「ジャイアンツ愛」6/23 巨 1-5 ソ → 敗戦は悔しいがセ首位奪還はしたことだし切替えてリーグ戦に戻ろう!

巨人 1-5 ソフトバンク → 対 ソフトバンク 1勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:和 田 3試合 1勝 1敗 0S
セーブ :
敗戦投手:菅 野 11試合 7勝 4敗 0S
・投手リレー
巨人:菅野→大江→大竹→野上→高木→鍬原→中川 捕手:炭谷→大城
ソフトバンク:和田→嘉弥真→椎野→モイネロ→甲斐野 捕手:甲斐→高谷
本塁打
巨人:岡本15号(四回ソロ)
ソフトバンク:福田6号(一回ソロ)、福田7号(七回ソロ)
日テレG+ にて観戦 解説:篠塚和典 実況:山崎誠
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの3回戦。巨人先発の菅野は初回にミスも絡んでまさかの4失点を喫し、二回途中で降板。打線は相手先発和田から四回、岡本が15号ソロ本塁打を放つが、結局反撃はこの1点に抑えられ、1対5で敗れた。巨人は交流戦優勝が懸かった天王山を落とし、5年ぶり3度目となる栄冠にあと一歩及ばなかった。交流戦は11勝7敗で終え、リーグ戦は29日から再開する
(https://www.giants.jp/G/result/201906231index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


何とかエースに繋いで最終戦にこぎつけたんだけど、そのエースが打たれたんじゃしょうがない(涙)

せめて2点くらいなら後半勝負に持ち込めたし、早い段階で2点くらい返せていたら状況も違ったんだろうけど、明日からのブレイク期間を考えれば、両チームとも選手の出し惜しみはしない総力戦で来るだろうから、最初から点の取り合いになることは予想できなかったので、4失点というのはさすがに重かった


さて、その菅野だけどどうしようかねぇ・・・


抹消から復帰して今日で3戦目、前2試合は何とか勝利したけれど、状態が万全でないのはあきらか。
本人は離脱するのがチームにとっては一番よくないから、腰の痛みとは付き合いながら戦ってゆくと言っていたけれど、果たしてそれが一番良いことなのか?今日の交代劇は叔父の原監督だから出来た決断で、去年までの由伸監督なら出来なかったろうし、仮にやったとしたら菅野と首脳陣の間でわだかまりが出来たかもしれない。原監督だから菅野も納得せざるを得なかったし、素直に受け入れたんだと思う

問題は、今の躍動感の無い菅野を、それでもゲームは作ってくれるだろうと信じて、使い続けるか、それとももう一度抹消して完全に戻るまで使わないと覚悟するかだと思う。個人的には後者で行ってほしい。
菅野には入団以来、チームはおんぶにだっこだったし、これまで良く引っ張ってくれたと思う。まだまだ長くやってもらわなければいけない選手だし、本当に必要になるのは夏から秋の勝負所になるのはあきらか。
このまま騙し騙し投げ続けて、秋の決戦時にいないことが一番の痛手なので、思い切って完治を求める方が長い目で見ればチームにとって最善策のような気がする。

現時点で7勝、このまま不安定のまま投げ続けても15勝くらいはするかもしれないけれど、代償の大きさを考えたら7月8月はあきらめて、9月に3勝して2ケタくらいで終わる方がいいのではないか?と思わなくもない

常に投げてみなければわからないという状態では、見ているこっちが何よりもツライから・・・


と、暗い話になってしまったが
ゲーム全体で言えば、4失点は痛いものの、まだ初回だったこともあるし、2番手以降の投手が頑張ったこともあって、攻撃陣次第ではわからないゲームだったと思う。
惜しむらくは2回、6回、7回とチャンスがすべて2アウトからだったこと
特に6回の丸のショートゴロはピッチャーのグラブに当たっていなければ、センター前のヒットだったので、あれがショートの正面に転がってしまった時点で、今日は運がないのかな?って思わされた場面だった


唯一良かったのは岡本様(笑)のセンターへのホームラン。4打席目のライトフライも悪くはなかったし、悪い悪いと言われながらも15本打ってるわけで、これから状態が上がってくるなら、30本は期待できると思う。打率が低いからたたかれてはいるけれど、松井氏が言っているように今の年齢で巨人の4番を任されて、昨年の成績から徹底マークされている中、15本打っているのは立派。
何の苦労もなくスクスクと成長する4番もいないし、筒香だって苦しい時を何度も味わってる
岡本のスゴいところは、大きな故障もなくここまで来ている身体の強さだと思うので(そういう選手は原監督大好きだし)、この先も何度も厳しい思いをしながら、成長してくれればイイ。去年が出来すぎで、今年はそれを踏まえての成長の糧で来年は誰にも文句を言わせない不動の4番として、この先、10年君臨する強さを身につけてくれれば、それだけで私は胸アツです
(もちろん、今シーズン後半に爆発する期待も持ってます)


交流戦優勝と6カード連続勝ち越しを逃したのは残念だけど
5月の成績を考えれば、交流戦は5割で御の字だと思っていたところ、4つの貯金を作れたのは嬉しい誤算
交流戦は独り勝ちの状況もあり得る中、セ・リーグの中での戦いであれば、6カードで貯金を4つ作れても首位奪還は出来なかったところ、広島の不調に助けられる形で気が付けば首位に立ち、2位と1.5ゲームの差をつけていることができた。


今年もカープの独走か?と思われた中で巡ってきた幸運を引き寄せたのは自分たちだと、自信を持てるような戦いが出来たことを素直に喜ぶべきだと思うし、この交流戦最終カードの緊張感を味わえた経験と、その悔しさを日本シリーズで晴らすんだという新たなモチベーションをもって、次なる戦いに挑めるということを前向きに捉えたいなと思う


少なくとも岡本に上昇の兆しが見えたこと
桜井がローテの一角を担えそうなこと
坂本の疲労は心配だが、大城、若林という攻撃の厚みに希望が持てそうなこと
阿部はまだまだ元気だと思えたこと
中継ぎ不安問題はあるけれど、周りを見回してみると
他球団も似たような問題を抱えているところは案外多いとわかったこと


などなど、収穫の多い交流戦だったと思う


追記
ソフトバンクの福田のスイングは理想的だな
あれだけの上背がありながら、ボールに対してバットが最短距離で出てる
大城、若林も同じようなタイプなだけに
彼のスイングを目の当たりして、参考にし
さらにレベルアップしてくれるとこの先に、さらに希望が持てるんだけど・・・

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/