし
1点差なら1回裏は若林が出たところで、送りバントで盗塁は無かったろうし
ゲレーロのサードライナーは残念だけど、彼の2ランが無ければ終盤に盛り上がることもなかったし
ジョンソンに最後まで投げられていたら、あの2点すら取れていたかどうかわからないし


ってことで、言い訳を並べればキリがないほど出てくるので
今日は仕方ない(汗)


「ひょっとしたら?」


という場面が終盤にあっただけに、ひっくり返せないまでも、何とか追いつくくらいはしたいところだったけれど、先発投手が3回持たずに降板したゲームだった時点で、厳しかったということでしょう

 

高橋優は原監督の言うように、投げてるボールは進化しているような気がします。
また、四球が多い投手ですが、かといって制御が出来なくて歩かせるタイプでもなく、コントロールは実はそこそこまとまっている方。
ギリギリを攻めないと難しい投手なだけに、ボールが先行すると厳しくなってしまうけれど、ランナーを背負っての防御率は悪いわけでもないし、なかなか扱いの難しい投手


恐らくだけど、初回の西川、菊池のあたりがホームランではなくて、ヒットだったなら1失点くらいで終っていて、5回を2~3失点くらいで投げられたんじゃないかと思うけれど(それでも負けだったけど)、いきなり自分を信じられなくなったところに、3回の四球連発からの鈴木誠也のタイムリーで、監督の我慢も限界に来てしまったかな


次にチャンスがもらえるかどうかはわからないけど、少なくとも次の登板では、打たれても攻める姿は見せないと、原監督好みの投手になるには、まだまだねぇ

 

一方で高橋優のあとをうけたブルペン陣は、ピンチは作りながらも粘り強く投げました。
仮においついて延長になったとしたら、残った投手が田口と中川だけだったので、ちょっと注ぎ込みすぎてしまった感はあるけれど、彼らの頑張りなくしては「ひょっとして?」も無かったので、ここは素直に評価したいですね


大量リードされていたなら、明日以降も激戦は続くので違う継投もあったのでしょうが、なまじっか1点差まで追い上げて、ジョンソンも降板していたことで、判断の難しい形になってしまいました

 

昨日も書いた通り、星取表的には1つ勝てばOKのカードで、初戦を取っていたので、ダメージは少ないですけど、3タテされた後の逆襲をひそかに狙っていたわけで、それが叶わなくなったのは残念です


明日はメルセデス vs 野村

今シーズンはメルセデスが2戦、野村とは1戦しか戦っていないので、勝敗予想が難しい戦いになりますが、少なくてもメルセデスが長いイニングを投げる姿は想像できないので、明日もブルペンは早い段階で準備することになりそうです。
当面の相手として重要なのは週末に当たるDeNAですから、ブルペン疲労は極力おさえたいところですが、難しいかもしれませんね

 

私のネガな予想を覆して好投し、打線が爆発することを願いたいと思います

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/