「ジャイアンツ愛」6/12 巨 8-2 ソ → 久々にカードの初戦取れた…メッチャ嬉しい

巨人 8-2 ソフトバンク → 対 ソフトバンク 1勝0敗0分 ヤフオクドーム

勝利投手:山口俊 11試合 5勝 5敗 0S
セーブ :
敗戦投手:武 田 10試合 2勝 5敗 0S
・投手リレー
巨人:山口俊→池田→谷岡→上原 捕手:小林
ソフトバンク:武田→岡本→寺原 捕手:甲斐→高谷
本塁打
巨人:亀井6号2ラン
ソフトバンク
FOXスポーツ にて観戦 解説:池田親興 実況:信川竜太
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの1回戦。巨人先発・山口俊は、走者を背負いながらも粘り強い投球で7回5安打1失点と試合を作る。一方の打線は二回、相手の守備の乱れから無死満塁の好機を作ると、二死後小林が左中間を真っ二つに破る3点二塁打を放ち、先制に成功する。続く坂本にも左前適時打が飛び出し、この回一挙4点を奪い、序盤から試合の主導権を握った。さらに三回、亀井が右翼席へ飛び込む6号2ランを放つと、六回には田中俊に右中間2点三塁打が飛び出した。打線がつながりをみせた巨人は、ソフトバンク先発・武田を打ち崩し、8対2で快勝。好投した山口俊は今季5勝目をマークし、巨人は約1ヶ月ぶりの3連勝とした
(http://www.giants.jp/G/result/201806121index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

監督インタビューで質問されていたように、今日は小林のタイムリーが光ったなぁ
ノーアウト満塁ってなかなか点が入らない上に、下位打線の小林になっての2アウト満塁は、見ているコッチとしては無得点を覚悟するレベル

ただ、逆に考えれば2アウトのケースは打ったと同時に走るから、外野さえ抜ければ一気に3点入る可能性も高く、相手に与えるダメージも大きい
武田も2アウトにこぎつけ、小林を迎えたところで、心のどこかで何とか無失点で終えられそうと思っただろうから(あくまでも私の想像ね)、ショックはさらに大きかったかもしれない

無失点で終わるかどうかは大きいし、ましてや2点のところが3点入ったわけで、ここのところ調子の上がらない武田からすればガックリだろうし、山口俊から見れば、いきなりのリードで両者のピッチングは序盤から大きく差が開くことになった


今日の山口俊は良い時の状態をキープしてくれていたと思う。決してリキむことなく、柔らかいフォームで、コースの四隅を攻めるというよりも緩急をうまく使っていた。5回の失点も1点はあげても良いという状況だったので計算通りだし、球数と点差の関係で無理やり最後まで投げさせるような場面でも無いので、文句なしのピッチングだった


そして今日のトピックスはやはりサード田中俊だろう

マギーを外して阿部を持ってくるのは想定内だけど、田中俊のサードは以前にもここで希望していたけれど、ここでやってくれるのは予想外だった。選球眼とバットコントロールは吉川尚よりも優れているけど、守備面では吉川尚に劣るというジレンマを脱却するためのアイデアではあったが、今日に感してはうまくハマったと思う

現状で外されるのはマギーも半分は納得しているだろうし、出来ればゲレーロに関してもプライドが傷つかないように配慮しつつ、長野か中井にしたほうが打線のめぐりも良さそうな気がするが…
(出来れば下で好調な重信、石川にしてくれるともっとイイし、さらに好調な和田をDHで起用してくれたら尚イイ)


ゲレーロ、マギー、阿部が代打に控えてるとか、かなり胸アツなんですけど(笑)
(守備固めできなくなるけど)


それにしても、亀井の得点圏打率がヤバい(汗)
このままケガなく行ってくれたら・・・ってのは、過去の亀井の実績と年齢を考えると難しそうではあるが、まだ6月とはいえ打撃十傑の中にも入っているのはファンとしては嬉しい限り。長野がまだ本来の力すれば物足りないとはいえ、打率.271、出塁率 .361 は6番、7番という打順でゆくなら決して悪い数字ではない。陽岱鋼も含めて、この3人を休ませながら2人を起用し、ゲレーロではなく石川 or 重信を出せるような状況になると、チームとしてもかなりバランスが良くなるし、ベテランに無理をさせなくて済むという意味でも理想的な気がするのだが・・・

何とかなりませんか?>由伸監督


あとは4番になっても落ち着いていて、打率も3位の岡本にあとほんの僅かだけ一発が出る率が増えれば、私としては言うことナッシングです


いずれにしても、今村、鍬原が控えているソフトバンクとのカードの初戦を取れたのは実に大きい。山口俊はゲームは作ってくれる自信はあったけど、打線の状態が心配だっただけに、うまく繋がって大量点が取れたのはチームが活気づくし、西武戦での勝ち越しを勢いにしなければダメだと言ったけれど、それを文字通り体現してくれたゲームになったのは嬉しい限り

この調子で明日は今村を援護し、3戦目の鍬原にプロ初勝利をプレゼント出来れば、嫌な思い出だらけになりそうだった交流戦最後の1週間を気持ちよく過ごせるかもしれない

そんな気持ちにさせてくれた今日の勝利でした

(そんなこと言いながら、明日は愚痴のオンパレードになるかもしれないけど(笑))


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/