「ジャイアンツ愛」5/6 巨 10-2 De → 苦手意識も払拭し、楽な展開で連敗止めて良かった…

巨人 10-2 DeNA → 対 DeNA 4勝3敗0分 横浜スタジアム

勝利投手:高 橋 5試合 3勝 1敗 0S
セーブ :
敗戦投手:東 1試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:高橋→アダメス→高木 捕手:炭谷
DeNA:東→赤間→武藤→笠井 捕手:山本→嶺井
本塁打
巨人:坂本11号(2ラン)、坂本12号(2ラン)、重信1号(2ラン)
DeNA:ロペス5号(五回ソロ)、宮崎3号(七回ソロ)
BS-TBS にて観戦 解説:仁志敏久 実況:戸崎貴広
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの7回戦。巨人は初回、坂本の2試合連発となる11号先制2点本塁打などで3点を奪う。さらに三回、炭谷、山本の適時打で3点を加えると、坂本がリーグ単独トップに立つ12号2点本塁打。三回までに8得点を挙げ、昨季0勝5敗と苦しんだDeNA先発の東を攻略した。先発の高橋は7回2失点の好投。巨人は10対2で大型連休の最終戦に快勝、10連戦を5勝4敗1分けで勝ち越した
(https://www.giants.jp/G/result/201905061index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


先に総論から言うと、昨年さんざんやられた東投手を相手に、故障明けの一発目とはいえ、ノックアウトに近い形で降板させられたのは、これから先も戦う相手だけに大きかった。

さらに序盤の大量リードのおかげで、高橋優を楽に投げさせることが出来ただけでなく、昇格即先発の北村をはじめ、マルティネス、アダメスらに、いきなり出番を与えられる展開になり、坂本、丸を途中で下げることが出来たというのも10連戦目だっただけに良かった。


先発の高橋優は序盤に味方の大量援護があったとはいえ、自分なりに今日のゲームに課題をもってマウンドに上がったようで、点差に関係なくしっかりと考えて投げている姿が目に焼き付いた

積極的に打ってくるDeNA打線ということもあるけれど、7回を投げ切って98球、被安打5、四死球x2で2失点というのは先発投手として文句なし。この球場でのホームランは多少仕方ないところはあるけれど、打たれた2本はいずれもソロホームランなので、どちらかというと織り込み済みというか、それくらいならOKレベルなので、十分に合格だったと思う

投げるスタミナは、やはり投げないと身につかないため、点差もあったことだし120球くらいまでは打たれても投げさせてほしかったなというところはあるけれど、良いイメージをもったまま降板させるというのもアリだとは思うし、昇格したアダメスに投げさせるには絶好のシチュエーションだったということもあっただろうから、また次の機会にもう少し球数を多く投げさせるということで、良しとしてもいいかもしれない


打線に関しては、ようやく山本を1番で起用してくれた。しかも2つの安打が、続く坂本のホームランの呼び水になったし、1番先発出場で5打数3安打の猛打賞は期待以上の出来だったと思います

途中出場でホームランという結果を残した重信も1番候補だけど、個人的には打席で粘る山本の方が相手バッテリーにとって嫌だと思うので、これを続け欲しいですが
相手投手の左右に合わせて、重信と併用というパターンもありだと思ってます


そして昇格即スタメンの北村

今日一番の期待の選手でしたが、1打席目の四球はとても落ち着いていて、結果を出したくてウズウズしているだろうに、なんて冷静なんだとちょっと感心
3打席目以降は残念な形でしたが、あとを投げた赤間、武藤のピッチング内容が良くて、他の野手も打てなかったので、そこは仕方ないかと。原監督はダメだと見切るまではチャンスをくれると思うので、次の機会には結果で期待に応えて欲しいなと思います


あとは岡本に昨日に続いてマルチヒットが出たのも良い兆候。このまま調子をあげてゆき、打球角度も上がってゆくようになれば、ひとつまた壁を越えたかな?と思えるのだが、とりあえずは1試合、1打席を大切にして結果を積み上げて欲しいと思う


これで10連戦が終了、明日を挟んでもう一度DeNAと戦うことになるのだが、明後日のことはまずは置いといて、10連戦の結果として5勝4敗1分というのは、欲を言えばキリがないけれど、勝ち越しで終われたという点で、良かったと素直に思いたい

10連戦前は終わるころには上位チームと下位チームの差が開くなどして、序盤戦のある程度の順位が見えてくるのではないか?と思ったけれど、ふたを開けてみれば阪神、広島の躍進があって、首位争い、Aクラス争いはむしろ混沌としてきたような状況になった

今シーズンは3つ以上の連敗や連勝が割と多く、短期間で順位の変動が激しい。そんな中で何とか首位をキープ出来ているのは、まだ3連敗以上をしていないからというのが大きく、昨日の引き分けを挟んで今日で3連敗していたら、ひょっとするとズルズルと行っていた可能性もあったため、ルーキーの3勝目という形で連敗を快勝で止められたことは本当に良かったと思う


ただ・・・・坂本が好調すぎて、ちょっと怖い
(2本目のホームランのあと、「腰に爆弾抱えてるし、もう今日は十分だから下げてくれ!」って心の中でお願いしてた)

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/