「ジャイアンツ愛」7/7 巨 4-6 De → さすがに3ランは痛かった…でもまぁしゃーない、切替えてゆこう!

巨人 4-6 DeNA → 対 DeNA 8勝5敗0分 東京ドーム

勝利投手:三 嶋 37試合 3勝 3敗 0S
セーブ :山 崎 31試合 1勝 1敗 16S
敗戦投手:鍬 原 11試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:高橋→野上→大江→鍬原→澤村→マシソン→田口 捕手:炭谷→小林
DeNA:井納→三嶋→ソリス→パットン→山崎 捕手:伊藤光
本塁打
巨人:坂本25号(一回ソロ)、山本2号(七回ソロ)
DeNA伊藤光8号(六回3ラン)
日テレG+ にて観戦 解説:村田真一 実況:蛯原哲
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの13回戦。7連勝中の巨人は勢いそのままに初回から坂本の左中間へ飛び込むソロ本塁打、阿部の中前適時打で2点を先制する。同点に追いつかれたものの、再び坂本の中前適時打で勝ち越した矢先の六回、4番手の鍬原が伊藤光に左越え3点本塁打を浴びるなど4点を失い逆転を許す。山本にソロ本塁打が飛び出すなど反撃ムードは高まったが、DeNAリリーフ陣を打ち崩せず4対6で敗戦。リーグ戦再開から続いていた連勝は7で止まった
(https://www.giants.jp/G/result/201907071index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ゲーム前に飛び込んできた和田恋のトレード

確かに現状では代打くらいでしかチャンスを与えられないので、和田恋本人にとっては非常に良い話で、特に楽天は和田恋が目指すべきというか、模範にしてもらいたい浅村がいるから、とても良いトレードなんだけど、個人的には思い入れのある選手だし、和田恋、北村が1軍に加わって、岡本、大城と続く強力打線が数年後の巨人の主軸となってくれると期待していただけに、本音を言えば残念。

あえて愚痴を言わせていただければ、中島枠というのが無ければ、和田恋と北村は交互に1軍で代打枠から起用され、頭角を現していたかもしれないって、常々思っている。
恐らく、中島本人も自分が枠を1つ埋めていることはわかっているだろうから、目の色を変えて頑張っているのだと思うけれど、重信、山本、増田、若林、大城と若手が頑張っている状況だけに、和田恋、北村もそこに加えてやりたい気持ちが強い。
別に中島が嫌いなわけではないですよ、だからこそ、中島にはそういうファンのモヤモヤした気持ちを吹っ飛ばすくらいの活躍をしてほしいわけです

いずれにしても、移籍したからには頑張ってほしい。
橋本と共に楽天のレギュラーになって、日本シリーズで会えることがあれば、かなり胸アツです


そして、入団してきた古川はもちろん大歓迎です。良い投手なのは入団時から知っているので、新天地で活躍してくれることを切に願ってます

(チーム事情から実現は無いと思うけど、将来的な大砲候補が欲しい阪神とか、投手の層は厚いし、実は和田恋とか北村を狙っているのでは?なんて想像してた(汗))


ってことで、複雑な思いをしながら始まった今日のゲーム


高橋優と井納なので、最初から厳しいゲームになることは予想してた。
そもそも、残塁記録を作りそうなくらい常にスコアリングポジションにランナーを置いたピンチの連続だったので、本来なら中盤までに4~5点は取られてもおかしくなかった。先制してピンチを背負いながら、ギリギリのところで踏ん張っていたので、ひょっとすると勝てる?なんて淡い期待も持ったけれど、さすがにそこまで甘くは無かったですね(涙)


ゲーム全体としては伊藤光の3ランが余計で、あれがタイムリーくらいで済んでいれば、まだ望みはあったのですが3点差はちょっとしんどかった・・・
初戦に伊藤光じゃなくて良かったと書いたら、2戦目、3戦目に打たれてしまった形で、この先のDeNAとの戦いもロペスと伊藤光には要注意


逆転されたことですんなり終わることなく、新加入のソリスから山本が早々に一発を放ち、最終回もヤマヤスに対して苦しめる姿を見せたところは去年とは違う、巨人の粘り強さを感じましたから、同じ敗戦でもダメージは少ないかなと・・・最後の最後に小林に回ってきてしまったところに運の無さを感じましたが、そこで小林が起死回生の一発でも打ってれば、それこそ何連勝するの?ってくらい、勢いがついたでしょうね


現実にはそれほど甘くないわけで、しょうがない


もともと、この9連戦は4勝5敗でもOKと思っていたところで、早々に勝ち越しを決めたわけですし、対DeNAには最低1勝すれば大丈夫なところで、勝ち越したわけですから、これ以上、欲をかくのはやめておきましょう

そして、同様に明日からの阪神戦も1つ勝てればOKなのですが、阪神は連勝して勢いも出ていますし、そもそも6連勝のあと4連敗して対戦成績としての流れは良くない相手ですから、まずは初戦はキッチリ勝っておきたいところ。
特に菅野は5/15の対戦で6回持たず7失点していますからその借りは返しておきましょう

1つ勝てばオールスター前としては十分、勝ち越せれば最高!という状況ですから、やはり勝ち越しはしたいところです


と書いてて思い出しました
昨年の広島

巨人が2位にあがって挑めば叩かれ・・・ほかのチームが2位に上がって対戦すれば叩かれ・・・と、ことごとく2位のチームをたたいて独走してましたね。
今年の巨人が同じような形を作れれば、それこそ独走態勢を作れるのでしょうけど、昨年の広島ほどの勢いはさすがに無いと思っているので、そう簡単にはゆきそうにありません。

とはいえ、2位のチームに勢いを与えると、そこからノッてきますから、やはりまずは初戦、そこが大きな分岐点になりそうです

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/