「ジャイアンツ愛」8/9 巨 2-3 阪 → 1点差負け8勝20敗だって・・・・

巨人 2-3 阪神 → 対 阪神 11勝7敗0分 東京ドーム

勝利投手:桑 原 38試合 4勝 1敗 0S
セーブ :ドリス 36試合 1勝 3敗 24S
敗戦投手:澤 村 41試合 1勝 5敗 0S
・投手リレー
巨人:山口俊→澤村→宮國→池田 捕手:小林→大城
阪神:秋山→桑原→藤川→ドリス 捕手:坂本→梅野
本塁打
巨人:
阪神:ナバーロ2号(七回ソロ)、糸井13号(八回ソロ)
日テレG+ にて観戦 解説:桑田真澄 実況:町田浩徳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた阪神タイガースとの18回戦。2-2で迎えた八回、巨人は2番手・澤村が糸井に特大の決勝ソロ本塁打を浴び、逆転負けで勝率5割復帰はならなかった。巨人は初回、無死三塁の好機で重信が中前適時打、その後二死三塁から阿部が右越え適時打を放ち、2点を先取。先発・山口俊は六回まで1失点と粘投を続けていたが七回、ナバーロに同点ソロ本塁打を浴び、この回で無念の降板となった。打線は阿部が今季初の3安打猛打賞など、計12安打を放つも初回の2点以降、追加点を奪えず、2対3で敗れ3カードぶりの負け越しとなった
(http://www.giants.jp/G/result/201808091index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初回のマルティネスのヘッドスライディングと岡本のゲッツー
プロ野球ニュースで谷沢氏に怒られてたけど、まったくもっておっしゃる通り

先日、吉川尚がヘッドスライディングで骨折して離脱したばかり。チームとして選手にどういう注意をしているのかわからないけど、ヘッドスライディングしてケガするくらいなら、足から滑り込んでアウトになる方がまだマシ。返球を見て一気に3塁まで行った判断は素晴らしく、続く重信のタイムリーで初回にチームが乗る状況になっただけに、2回以降出れなくなってしまったのは痛かった

岡本のゲッツーも、あのアウトコースの球を坂本だったら逆らわずに逆方向へセカンドの頭を越えるようなヒットにしていたと思うけど、それはまぁ経験値とバッティングスタイルの差だからしょうがない、にしてもあの走塁はいただけない。全力で走っていたと思うけど、ちょっとゲッツーになるのを諦めていたかのような感じで、もう少しだけ本気で走っていたらギリセーフだったんじゃないかと…それこそヘッドスライディングをする必要はないから、打った瞬間から諦めずに全力だったらコンマ数秒くらいは縮められたかな?って思うとちょっと残念だった


それにしても
巨人 12安打+四死球
阪神  8安打+四死球

これで2-3というスコアかぁ~阪神の3点のうち2点はソロホームランだし、お互いにあと1本が出ない展開で、僅かに阪神が上回ったという形だったか?

チャンスの数はこっちの方が多かった気がするけど、もうひと押しってところで、バッターが若林だったり、山口俊だったりでめぐり合わせも悪かった


それにしても中井の状態が悪すぎる。守備のミスもそうだし、打席でも凡打、三振のなりかたが悪い。ただでさえ、坂本、吉川尚の離脱が痛すぎて、マルティネスも守備で危なっかしいところはありながらも積極的なプレーでチームを鼓舞していただけに、若林、中井の2遊間は不安すぎるし、それをカバーする攻撃力も無い。内外野守れるというユーティリティ能力は貴重ではあるけれど、今はちょっと打てる気配を感じないので、それなら田中俊を戻す方がまだマシかもしれん

若林も今日初ヒットが出て変わるかもしれないが、昨日、今日の内容を見る限りは攻撃でも守備でも、まだ1軍のレベルには無いかな?って思う。この上での経験を頭にイメージして、より高い意識で練習に励んでくれれば良いと思う

個人的には守備に不安が出来てしまったので、ベテランの力を借りて寺内を上げることで、落ち着かせるとかした方が良いかな?なんて考える
(連携も含めて、浮足立ってる感じなので)


ここのところ良かった宮國も今日は制球がいまひとつだったし、澤村も本人が言うように、外に投げるのが外れるなら、外に外れて四球でもいいくらいの意識で投げなきゃいけなかった

選手起用、采配面や配球面で叩かれることの多い巨人だけど、1点差負けが多いのは、それだけじゃなくて場面場面での選手個々の意識とか集中力の欠如が一番大きいと思う。
桑田風に言えば、打たれてもいい場面、四球でも良い場面、引っ張っちゃダメな球、など常に何がベストなのかを考える想像力と創造力に欠けている感じ

チームとしての攻撃力、投手力そのものは広島と比べても、大きく劣っているわけではないと思うので、今のこのゲーム差はそこなんだと思う


優勝は無理にしても、広島に一泡吹かせて、ちょっとでも慌てさせる事ができるとしたなら、この阪神戦を3連勝して、メルセデスから始まる明日の広島戦も3連勝することが最低条件だったので、相性の良いはずの阪神に本拠地で負け越した時点で、切り替えて3位以下をどう引き離すかってことに考えを変えなければいけないかな。

それでも、マツダで一つも勝ててない状況は芳しくないので、まずはメルセデスが明日、広島打線を相手にどういうピッチングをしてくれるのかは期待したい。


坂本、吉川尚、マシソン、カミネロ、ゲレーロヤングマン、上原・・・戦力として期待していた選手が故障、不調で離脱の状況のなか、よく頑張っているとは思うけど、センターラインの要である2遊間がいないのと、中継ぎ、ストッパー不在はあまりにも大きな戦力ダウンすぎる


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/