「ジャイアンツ愛」8/3 巨 3-4 中 → 確かに独り相撲だけど、それで澤村が変わるなら・・・

巨人 3-4 中日 → 対 中日 9勝6敗0分 ナゴヤドーム

勝利投手:岩 瀬 31試合 1勝 0敗 1S
セーブ :
敗戦投手:澤 村 38試合 1勝 4敗 0S
・投手リレー
巨人:山口俊→池田→澤村 捕手:小林→大城
中日:吉見→ロドリゲス→佐藤→鈴木博→岩瀬 捕手:武山
本塁打
巨人:
中日:
フジテレビONE にて観戦 解説:谷沢健一 実況:加藤晃
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの15回戦。巨人は同点に追いついた直後の九回裏、3番手の澤村が四球と自らの失策で無死満塁のピンチ、最後は押し出し四球で痛恨のサヨナラ負け。巨人は終盤に2度追いつく粘りをみせたが及ばず、連勝は「3」でストップ。3位に後退した。試合は先発の山口俊が初回に4安打を浴び、2点を先制されたが、七回、亀井の適時打、マルティネスの適時二塁打で2対2の同点とし、1点ビハインドの九回には、代打・阿部の右前適時打で再び同点に追いつくなど、粘りを見せたが、最後はミスが響いた
(http://www.giants.jp/G/result/201808031index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そりゃね、確かに澤村が悪いです
四球→エラー→四球、四球の最悪コンボで押し出しですからねぇ・・・

とはいえ、7回に追いついた後の山口俊の四球からの失点もいただけないし、そもそも吉見相手に引っ張り傾向で内野ゴロの山を築いてしまった中盤までの打線もダメ。

唯一目を潰れるのは、初回の失点くらいか?
(立ち上がりだからしゃーないし、その後の山口俊の粘りは良かったし、そもそも7回3失点だから、不満はあるけどQSはクリアしているし)

追い込まれるとやっかいな吉見相手だから、早めにスイングしてゆくのは悪くないし、決してスピードボールなわけではないので、多少強引に打ちにゆくことになってしまうのは仕方ないとはいえ、もう少しセンターから逆方向を意識してバッティングしてくれていたら・・・って思ってしまう。
(もしくは7回のマギーみたいに、むしろ無理やり引っ張るくらいのメリハリ)

結果論だから仕方ないけど、決して当てられない球では無いし、もう少しファールで粘って球数を投げさせられたらなぁ~って悔いが残る


仮に澤村が無失点で抑えたとしても、9回の表に宇佐見以外の野手を出し切ってしまったわけで、延長に入って勝ち越せたかどうかは微妙なところではあるし、守備のほころびで失点してたような予感も走るが、それでもまぁやっぱり押し出しサヨナラってのは、気分が悪いわな

それならまだサヨナラホームランでも打たれて負けたほうがまだマシっていうか・・・


野手の皆さんに申し訳ないってコメントしてたけど、その申し訳ない気持ちが、次の登板ではまたリキみに繋がるんだろうなと残念な気持ちになるし、斉藤コーチの「話にならない」ってのも、それは「コーチに対しても言いたいよ!」ってツッコミも入れたくなる(笑)


シーズン前半は危なっかしいながらも、澤村、マシソン、カミネロで形だけは作れていたところで、野上、吉川光、田口らの先発ローテが崩壊。ヤングマンメルセデス、今村、内海が入ってローテが落ち着いてきたと思ったら、カミネロ、上原の抹消、マシソンの離脱と中継ぎ、抑えが崩壊

シーズン通してメンバーがビシっと揃うことなんて、他球団も含めてそうそう無いわけだけど、それにしても今シーズンは極端な感じだし、結局は野手も含めて野戦病院化している


代わりの選手や、それまで支えてきた若手、ベテランの頑張りでDeNA戦は3連勝したけれど、その勢いで足りない戦力をカバーするのも限界か?というのを今日は何となく見せられてしまった感じ。

澤村をストッパーにすると決めた以上、明日以降も起用するのだろうけど、今日の内容を受けて澤村自身がどう切り替えるのか、うまくこの局面を越えないことには、先発投手のメンタルにも負担がかかるので、そこは澤村自身がしっかりと受け止めて、考えて、変わって欲しいなと思う
(出来れば阿部にまたバシってやって気合注入してもらうとか(笑))


あ・・・あと、今となってはどうでも良くなってしまったけれど、立岡の代打・・・イニングの先頭だから出塁を期待しての代打だったんだと思うけど、佐藤優が良かったとはいえ、ただの空気になってしまっていたんで、個人的には???でした


今シーズン相性の良かった中日に前回の東京ドームからの3連敗は良くない
相性の良い相手は、相性の良いままにしておかなければいけないわけだから、まずは明日の菅野が前回の反省を踏まえて、ビシっと投げて締まった試合を見せてくれないとね


追記
亀澤、ビシエド、平田、アルモンテの打線はやっぱり手強いわ・・・今日は大島が不発だったけど、これで本来の大島のバッティングが戻ったら、ある意味、強力な打線が完成する

それと・・・重信のバッティング、青木を手本にしているのは本人のコメントからもあきらかだし、それがようやく自分のモノになりつつあるのは嬉しいけれど、いや今日なんか見間違うくらい板についてきた感じ。8回に久々の三振を喫してしまったけれど、状態が良いからと難しいボールに手を出すことなく、重信なら四球で出塁しても2ベースと同じくらいのプレッシャーをかけることが出来ることを意識して、これからも粘り強いバッティングを身につけていってください、非常に期待してます

 

なんだろう、こういう敗戦に慣れてしまった自分がいるのか、イライラMAXになりそうな敗戦なのに、大きな怒りが湧いてこないこの感じ…これはこれで、問題っすな(汗)

 


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/