「ジャイアンツ愛」上原浩治投手、本当にお疲れ様でした


出来れば1度でも1軍で投げる姿を見たかった…


スピードが出ないのは去年からわかっていたことだけど、キレとテンポ、そして抜群の制球力で1イニング限定なら十分に通用すると思っていたし、彼がベンチにいることによるチームへの影響を考えると、かかせない存在だと思っていたから


でも、若手のために枠を空けたい、チャンスを奪いたくないという気持ちもわかるし、だからこその早い決断というのも納得させられた

支配下枠にはまだ少し余裕あるけど…)


もちろん、デビュー当時からMLBでの活躍も含め、ずっと見続けていた選手なので、ただただ寂しいのだが、今はありがとうとお疲れ様という言葉をかけてあげたい


かつて、敬遠を命じられて涙した表情が今でも克明に思いだされるが、今のプロ野球界でそこまで負けん気の強い投手は見当たらない。できれば、その雑草魂とプライドを若い投手に伝達していってほしい


いきなりコーチというのも難しいだろうから、イチローのように会長付き顧問みたいな、アドバイザー契約をして、ユニフォームを脱ぐことなく、常にグラウンドにいてくれたら・・・と願うばかりだが、それは難しいでしょうか>フロントの方々


チームは首位争いをしている真っ最中だから、引退試合みたいなものや、セレモニー的なものは厳しいのかもしれないけれど、このまま「ハイ、さようなら」では寂しすぎるので、どこかのタイミングで我々の前で背番号を見せたうえで、別れの挨拶をしてもらいたいなと切に願います


とにかく、本当にお疲れさまでした。
去年、今年の上原の日々の姿は、若手だけでなく主力の投手にもきっと伝わっていると思います。


ありがとう!

 

 

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/