「ジャイアンツ愛」8/28 巨 5-10 広 → まぁ~よく打たれたね(涙)

巨人 5-10 広島 → 対 広島 5勝14敗1分 東京ドーム

勝利投手:ジョンソン 19試合 10勝 2敗 0S
セーブ :
敗戦投手:内 海 13試合 5勝 4敗 0S
・投手リレー
巨人:内海→野上→中川→池田→宮國 捕手:大城
広島:ジョンソン→一岡→今村→フランスア 捕手:石原
本塁打
巨人:ゲレーロ12号(二回ソロ)、岡本26号(九回ソロ)
広島:鈴木26号(一回2ラン)
日テレG+ にて観戦 解説:清水隆行 実況:佐藤義朗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた広島東洋カープとの20回戦。巨人の先発内海は初回に3失点、3回にも3連続適時打を浴びるなど良い所なく、3回途中8失点で降板した。大量リードを許す展開になったが、敗色濃厚な九回に打線が奮起。岡本が3試合連発となるソロ本塁打を放つと、四球を挟んで4連打と打線がつながり、一気に4点を奪う。しかし反撃も及ばず、5対10で敗戦。カードの初戦を落とした
(http://www.giants.jp/G/result/201808281index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

う~ん、まぁ覚悟していたこととはいえ、心の片隅では、そろそろホームでスイープして、今シーズンの鬱憤を晴らしてくれたらいいな・・・・って僅かな期待を持っていたところもあるので、ガッカリ感は半端無いのですが


5-0で勝ってる状態で最終回を迎えても不安な相手なのに、初回に3点取られたら、初っ端からモチベーションが下がるのはしょうがない(涙)


内海に限ったことではないし、他球団の投手も軒並み打たれているわけだけど


そんなにギリギリをつかないと抑えられないもん?


ってのが、正直な感想

制球力の良い内海ですら、初回、先頭打者にいきなり四球を与えてしまうだけの、プレッシャーがあるのはわかるけど、そこまで四隅をつくことを考えるくらいなら、甘いコースでもいいからしっかり腕を振って、タイミングをずらすことだけに集中すればいいのに・・・って考えながら見てた

ま、終わってみれば、甘いコースをことごとく打たれているわけだから、どっちにしても簡単にはゆかないんだなと思い知らされたわけだが(汗)


簡単に2ベースを打たれるし、ランナーがセカンドにいれば、外野手の前に落ちた打球でもホームへ突入される。シングルヒットでも常に盗塁の危険を頭に入れて投げなければいけない。菊池のところへ打てば、ヒット性の当たりもアウトにされるなど、走攻守において常にやられ放題

それでいて、チーム打率だけではなく、本塁打数でもダントツでリーグトップなのだから、手のつけようがない

そのプレッシャーで、何もしなくても相手が勝手に潰れてくれるという、ある意味、個人的には理想のチームに近い


広島に勝つためにスコアラーも増強して、分析班まで作ったのに、データが悪いのか、それを活かせないベンチが悪いのか、むしろ昨年以上に分が悪いってのは擁護のしようもないので、そこはしっかりと反省しないといけない


唯一の弱点は投手陣だけなのだが、結局は今村しか打ててないに等しいので、明日以降もキツイ戦いになりそう


最後に岡本が打ってくれたことだけが、溜飲をさげてくれたので、それだけで満足したいところかな?ゲレーロに関しては、ソロ専門ならそれでもイイです。打てないよりは遥かにいいし、なんなら1試合2~3本ソロ打ってくれたら超最高(笑)ちょっとヤケになってるかもしれませんけど、ソロ専ってのも居ていいかもしれません


対戦防御率だけを見れば、明日の吉川光と九里の戦いも打ち合いになりそうな予感がしてますが、8月の吉川光の防御率は1点台なので、広島打線が今日の10点のうち2~3点でも次に回せれば・・・・って思うようなピッチングをしてくれることを祈りながら

今日の愚痴タイムを終わりにしたいと思います(笑)


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/