「ジャイアンツ愛」3/31 巨 6-3 広 → 喜びよりも安堵感の方がデカい試合だった・・・


巨人 0-5 広島 → 対 広島 2勝1敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:中 川 2試合 1勝 0敗 0S
セーブ :クック 2試合 0勝 0敗 2S
敗戦投手:中 崎 2試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:畠→戸根→吉川光→桜井→中川→クック 捕手:小林
広島:九里→ヘルウェグ→レグナルト→フランスア→中崎→菊池保 捕手:會澤
本塁打
巨人:ゲレーロ1号(二回2ラン)
広島:
テレ朝チャンネル2 にて観戦 解説:古田敦也前田智徳 実況:大西洋平
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの3回戦。巨人先発の畠は初回と三回に失点を許すものの、6回途中2失点と粘投。打線は2対2の五回、丸の移籍後初安打となる適時二塁打で勝ち越す。その後同点とされるが、九回に吉川尚が左越え2点二塁打を放つなど3点を加えて突き放し、6対3で勝利。巨人は昨季セ・リーグ王者の広島に連勝し、敵地での開幕カード3連戦を勝ち越した
(http://www.giants.jp/G/result/201903311index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


去年のことを考えたら、1つ勝っただけでも気分は違うのだが、1勝2敗で終わるか、2勝1敗で終わるか
次カードが本拠地開幕戦なので、気持ちの持ってゆき方は全然違ってくる

ましてや相手は大の苦手にしていた広島カープ

今日の勝利で我々ファンの間にも、選手たちにも「よ~し、今年こそ!」という気持ちが高ぶったことは間違いない。まだまだ始まったばかりで、このあと、「やっぱりか・・・」って事が起きるのかもしれないが、スタートとしては80点をつけても良いほどの結果だと思う

惜しむらくは、初戦をエースで勝利して勝ち越せなかったことだけど、菅野自体が打ち込まれたわけではないので、本人の切り替えもしやすいだろうし、次は今季初勝利を手にして目標の20勝への歩みをスタートしてくれることでしょう

 

先発の畠は大事な開幕カードの3戦目を任され、相当緊張していたと思うし、死球やパスボールなんかもあって、バタバタしていた印象だけれども、ゲームを壊すこと無く最低限の仕事は出来たと思う。個人的には、いずれストッパーに!って思ってた選手だし、気持ちが逃げるようなピッチングはしない印象が強いので、もっと自信をもって投げてくれればいいし、今日の8つの三振は畠らしさが出ていたと思う

課題はスタミナと故障しないカラダ作りなので、これからどんどん鍛えて、もう一回り大きな投手になってくれれば、頼もしくなる

プロ野球で生きてゆくための武器はしっかり持っているから、それを伸ばしつつ、欠点を修正していって欲しいですね
(そのためのお手本は、菅野、上原、岩隈といることだし)


それと、ゲレーロぉ~~~~
ヤバいね、覚醒しちゃった?(笑)昨日に続き、コンパクトスイングで右方向へ2ランホームラン。2試合で6打点かぁ、現状では岡本がコケた時、陽岱鋼ゲレーロが後ろにいることで上手く機能しているのは大きいな

ふたりとも粗いところもあって、安定しないイメージが強い選手だけど、相手投手との兼ね合いや調子が落ちてきた時には、亀井なり中島、田中俊もいるし、彼らも手ぐすね引いて調子が落ちるのを待っている状態だと思うから、チーム内で刺激しあえているのも今は良い方向に向かいつつあるかと思う

 

あとは桜井だね
戸根、中川、吉川光、大江といった左腕たちがそれなりに結果を出しているので、先日ちょっと苦いピッチングをしてしまった宮國や今日の桜井など、菅野と自主トレを行ったメンバーがその成果を発揮してくれるようになれば、これから先、厚みのあるブルペンが構築出来ると思う

今日の解説の古田氏や前田氏には、若くて実績が無いことを散々指摘されていたけれど、実績なんて数こなさないと積み上げられないし、これから実績を作ってゆく選手たちだから(宮國はそれなりにあるか…(涙))、どんどんチャンスをもらって信頼と自分のピッチングスタイルを作り上げていってくれればいいよ

少なくともいきなりやってきた広島との敵地での開幕カードで使ってくれたというのは、キャンプ、オープン戦でしっかりアピールが出来たことの結果だし、それを自信にして、あとは経験を積み重ねていってくれれば問題なし

 

今日は相手のミスもあって、終盤に勝ち越すことが出来たけれど、ミスにつけ込んで点を取るシーンは昨年までは余り見られなかったし、8回の場面は、これまでの戦い方を思い起こせば終盤で追いつかれたり、リードされたりすればひっくり返すのは難しいと、1点を守りにゆく采配をしていたかもしれない。
同点やむなし、ゲッツーを取りにゆくなんてシフトは、原監督じゃないと出来なかったかなぁ~(まだ勝ちパターン決まっていない今の時期なら尚の事)

広島側も追いつきさえすれば、最後は勝てる!って思っているからフランスア、中崎を投入してきたわけだし、1点もやりたくない、いや1点くらいならまた追いつけるって考えていたからの前進守備だったわけで

それを乗り越えて引き離し、クックが無失点でゲームを締めた形だったことが、意味のある勝利に繋がった

 

これで明日の週刊ジャイアンツが楽しみだし、東京ドームでの阪神戦も楽しみになった

上位打線にまだ不安はあるけれど、本拠地の声援を耳にすれば気持ちも変わってくるだろうし、吉川尚、坂本、丸に揃って打点がついたことで、身体も動くようになるでしょう

あとは四番に一発が飛び出せば、チームはさらに勢いづいてくるだろうし、リーグ最強の投手陣の阪神を相手に4~5点取れるような形が作れれば、スタートダッシュも夢ではない。


何より、去年は不味い酒になることが多かった土日のゲームを、気分良く過ごせていることが今は幸せです(笑)

 

追記

ちなみに、今日一番印象に残っているシーンは

勝利後に選手を迎える列の中で、宮本、水野両コーチの嬉しそうな満面の笑みでした

昨年まで外から見ていて感じていた歯がゆさを、この開幕カードで覆したいと思っていたことが、それなりに上手く行ってはしゃいでいる…そんな光景に見えて、これを何度続けることが出来るか、とても楽しみなシーズンになったシーンでした

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/