「ジャイアンツ愛」突然の由伸監督辞任に思うこと

DeNAが連敗し、CS出場に少し追い風になりそうな夜に突然舞い込んできた由伸監督の辞任ニュース

色々と思うところはあるものの
どう言葉として表現して良いのかわからないのが率直な感想


なので、思うがままに順不同で書き連ねてゆきますが…
(脳みそ整理出来てないので)


まずは、就任して3年、リーグ優勝はおろか、優勝争いに絡めなかったことで、辞任に追い込まれるという、やっぱりそういう球団なんだなって想いが一つ
(それが巨人の指揮官なんだと言われれば、そうなのかもしれないけど、今はもう昔の常勝軍団というレッテルは剥がしてもイイんじゃないの?っていう思いも一方ではあるし、他球団も含めて広島の独走を許してしまった以上、なんとまぁ間が悪い時に監督を引き受けてしまったものだ・・・という同情心もある)


そもそも現役続行を希望していた選手に対して、監督要請をし、初年度は仕方ないにしても、選手に若返りを示唆しておきながら、首脳陣の若返りを半ば無理矢理にでも強要しなかったフロントにも疑問
恐らく、そういった罪の意識は感じていただろうことから、来季続投の話はしていたようだけれど、それを断り、責任を感じて辞意を表明した由伸監督


選手時代の華々しい姿が目に焼き付いているからこそ、どうしてこうなってしまったのか?という想いが(私の中では)強い


確かに経験不足から来る???なところもあったけれど、それをカバーするために原監督時代からコーチを余り代えずに、由伸監督の成長を促すような布陣にしたはずなのに、それが機能せず、本来、選手と近い立場だからこそ出来る新しい巨人を夢見ていたのに、それが出来ずに壁のある状態で3シーズンも過ごすことになってしまったことが残念でならない


恐らく、この悔しさは選手たちが一番感じていることだろうと思う
半分は自らが招いたこととはいえ、監督になる経緯を間近で見ている選手にとっては、なんとかして由伸監督を胴上げしたいという思いを抱いていたことは想像に難くない。
それは、ここ数試合の坂本の頑張りと表情を見ていても感じ取れるし、今日の発表を受けて、ひょっとしたら、坂本や阿部、長野らは何となく感じていたのではないかという想像までさせるほど
(さすがに、聞いてはいなかっただろうけど)


長く巨人ファンをやっていれば、こういった低調な時代は何度か経験はしているけれど、それにしても悲しい出来事なのは事実

(あくまでも私見だけど)多くの巨人ファンで高橋由伸というスター選手を嫌いなファンは少ない(はず)。その選手の第2のスタートをこんな形で終わらせてしまうことに、誰もが下を向いていることと思う

ただ、思い起こせば、原監督もその采配手腕を発揮したのは復帰してからの2次政権だったし、由伸監督にも、この3年の経験をバネにして、さらに飛躍した期間を過ごして、もう一度戻ってきて欲しい。
来季がどうなるのか未定だけれど、このまま優勝させることが出来なかった監督として終わらせるようなことだけはして欲しくない。


監督が辞意を表明する前に、責任を感じて声をあげるコーチがいなかったことが残念ではあるけれど、こうなった以上は、フロント含めて大きな変更を求めたい
まだ2試合残っているので、今の時点で構想を表明することは難しいとは思うので、ここから先はオフでの話題にしたいと思うけれど、明日から早速、次期監督、首脳陣の話に話題が推移するのは仕方ないことだろう

私にもこうなったらイイなってのは、いくつかあるけれど、由伸監督がシーズン終了前に発表したということは、自分が責任を取ることで、あと2つ、チームとして一丸になりたいという想いと、まだ(CSを諦めない)先があるというメッセージを選手とファンに向けての事だと思うので、今は目の前の試合にモチベーションをあげてもらいたい


昨日、今日、全力でヤクルトを応援してたから(笑)
残り2つ勝てば、まだ由伸監督のユニフォーム姿を見れるチャンスが出来た
今日の発表を受けて、菅野がどんな気持ちで投げるのか、キャプテン坂本がどんな気持ちで打席に立つのか、想像すら出来ないけれど

今シーズン、見れそうで見れなかった選手たちの意地の姿を目に焼き付けたいなと思ってやまない、そんな複雑なマツダでの試合になりそうで
今から胸が痛い
(天気は良くないみたいだけど、出来れば野球の神様もそのへんは忖度して欲しい(汗))


すみません、冒頭に書いたように
ちょっと(半ば予想はしていたけれど)動揺しているので、支離滅裂なのはご勘弁ください

 


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/