「ジャイアンツ愛」8/10 巨 3-9 広 → 打たれすぎると思うなら、何とかしてくださいよぉ>ヘッド

巨人 3-9 広島 → 対 広島 4勝13敗0分 東京ドーム

勝利投手:野 村 12試合 6勝 2敗 0S
セーブ :今 村 27試合 2勝 1敗 1S
敗戦投手:メルセデス 5試合 3勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:メルセデス→野上→中川 捕手:宇佐見→大城
広島:野村→一岡→ジャクソン→今村 捕手:石原
本塁打
巨人:岡本21号
広島:鈴木19号、鈴木20号、田中9号
日テレG+ にて観戦 解説:桑田真澄 実況:町田浩徳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの17回戦。巨人先発は支配下昇格後3勝無敗と安定した投球を続けてきたメルセデスが広島戦初登板。しかし、初回から広島打線につかまり、鈴木に先制の左越え2点本塁打。さらに、四回には4連打、六回には3連打と6回を投げ計11安打を浴び5失点で降板となった。打線は、二回に岡本の今季21号となる左越えソロ本塁打で1点をかえすと、七回には二死一、二塁から代打・亀井が左中間を破る2点二塁打で2点差に迫る。しかし、2番手野上がその裏、鈴木にこの日2本目となる右越え2点本塁打、八回には3番手中川が田中に左越え2点本塁打を打たれ勝負あり。メルセデスは来日初黒星となり、対広島戦は4連敗。昨年から続くマツダスタジアムでの連敗は13となった
(http://www.giants.jp/G/result/201808101index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

由伸監督のコメント
「ここの球場はどうしても打たれる。何とかしないといけない」

村田ヘッド
「投手が抑えることだと思うよ。打たれすぎや。そうとしか言いようがない。」

え~っと、どこからツッコんでいいのか(笑)
由伸監督ぅ~東京ドームでも打たれまくってますが?
村田ヘッドぉ~キャッチャー出身のヘッドなんですから、何とかするのは自分では?


坂本、吉川尚というセンターラインの要が故障、マシソン、カミネロという中継ぎの軸が離脱、救世主と思われた先発の一角ヤングマンもいないわけで、守備力の低下は最初からわかっていたことで、打ち勝つしかないのに3点しか取れないのでは、勝てるわけがない。
「投手が抑えないと」というよりも、打者がもっと打ちまくらないと…ってのが、正確なコメントではないかと思うんだけどな


メルセデス、菅野、今村をぶつける予定のこの3連戦の中で、初対戦となるメルセデスに一番期待がかかっていたわけだが、初モノ対決とか広島打線には関係なかったね
メルセデスの調子自体は決して悪いとも思えなかったし、ラッキーな当たりもあったりで、可愛そうなところもあったけど、それを抜きにしても広島打線はやっぱりスゲーわ!って素直に感心してしまった

スコアラーによるデータ分析と、各選手の予習、チーム全体としての方針がしっかり噛み合ってる感じで、どの選手も迷いなく振ってくる。ラッキーな当たりも、その振りの良さが生み出しているんだと思う

鈴木誠也にいたっては、正直、投げるところが見当たらないほど…初回のホームランも構えてたインコースよりも僅かに中に入ったけど、あそこに、あの球速のボールが来るのを待っていたと言わんばかりのフルスイングで、完璧にやられ、7回にはアウトローを逆方向に持っていかれる…もっとギリギリを攻めないと!という意見もあるかもしれないが、そもそもそこまでギリギリのところで勝負できるなら、こんなに苦労はしないし、メルセデスはまだ制球よく投げれていたほう。

巨人戦に強いという見えない何かも手伝ってか、こうなるともう、超変則タイプか、パワーで完全にねじ伏せるか、完璧な制球力で抑えるしかないかもしれない

ま、巨人に限らず、他のチームも勝てていないわけだから、やはり純粋に広島は強い!って認めざるをえないけれど


こちらも最後にチャンスメークまでは出来たけど、チームとして攻略している感は無いし、一岡、今村には簡単にひねられるしで、結果的には良いとこなし。データ分析班は何をしているのか、出てきたデータをちゃんと利用しようとしているのか、あくまもで選手任せを貫くのか、キャプテン不在とはいえ、もう少し一体感が欲しかったかな

あと、宇佐見…ファームで4番を張った男が、今年はバッティングがブレブレです。

せめてもの救いはマギー、岡本、亀井さんがまだ好調なことと、重信が安定して攻守に頑張っていることくらい。マルティネスに大事が無かったのは良かったけれど、万全では無いはずで今日は攻撃面で精彩を欠いていた


気がついたら阪神とのゲーム差が0.5になってるんで、残り2つを負けようものなら、恒例の「モグラ叩き」でまた落とされるということになる

(ホント2位のチームには容赦なしだな(笑))

ま、2つ勝つことよりも、とにかくマツダで1つ勝つということが目標という悲しい状態なので、明日の菅野にエースの意地を見せてもらうしかないのだが、ここ数試合の内容だけみれば今村の方が期待できるかも?って感じなので、明日は明日で不安しか無い。


なんとなく、選手個々の能力もそうだけど、チームとしての戦いの姿勢みたいなものに大きな差を感じた敗戦だったので、これを教訓というか、お手本というか、見習って、こっちも一丸となって戦ってもらえたらなって思います
(これで會澤も出てたら、さらに点取られてたと思うし・・・)

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/