「ジャイアンツ愛」7/4 巨 5-3 中 → キャプテン!ホレてまう・・・ってか楽なスイープじゃなかった


巨人 5-3 中日 → 対 中日 10勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:今 村 10試合 2勝 1敗 0S
セーブ :中 川 36試合 3勝 1敗 11S
敗戦投手:ロメロ 12試合 5勝 6敗 0S
・投手リレー
巨人:今村→大竹→田口→中川 捕手:小林
中日:ロメロ→三ツ間→福→祖父江 捕手:加藤→木下拓
本塁打
巨人:坂本24号(二回満塁)、小林2号(六回ソロ)
中日:
日テレG+ にて観戦 解説:江川卓 実況:町田浩徳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの14回戦。巨人打線は二回、二死満塁のチャンスで坂本が左翼席に6年ぶりとなる満塁本塁打を放ち4点を先行した。さらに六回には小林にも一発が飛び出し追加点を挙げた。投げては先発今村が走者を出すものの要所を締める投球で七回途中4安打3失点で2勝目。あとを受けたリリーフ陣も踏ん張って最後までリードを守り5対3で逃げ切った。これで中日相手に同一カード3連勝。連勝を5に伸ばした
(https://www.giants.jp/G/result/201907041index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日は両チームとも6安打だったので投手戦?って思いがちだけど、一方で両チームとも四死球5個だったから、どちらかというとバタバタして落ち着きのないゲームだったかも


巨人としては結果的に勝利はしたものの、坂本の満塁ホームランが2点タイムリーで終わっていたとしたら、その後の今村のピッチングも変わっていただろうし、ひょっとしたら負けていたかもしれないわけで、正直なところ紙一重のゲームだったと思う

(3、4、5番がノーヒットで勝つってのもそうそう無いことだし)

 

昨日も紙一重だったので、結果的にスイープしたけど、決して楽な連勝ではなかった


今村は本人も6回の壁を・・・と言っていたし、点差の余裕の中で7回を任せてもらったんだけど、結果的に投げ切ることが出来ずに、またしても課題を残したゲームになってしまった。
まぁ、7回に行かせてもらえたってことが、わずかな成長のあとだとは思うし、相当意識したのだと思うけど、あとちょっとだったかな?序盤に3四死球で球数を使ってしまったことも悪かったので、その辺は本人が一番わかっているだろうから、あえてしつこくは言わないけれど、次こそはちゃんと7回を投げ切れるように頑張ってほしいなと思う

(勝ちがついたことで、良いきっかけになってくれるといいけど)


結果的には坂本、小林のホームランでしか点が取れなかったので、まぁ東京ドームの戦いらしいといえば、そうなんだけど、明日はタイムリーが見たいかな・・・・


ってことで、今日のゲームではコメントする場面が少ないので、さっそく、明日のゲームの話に

 

明日は山口俊 vs 今永の投げ合い。

最多勝最優秀防御率を争っている投手同士、交流戦から状態をあげているチーム同士の戦いということで、非常に大事なゲームになりますね

順位状況で言えば、巨人としては3つのうち1つ勝てば十分という形なのですが、ここで負け越すとDeNAがさらに勢いづく可能性もあるわけで、ホームということもありますし、やはり勝ち越しておきたい相手

東京ドームだと空中戦になる予感がヒシヒシとするだけに、両投手がどれだけ自分のピッチングが出来るかどうか、プレッシャーを抑え込んで落ち着いて投げられるかどうかがキーになりそうです。

当然DeNAは3タテを狙って一気に2位へ浮上からの巨人との優勝争いに持ち込みたいという気迫をもってくるでしょうから、それを迎え撃って勝ち越して、DeNAの勢いに水を差したい。
オールスター前の大一番になると思われる明日のカード初戦ですから、応援する側も気合いが入りますね

 

これまで巨人は大型連勝がなければ、大型連敗もなく、少しずつ貯金を積み重ねてきたと書いてきましたが、交流戦が終わって5連勝。スイープもなんか久々だなぁ~と思って過去を見てみると、今シーズンは今回を除いてスイープしたのは4月第1週の阪神戦と第3週の阪神だけなんですね

逆に言えば、そういう状況の中で2位に6ゲーム差をつけての首位で貯金が13個なのですから、ある意味、それこそが強いチームなのかな?とも思えますが、チームとして課題が無いわけではないですし、ちょっと油断すると5月のような状況になりかねないですから、明日以降もとにかく3連敗だけはしないように緊張感をもって挑んで欲しいですね

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/