「ジャイアンツ愛」5/19 巨 4-5 中 → ゲーム終盤を見れば惜しかったと言えるけど…

巨人 4-5 中日 → 対 中日 5勝3敗0分 ナゴヤドーム

勝利投手:清 水 2試合 2勝 0敗 0S
セーブ :鈴木博 18試合 0勝 1敗 13S
敗戦投手:山 口 8試合 4勝 2敗 0S
・投手リレー
巨人:山口→高木→アダメス→戸根→田原 捕手:小林→炭谷
中日:清水→田島→R.マルティネス→ロドリゲス→鈴木博 捕手:松井雅
本塁打
巨人:大城1号(九回ソロ)
中日:
JSPORTS 2 にて観戦 解説:川相昌弘岩瀬仁紀 実況:熊谷龍一
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの8回戦。巨人は初回、坂本と亀井の適時打で2点を先制する。しかし先発・山口が五回にビシエドに逆転2点打を浴びるなど、六回途中4失点で降板。3対5で迎えた九回、先頭の代打大城が1号ソロ本塁打を放って1点差に迫る。さらに一死一、三塁と同点の好機を作ったが、岡本が併殺打に倒れた。巨人は打線が粘りを見せたがあと一歩及ばず、連勝は2で止まった
(https://www.giants.jp/G/result/201905191index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最後のところだけ見れば、あと1点まで追いすがり、4番の一打がゲッツーになって終わったしまったわけで、非常に惜しかったし、4番が仕事できずに終わったなら仕方ないって思うような試合でしたが


ゲーム全体を通してみれば、初回と3回のチャンスで3~4点取れなかったことが後に響いたし、なによりも14本もの安打を打たれてるわけで、5点どころか7~8点取られててもおかしくない内容でしたから、どちらかというと完敗に近い敗戦だったと思います


今シーズンはカードの最後を取られるケースが多く、2勝1敗の勝ち越しであっても後味が悪いことが多い気がしますし、しかもそのカード最後に寝た子を起こすパターンが多いのがネックですね。
今日のゲームで言えば、これまで「あと一本が出ない病」だった中日打線を起こしてしまった感じですし、このまま寝ていて欲しいビシエドにも浮上のきっかけを与えてしまいました。


その一方でこっちに「あと一本出ない病」が感染してしまったようで、次からの試合がちょっと不安になります


先発の山口俊は、菅野と同じく棒球病になってしまったようで、今日は広いナゴド+一発長打の少ない打線だったこともあって4失点で凌げましたが、これが狭い球場で長打力のある打線だったら、ゲーム序盤でノックアウトされていてもおかしくない出来でした。
かろうじて左バッターへのインコースとフォークが時々決まっていたので、何とかかわす場面もありましたが、生命線のストレートのキレがスピードガンほどにはなく、構えたところに行かないばかりか真ん中よりに行ってしまうのは致命的でした
ビシエドに打たれたタイムリーがまさにそんな感じ)

荒れ球なのは山口俊の持ち味のひとつでもありますが、それならそれで攻めの姿勢で押して行って欲しいところで、相手がストレートを待っていても押し込まれてファールになってしまうというのが山口俊のピッチングスタイル(それで最後にフォークで仕留める)ですから、スライダーでカウントを稼ごうとしている時点で、それはもう山口俊ではありませんね


戸根も2アウトまでは良かったのですが、四球と右の福田のヒットは仕方ないにしても、大島はしっかり抑えないといけませんでした。本人も悔いているとは思いますが、あの一点は今日のゲームで言えば、致命的でしたね


とはいえ、良かったところもあります

山本と坂本のマルチは次に繋がりますし、岡本も最後のゲッツーは残念でしたが、タイミングは悪くなく、僅かにバットの先だっただけで数ミリの違いで犠牲フライには十分なライトフライか右中間に飛んでいたかもしれません。その岡本もマルチが出ましたし、打点も続いているので僅かずつですが状態は上がっている感じ

打球が上がらなくても、ノーヒットで終わる試合が減り、コツコツと打点が積み重なれば打席での「何とかしなければ!」というプレッシャーは減ってくるでしょうから、これを続けることで良かった時の岡本になってくれるでしょう


今日で勢いのある広島にゲーム差なしで並ばれました(わずかな勝率の差で首位ですけど)。現状で状態の上がりつつあるDeNAと勢いのある広島と戦うのは、なかなかに不安ですけど、こちらも僅かながら戦う形は見えつつあるので、順位を気にするのではなく貯金の数を大きく減らさないように、勝てる試合を落とさないことを心掛けて戦いたいところですね

交流戦までに1つでも貯金を増やしたいところですが、個人的には貯金を5以上減らさないことが大事だと思ってます


離脱者の復帰、開幕前に期待していた戦力の招集、新たなる若手の台頭、これらが夏をめどに揃うなら、その時が本来想定していた完成形になるはずなので、そこまでは故障者を出さず、粘り強く戦ってゆくしかなさそうです


追記1
ゲーム中でも触れられていたけれど、開幕からずっと、阿部の400号ホームランの花束は毎試合用意されているんだろうなぁ~
来週のホームでの試合、何試合かだけでも1塁スタメンで使って、チームの雰囲気を良くするためにも阿部に「ホームラン打ってこい!」という起用をしてみるのも悪くないなって思えてきた(汗)


追記2
JSPORTSさん!せっかくの始球式なのに、引きの画が一瞬映っただけで、紹介も無ければ始球式の内容も放送しないのは、さすがにちょっと寂しすぎるわ…

 

追記3

清水は良いピッチャーだなぁ、投げてるボールはまだ不安定だけど、失点してもピンチになっても動じないあのメンタルは高卒2年目とは思えない。また一人強敵現る!って感じでなかなかしんどそう

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/