「ジャイアンツ愛」いよいよ開幕!今年も宜しくおねがいします

 

そろそろ記事をあげないと、忘れ去られちゃってると思うので
開幕を前日にひかえ、今シーズンのご挨拶がてら色々と書き連ねたいと思います


仕事の忙しさでバタバタしつつも、年末にテレビを買い替え録画用ハードディスクも新調
シーズンオフから野球関連のテレビはすべて録画し、キャンプ・オープン戦もすべて録画して全部視聴。
今日ももちろん、プロ野球ニュースの開幕スペシャルをしっかりと見て、これを書いてます


さて、それらを全部チェックした上で、今シーズンの巨人に期待すること、気になることなどを語ってゆきますが、ネットの書き込みなども含めて割と多くの評論家、他球団ファンの方が

「今年の巨人はそれほど強くない」

という意見が割と多い。
まぁ、巨人ファンの中でも、FA問題や岩隈、中島らの入団などで後ろ向きな意見も多く、まぁまぁネガティブな発言を見ることも多いし、それらに関して言いたいことも無いわけではないけれど、そういうのもひっくるめて応援しているわけで、基本的に私はネガティブなこととか否定的な事は、極力言わないようにしたい
(あ、時々出ちゃうけど(笑))


ってことで、今シーズンの巨人は昨年とは大きく違うチームになったわけですが、そんな中で私が期待している大きな変更点は、補強ではなく下記の2つ


1)コーチ陣の若返り
2)ドラ1軍団の活躍

に期待しています。
まず、コーチ陣の若返りついてですが、以前の記事でも触れたように、私がもっとも期待しているところでもあり、ヘタこくとガタガタになる部分でもあります。
特に元木、宮本、鈴木の3コーチについては、外から巨人を見てきて、自分だったらこうしたい、あ~したいってのが溜まっていたでしょうから、初入閣となるこの3人には特に期待してますし、キャンプから見てきて、良い雰囲気を作っているし活気づいているのは大きく感じます

原監督も優勝から遠ざかっているチームを何とかしようということで、選手の補強というよりも、この先何年も優勝を争えるためのコーチを育てようという点に力を注いでいるように見えます。
例年よりも選手への直接指導が多いのも、コーチを育てるための補助というようにも見えます。まずはコーチが動きやすい環境づくりと風通しの良い雰囲気を作るということにおいて、今のところは上手く行っているような気がしますし、週刊ジャイアンツでも支配下選手全員を使って優勝したいと言っていましたから、2軍、3軍との連携も含めてトータルベースボールを見せてくれると期待してます

また、昨年、田原がブルペンの環境面や運用について契約更改時に球団に物申していましたが、そこへの不満点が解消されれば、課題の中継ぎ問題も良くなりそうな気がします。
今は投手コーチに宮本コーチがいて、水野コーチがブルペンを担当するようですが、マンネリ化を防ぐために、シーズン中での交代というのも示唆していますし、メジャーにならって先発を休ませてブルペンだけで試合を回す日を作るというようなことも言っています。
監督、コーチ、選手がしっかりコミュニケーションを取り、三者が納得する形で事前に通告できて、準備からマウンドへ上がるまでしっかりと段取りが取れさえすれば、それはそれで面白い試み

何よりも選手が、何を考えているかわからない上の命令に右往左往するのが一番良くないですし、本来のパフォーマンスを発揮できませんから、それがなくなるだけで、十分期待できると思います


そして、もう一つの「ドラ1軍団の活躍」ですが、
過去7年のドラ1を思い返すと、

2012 菅野
2013 小林
2014 岡本
2015 桜井
2016 吉川尚
2017 鍬原
2018 髙橋優

という面々、既に結果をだしている菅野は別格ですが、昨年の岡本の飛躍は大きく、小林、桜井、吉川尚が今シーズン大きく飛躍してくれれば、チームにとって活気がでるばかりでなく、スカウト陣もホッとすることでしょう(笑)

鍬原がオープン戦ではチャンスをもらえましたが、まだまだ課題が多く第一線で活躍するにはもう少し時間がかかりそうですが、今シーズン中には這い上がってくれると思ってますし、高橋優は第6戦での先発が予想されています。1年間通して結果を残し続けるのは厳しいかもしれませんが、鍬原、高橋優の二人が1軍で頑張れば、確実にチームは変わりますね


できれば広島の4連覇を阻止して、優勝を奪還してくれることを期待していますが、それよりも、この先、5年は優勝を期待できるチーム作りをしてくれることの方が、個人的には期待大です。
由伸監督は責任をとって辞める形になってしまいましたが、3年間でその土台は作ってくれました


原監督には優勝の期待が大きくのしかかっているため、補強面で色々と批判されているところもありますが、層の厚さという点では上積み出来ていると思いますし、故障者が出たとしても、どのポジションにも常にそれなりの控えがいるという形は作れているかと

 


去年優勝できなかった理由の一つに、対広島の大きな負け越しがあるわけで、そこが五分になるだけで優勝争いに加わる可能性は高くなります。今日からの開幕3連戦は、鬼門であったマツダでの広島との戦い

そこで5分の戦いができるかどうかが、ペナントの大きなキーポイントになります

負け越せば、今年もか・・・・ってなりますし、勝ち越せば、今年こそ!って空気になるわけで、普段なら開幕3連戦は別に負けても、期待を後に持ち越せますが今回ばかりは、かなり拘ってしまいますね

そのへんは監督を含め、コーチ、選手も感じていることでしょうから、どういった試合を見せてくれるのか、今から期待と不安が入り混じった複雑な心境です


先に名前を上げた、新コーチは眠れない夜を過ごしているかもしれませんが、我々ファンもドキドキの3日間を過ごしそうですね


今日からまた試合レポートが始まります、明るいレポートになるのか、愚痴だらけになるのかわかりませんが、今シーズンも宜しくお願いいたします

 


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/