「ジャイアンツ愛」10/18 巨 1-4 広 → 敗戦は残念だが、田口の復調が見れたのは収穫

巨人 1-4 広島 → 対 広島 0勝2(+1)敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:ジョンソン 1試合 1勝 0敗 0S
セーブ :中 崎 2試合 0勝 0敗 1S
敗戦投手:畠 1試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:田口→畠→吉川光 捕手:小林
広島:ジョンソン→中崎 捕手:石原→會澤
本塁打
巨人:
広島:菊池1号(八回3ラン)
NHK BS1 にて観戦 解説:池谷公二郎水野雄仁野村謙二郎 実況:宮脇靖知
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの「2018 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」第2戦。巨人先発・田口と広島先発・ジョンソンの息詰まる投手戦となる。試合が動いたのは六回、坂本のチーム初安打をきっかけに足も絡めて二死二塁のチャンスを作るとマギーが右中間に適時二塁打を放ち先取点を奪った。しかし八回、回をまたいで続投した2番手の畠が、新井に左翼線適時二塁打を浴びて同点とされ、なおも二死一、二塁から菊池に3点本塁打を打たれ勝ち越しを許す。打線は九回、守護神・中崎から一死一、二塁の本塁打が出れば同点の好機を作ったが、代打・阿部が大きな右飛、亀井が二ゴロに倒れ試合終了。田口が6回を1安打無失点に抑える好投を見せたが、終盤に粘りきれずに2連敗。ファイナルステージの対戦成績はアドバンテージを含め0勝3敗となり日本シリーズ進出へ向け、あとがなくなった
(http://www.giants.jp/G/result/201810181index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仕事が忙しすぎて、思いっきり更新が遅れました、すみません
(なのでこのレポートも簡潔に)

 

初戦を落としただけで、追い込まれたような形になった巨人

今日の田口で勝利できれば、一気に希望も見えますし、負ければそれこそ王手となってしまう状態。

前日にコメントいただいた返信にも書きましたが、正直なことを言えば、今季の貢献度で言えば、内海という選択肢もあったはず

それでも田口の起用を決めたのは、もちろん状態を見てのこともあるでしょうし、由伸監督からの自分のいない来季は、お前が頑張らなきゃダメなんだ!というメッセージが込められていたことでしょう

もちろん田口本人も、今シーズンの巨人の成績において、自分が貢献するどころか足を引っ張ってしまったことは重々感じているでしょうから、並々ならぬ気持ちで挑んだことは容易に想像できます


その田口は初回こそ、ちょっとボールが浮き気味でした

個人的には、低めが生命線の田口ですが、個人的にはそれよりも大事なのは腕のふりだと思っています。仮に低めをつききれなかったとしても、しっかり腕が振れていれば打者に対しての違和感は十分に感じさせること出来るはずで、そこからの緩急が最も大事なことだと・・・・

低めを意識する余り、腕が触れずに手投げになってしまえば、どれだけ低めをつこうが意味がないわけですからね


そういう意味では、この日の田口は良かったと思います
高めに行ってしまうストレート、変化球でも空振りが取れていたのは、打者がイメージするボールと実際のボールが違っているからで、特に丸の2打席目に投げた 144km/hのストレートは今までに見られないスピード感でした


解説の水野氏が言うように、CS突破できなければ、今シーズン最後となるだろう登板で、悪かった時のままで終わるのと、何かを掴んで終わるのとでは、オフの過ごし方からモチベーションの保ち方までまるで違ってくるわけで、そういう意味では、ファームで過ごした日々が間違っておらず、これから先、同じ過ちをした時にどうするべきなのかを手に入れたという点で、価値のあるピッチングだったと思います

ゲームは敗戦しチームとしては崖っぷちに追い込まれたわけですが、私としてはそれ以上のモノを田口が手に入れてくれたと、敗戦による残念な気持ちを少し和らげることができています

 

そしてそれは、好調田口を6回で見切ってスイッチさせた畠も感じているのではないかと・・・・

7回のピッチングは完璧、さらには8回も2アウトまでは順調だったのに、あとアウト1つを取るのがどれだけ難しいのか、あの場面はタイムリーを打った新井さんがスゴかった!というのもありますが、それ以上に緊迫した場面で2アウトからとはいえ、四球を出すことの怖さと、それまで順調だった状態から一転して自分のメンタルが変わってしまう恐ろしさを感じたのではないでしょうか?

畠には相手に向かってゆくメンタルはチームの中でもかなり優秀な方だと評価していましたが、それでも昨日のあの場面は、強いはずの畠でも平常心を保てなかったのでしょう。
これもまた貴重な経験で、あのまますんなり押さえていればわからなかったことだと思います。これがトラウマになってしまうのか、「次に同じ場面が来たら絶対に抑える!」って思えるのかで、来季の結果も変わってきますから、畠には後者の気持ちで、この先頑張ってほしいなと思います

7回のピッチングだけ見れば、来季のストッパーを任せたくなる内容でしたから


畠に回跨ぎさせたことがどうなのか?という話もありますが、一番厳しい7回をあっさり乗り切ったわけだから、代打攻勢でくることはわかっていても、下位打線に回る8回はもう少し楽に行ってくれるだろうという期待を込めて、投げさせた事自体、臨機応変な対応だとも思うので、個人的には責めたくないですし、由伸監督自身も自分が悪いと言っていますので、もう終わったこととして忘れたいところ

ま、あえて言うなら新井さんに打たれたところで代えるべきだったとは思いますが、それこそ、結果論になってしまいますしね

 

攻撃面に関して言えばジョンソンのできが良かったので、打てないのは仕方ない。
ま、亀井の先発は予想外かつ???でしたけど


9回の阿部の打球がスタンドを越えていたら・・・・ってタラレバも言いたくなりますが、シーズン通りの「逆転のカープ」という野球をされてしまったわけで、負けは認めるしかありませんね

 

今日の今村で敗戦すれば、菅野の出番なく終わってしまいますが、どういう結果になったとしても、受け止める覚悟はできています

逆に今日勝って、明日の菅野でも取れれば、ムードも変わるでしょうし、奇跡を願う気持ちも出てきます

攻撃面で結果の出ていない、岡本や阿部も含めて、悔いだけは残さないように今日のゲームを目一杯頑張って欲しいと願うだけですね

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/