「ジャイアンツ愛」8/31 巨 5-3 中 → 相手に助けられた感はあるが、岡本は見事でした

巨人 5-3 中日 → 対 中日 14勝7敗0分 ナゴヤドーム

勝利投手:メルセデス 8試合 5勝 2敗 0S
セーブ :アダメス 17試合 0勝 2敗 4S
敗戦投手:佐 藤 28試合 1勝 2敗 1S
・投手リレー
巨人:メルセデス→アダメス 捕手:大城→小林
中日:笠原→祖父江→佐藤→木下雄 捕手:松井雅→武山
本塁打
巨人:
中日:アルモンテ12号(九回ソロ)
フジテレビTWO にて観戦 解説:谷沢健一 実況:斉藤誠征
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの21回戦。巨人は同点に追いつかれた直後の九回二死、岡本が中越えに満塁走者一掃の勝ち越し二塁打を放って突き放し、連敗を4で止めた。序盤は巨人・メルセデス、中日・笠原両先発の投げ合いで、速いテンポで試合が進んだ。1点を追う六回、巨人は岡本の左前適時打と敵失で逆転に成功。八回に連打で同点に追いつかれたが、九回二死から、坂本の振り逃げをきっかけに満塁とし、岡本の決勝打につなげた。最後は2番手のアダメスが1点を失いながらも踏ん張り、5対3で逃げ切った。8回2失点と好投のメルセデスは5勝目を挙げた
(http://www.giants.jp/G/result/201808311index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2週間前の中日戦で敗戦投手になったメルセデス。その嫌なイメージを払拭して、どれだけのピッチングをしてくれるか、期待と不安が混じった状態で見ていたゲームだったけど、8回被安打4の2失点で勝利投手になってホッとしているというのが正直な感想

中でも、前回はやられまくった、平田、大島、ビシエドの3人を被安打2で抑えたのが良かった。課題となっている左バッターに対しても、大城とのコンビでインコースをつこうという配球が見て取れて、課題に取り組もうとしている姿は良かったと思う。まだまだ攻めきれていないところもあるけれど、3回にインローのストレートで京田を見逃し三振にとった球は非常に良かった

これからもっと精度をあげてゆかなければいけないが、少しずつ成長している姿は見ていて楽しみになる。来週の甲子園2連戦で出番があるのかどうかわからない(菅野、今村でゆくのか、メルセデス、菅野でゆくのか不透明)が、残る試合4登板くらいはあると思うので、貯金をまだまだ増やしてくれる投球をしてもらいたいなと思う


ゲームとしては9回表の坂本の振り逃げからの阿部への四球、マギーヒットに続いての岡本のタイムリーというのが決定打になったわけだが、まずは振り逃げの場面で全力疾走した坂本を褒めてあげたい。キャッチャーが取りそこなったと認識してから走り出すにしても、半ば諦めながら全力で走らない選手が多い中、キャプテン自らが小さな綻びでも全力でプレーするという姿勢を見せてくれたのは、若い選手にとっての刺激だけでなく、ベテランにとっても「こうでなきゃいけないな」って思い出させてくれるプレーだったと思う

それが次の阿部の四球に繋がったと思うし、今日はあまり良いところがなかったマギーが基本通りのセンター前に打つというバッティングに伝染したと思っている

で、ここのところ2アウトでチャンスを作ってもあと1本が出なかった流れの中で、岡本が打席で冷静に粘りながら、技ありのタイムリーで勝ち越した場面は、今日一番のハイライトだった。前進守備に助けられた感はありながらも、難しいボールを体重を残して芯で捉えたバッティングは称賛に値するので、個人的にはただただ素直に褒めてあげたい


結果的には、その打席を含んで3安打4打点なので、今日は4番が4番の働きをして勝利したという形で、他の野手に一言二言 言いたいことはありながらも、若き4番の活躍を純粋に喜びたい


オーダーに関しては、笠原ということで重信を控えに回し、坂本を1番に戻したのだろうが、今日三振の無かった山本(初回のバント失敗は大いに反省)を2番に据えるのなら、やはり昨日言ったように、相手の左右に関係なく1番 重信、2番 山本、3番 坂本という並びを固定してくれると嬉しいのにな…という想いは拭えない

残念ながら夏場に好調だった長野が離脱したことで、外野のメンバーはまたしばらく日替わりになりそうな感じだけれど、こういう時だからこそ、若手の起用を望みたい。
今日は昇格した石川がスタメンに入ったけれど、出来ればやはり和田恋も同時昇格して、重信、石川、和田恋という若い外野陣を布陣して、亀井、陽岱鋼ゲレーロを左右の代打の切り札としてとっておくというようなオプションを検討してみてもらいたいなと思う
(欲を言えば、亀井さんは9月中旬以降に頑張ってもらうために、一度抹消して休養してもらいたいところだけど)
(和田恋の守備面でのリスクはあるけど、ゲレーロの守備に比べれば遥かにマシだし)


明日は藤嶋なので、1番 重信、2番 田中俊、3番 坂本なんてオーダーも期待したくなるが、現実的には田中俊は7番くらいでの起用になるのかな?

とにかく対藤嶋は2試合の登板中、11イニングで1点しか取れていないので、3度めの正直で最低でも2~3点は早い段階で取りたい。前回中日相手に完封した菅野も、相手は対策を練ってくるだろうけど、それを跳ねのけてさらに頼もしい姿を見せてくれるといいなと願っている


追記

今シーズンは色んな記録を相手にプレゼントしているだけに、ビシエドに対して、プロ野球新記録を作らせることなく終わらせられて良かった


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/