「ジャイアンツ愛」9/23 巨 2-1 阪 → 畠今季初勝利&山口今季初セーブ!

巨人 2-1 阪神 → 対 阪神 15勝8敗0分 甲子園

勝利投手:畠 5試合 1勝 0敗 0S
セーブ :山口俊 26試合 8勝 8敗 1S
敗戦投手:藤 川 50試合 4勝 3敗 2S
・投手リレー
巨人:今村→中川→アダメス→上原→畠→山口俊 捕手:大城→小林
阪神:青柳→能見→桑原→藤川→ドリス 捕手:梅野
本塁打
巨人:
阪神
SkyA にて観戦 解説:掛布雅之 実況:中井雅之
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
甲子園球場で行われた阪神タイガースとの23回戦。巨人は1-1の同点に追いつかれた直後の八回、二死一、二塁で、途中出場の立岡が中前に勝ち越し適時打を放つ。1点リードの九回は山口俊が移籍後初となるセーブを挙げて試合を締めた。試合序盤は先発の今村が走者を許しながらも粘りの投球で四回まで無失点とゲームを作る。打線は六回、4番・岡本が右手に死球を受けてから22打席目の久しぶりの安打などで好機を作ると、阿部の適時打で先制に成功する。しかし七回、4番手の上原が鳥谷に同点適時打を浴びる一進一退の展開。無失点の先発今村を四回で降板させた巨人は、6人の継投、総力戦を制し、2連勝となった
(http://www.giants.jp/G/result/201809231index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

疲労で寝落ちしてしまい、朝の更新になってしまいました、すみません


さて、最初に立岡!正直期待してなかったわ、ゴメン!
m(_ _)m

基本的には後半の代走及び守備固めのために呼ばれたと持っている立岡だけど、実は1軍復帰してからは内容的に悪くなったんだよねぇ・・・でも、ちょっと侮ってわ、もう一回言います、ホント申し訳ない

多分、あの打席、ストレートを打ち返すことしか頭に入ってなかったと思う(フォークの見逃しから見て)けど、それでもフルカウントまで粘ったことが大きかった。投げると同時に走者が走る状態でなければ、あの打球でセカンドから帰ってくるのは不可能だったから、しっかり粘り、ストレートしかない状況の中で振り切れたことがどん詰まりの中でも前に飛ばせた要因だと思う


青柳とは今季初対戦とはいえ、嫌なイメージしか無くて、しかもその通りのピッチングをされていたので、中盤までは本当に打てるイメージがわかなかったが、そんな中でようやく出た岡本のヒットからの阿部のタイムリで、ようやく主導権を握れた。甲子園での相性の良さで、岡本がきっかけを掴むとしたら、この試合かも?って思っていただけに、本人にとってもホッとする一打だったと思うし、それが次の打席の四球に繋がり、立岡の決勝打を生んだと言っても良いとしたら、今日のゲームにも期待が高まってくる


先発の今村は、恐らく試合前に早めの交代もあるから初回から飛ばしてゆくように言われていたと思う、もともとそんなスタミナコントロール出来るタイプでは無いと思うので、言われなくても全力だったと思うけど、青柳から点が取れるイメージが出来ない展開の中で頑張って投げていたと思う。巨人としては残りの試合は全ての投手がスクランブル体制だから、5回にチャンスが巡ってきたこともあって、4イニングで降板ということになったけれど、次は中5日で広島戦に投げる可能性が高いだけに、チームが勝利して、球数少なく終えられたということが、結果的に良かったと思いたい

本人は勝ち星が欲しかったろうけど、今シーズンは数字以上に内容も良かったので、今日のピッチングもしっかりプラス査定してくれるだろうから、まぁいいでしょう(笑)


DeNAが負けたことでようやく差がついて、阪神とも負け数が並んだ。巨人は引き分けが4つと多いので、それがどうプラスに働いてくれるかまだわからないし、DeNA阪神がどこで勢いつけて連勝するような形になるかも怖いから安心は出来ないけれど、とにかく負け数を増やさないことを念頭に、引き分けで逃げ切ることも視野に入れながら、残り少ない戦いを頑張ってほしい


今日は相性の悪い岩貞との対戦になるけれど、阪神としても岩貞を引っ張ることはしてこないだろうから、メルセデスがどれだけ粘ってくれるかってことと、継投がどっちに有利に働くか?そのへんがキーポイントになりそう。巨人は明日から週末まで試合が無いので、中継ぎも惜しみなくつぎ込めるから、個人的には攻めの継投をして阪神打線にプレッシャーを与えて欲しいなと思う


畠が良いストレートを投げていたし、山口俊も表情は硬かったものの、ナバーロと糸原へのピッチングは良かったので、今日もそういう投球をしてくれたらヤクルト戦からの3連勝というのも見えてくるので、今季の対阪神の相性の良さをそのまま出して、勝利してくれることを願ってます


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/