「ジャイアンツ愛」5/30 巨 9-8 日 → いや、ぶっちゃけ勝てば何でもイイんだけど…(涙)

巨人 9-8 日ハム → 対 日ハム 1勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:谷 岡 7試合 1勝 1敗 0S
セーブ :カミネロ 12試合 0勝 0敗 7S
敗戦投手:上 沢 9試合 5勝 2敗 0S
・投手リレー
巨人:吉川光→宮國→谷岡→澤村→マシソン→カミネロ 捕手:大城
日ハム:上沢→玉井→鍵谷→公文 捕手:清水→鶴岡
本塁打
巨人:マギー5号3ラン
日ハム: レアード10号ソロ
日テレG+ にて観戦 解説:水野雄仁 実況:山本健太
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの2回戦。巨人は二回、長野の左翼線二塁打で先制すると一気に打線がつながり、マギーの5号3点本塁打も飛び出すなど打者11人の猛攻で8点を奪った。しかし四回、先発の吉川光が2点目を失い、なおも二死満塁で降板。2番手の宮國が3者連続で押し出し四死球を与えるなど追い上げを許す。しかし、五回に大城が9点目となる適時二塁打を放ち、リリーフ陣もリードを守りきった。マギーが一発を含む4安打3打点の大暴れ、3番手の谷岡がプロ初勝利を挙げた。巨人は大量リードを辛くも守りきり、連敗を「5」で止めた
(http://www.giants.jp/G/result/201805301index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正直な事を言います

何点取られようが、内容がどうだろうが、誰がどうしようが、ぶっちゃけたところ、連敗が止まれば何でもイイです(笑)
思い起こせば、昨年も13連敗を止めたのは日ハム戦
ひょっとして、連敗も止まるかな?って思ったのは、実は昨日の試合で、今日、上沢相手に止まるとは思わなかった

ただ・・・・

2回に8得点取ったにも関わらず、こんなに最後までドキドキすることになるとは、ま~~~ったく想像出来なかった(笑)

本来なら、巨人がラッキーもありながら上沢を攻略、圧倒的な攻撃で勝利!ってなる展開だったのに、気がついたら息も絶え絶えながらギリギリのところで逃げ切った・・・という背中に冷たいものが走る勝利

勝ったのに気持ちにモヤモヤが残る、言い換えれば明日に不安が残る勝ち方になってしまったのが、残念というのが率直な感想か(汗)
(勝ったにも関わらず、印象は巨人のほうが悪いという・・・)


小林がコンディション不良ということで、大城の起用が続いており、守備面では課題を多く残しながらも、今日に関しては攻撃面で貢献してくれた
キャッチャーというポジションは経験を積まないと成長できない難しい役割だから、今の失敗を糧にして急成長してくれると期待したいが、大城に求められているのは
攻撃>守備
なので、守りでのミスには多少目をつぶりながらも、打撃で貢献してくれるなら相殺できる状態。もちろん、しっかり守って打撃での貢献が多いに越したことはないけど、1年目ということを考えれば、今はまだ許される
(阿部だって入団当初は 攻撃>守備 だったし)

とはいえ、今日のゲームも含めてバッテリー間で失点が多いことは反省すべき
ゲーム後にコーチ含めて、色々と言われていると思うので、その成果を明日以降に見せてくれればそれでイイ


先発の吉川光は・・・・

とにかく球数が多くなってしまったので、あの段階での交代もやむなしだと言えるが、古巣相手のゲームなんだから、今までとは違うところをもう少しは見せて欲しかった
本人としても力の入るゲームだったと思うし、これが上沢との投手戦という展開ならまた違った形になったかもしれないが、8点もらった後のピッチングとしては、非常に心もとないというのが正直な感想


宮國もこの点差で、このタイミングで登板?という感じだったろうし
谷岡の投入も含めて、2回の8得点で規定投球回数を投げきれなかったことは大いに反省。
(ま、言わなくても本人が一番わかってるだろうけど)


野上が抹消されたことで、吉川も次は俺の番?っていう危機感はあるだろうから、思うところはあるだろうと思う。勝ち負けがつかない登板になってしまったが、打線に救われて、首の皮一枚残ってるかな?って思うので、本当の勝負どころは次回の登板になるかな


それにしても、日ハムとの対戦は本当に心が揺れる

大田もそうだし、矢野謙次、そしてリリーフで登板した公文に対しても、どうしても気持ちが入ってしまう。
たまたまこっちがリードしてるから良かったものの、ビハインドで相対したら活躍を祈りたい気持ちと、それでも勝ちたい気持ちとが入り混じって本当にみてるのが複雑な気分になるところだった


しかも明日は鍬原 vs 村田という、巨人ドラ1同士の対決

鍬原に颯爽とデビューして良いスタートを切ってもらいたい気持ちと、村田へのこれまでの思い入れが相まって、平常心で見れない心配が・・・(笑)
出来うるなら、二人の投手戦でゲームが進み、先に村田が降りて、彼の勝ち負けに関係ないところでこっちが点を取って鍬原に勝利投手の権利が舞い込むなんて、都合の良い展開を期待したくなるが、厳しい戦いになるのは覚悟しておかなければいけないか

予想のつかない展開になりそうなだけに、両者の立ち上がりがその後の展開に影響を及ぼしそうな、そんなゲームになりそう


今日はハマったようなオーダーだったから、明日は阿部ではなく、そのままマギーを使いそうな気がしているのだが、仮にマギーが明日も四番を打つとしたなら、今日の4安打の結果をどう繋げてゆくか、ゲレーロ以上にマギーの結果がチームの勝敗に大きく影響してきそうな気がするので、攻撃面ではそこに注目したいと思う


それと最後に

今日も澤村は回跨ぎの投球になった。今日は押さえられたし、おそらく最初から2イニングと言い渡されていただろうから、良かったけど、やはりみている側としては2イニング目は怖い。由伸監督が澤村のタフネスに信頼も持っていることの裏付けだろうと思うし、この先も澤村はこういう使われ方をするんだと、こちらも思わなければいけないのだろうが、出来るなら1イニング全力で投げられる形で起用してあげたい

ん!カミネロ?

本当にカミネロに関しては評価が難しい。毎度のように炎上しかけながらギリギリのところで踏ん張っているので、落とすわけにもゆかないし、かといって過度な期待もしづらい・・・かつての悪い時のクルーンのように、常にピンチを背負いながら何とか踏ん張っている姿は、本当に判断に迷う

ヤングマンのピッチングを1軍で見たい気持ちが大きいながら、誰を落とすのが正解なのか、いまひとつ決め手に欠ける

我々が迷うように首脳陣も迷っていることと思うが、明日の鍬原のピッチング、そして野上が抹消されたことでおそらく日曜の登板だろうと思われる内海、そして2軍で結果を出していて呼び出しを待っている選手たちのこれからの起用が交流戦の行方を占いそうな、そんな気がする今日のゲームでした


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/