「ジャイアンツ愛」5/26 巨 4-5 阪 → また1点差負け…昨日に続いてもったいない

巨人 4-5 阪神 → 対 阪神 7勝4敗0分 甲子園球場

勝利投手:ドリス 19試合 1勝 1敗 15S
セーブ :
敗戦投手:澤 村 16試合 1勝 2敗 0S
・投手リレー
巨人:田口→宮國→上原→澤村 捕手:大城→小林
阪神:小野→岩崎→桑原→ドリス 捕手:梅野
本塁打
巨人:大城2号ソロ、長野4号2ラン
阪神
GAORA にて観戦 解説:狩野恵輔 実況:堀江良信
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
甲子園で行われた阪神タイガースとの11回戦。巨人は阪神先発・小野の立ち上がりを攻め、亀井の適時打で先制すると、二回には大城のソロ本塁打でリードを広げた。一方、巨人先発の田口は二回に同点に追いつかれると、三回、四回にも1点ずつ失うなど五回まで投げて被安打10、4失点だった。五回以降は両軍ともチャンスをつかめずスコアボードにゼロが並ぶが、均衡が破れたのは八回、巨人は長野に2点本塁打が飛び出し、4対4と同点に追いつく。しかし回をまたいで登板した4番手の澤村が九回にサヨナラヒットを浴び、5対4で敗戦。巨人は3連敗で、リーグ4位に後退した
(http://www.giants.jp/G/result/201805261index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はあっち行ったりコッチ行ったりの流れの中で、最後に阪神に持ってかれた

ってゲームだった

先に先制して「今日はイケる!」って思ったのに、あっさり吐き出し、さらには追い越されて阪神のターンのまま終わるかと思いきや、8回の長野の2ランで追いついた時は、流れとしては「もらった!」って思ったものの・・・

最後はサヨナラ負け

序盤からもう少し点を取れたと思うし、守備のミスも防げたと思うし、継投ももう少し何とかなったんじゃないか?とちょっと後悔の念がよぎる敗戦だった


まずは先発の田口

完全に敗戦投手になるところを長野に救われた形になったけど、味方が先制してくれたものを簡単に吐き出しちゃうのは反省。4月上旬の時点で早めに2軍で調整させた方が、結果的にチームにとって良いとココに書いたけど、なんだかんだ味方の援護に救われたりしながら、勝ったり負けたりを繰り返し、結局、調子が上がらぬまま今に至ってしまってる。

こちらが田口に求めるのは左のエースとして、相手が田口が登板すると聞いた時点で、勝つのは難しいと思わせる存在であって、勝ったり負けたりとか、打線に救われてとか、追い込むまでは良いけど、肝心なところで甘く入る・・・なんてのが見たいわけではない

今年は去年よりも打線の状態が良いので、何とか勝ちも拾えているけれど、去年並みの打線だったら1勝できていたかどうか…この先、Aクラス、(個人的には難しいと思ってるけど)優勝を狙うのであれば、左右のエースがしっかりとチームを支えることは不可欠になるので、今からでも遅くないから、抹消して10日間で作り直すってのも、今なら決して回り道では無いと思うので、由伸監督には前向きに検討(だけでもいいから)してもらいたい

プロ入りして一番かもしれない壁に当たっている感じだけど、これを乗り越えた先に、さらにレベルアップした田口がいるはずなので、とにかくもがいて、成長してくれることを望む


一方で阪神の先発の小野は、改めて良い投手だな

スリムな体型ながら糸をひくようなキレのあるストレートを右打者のアウトロー、左打者のインコースに投げるあたり、畠を思い出した。カーブも有効だったし、四球連発で崩れるようなこともなかった。

 

立ち上がりに1点プラス1点じゃなくて、もう少し取れていれば阪神ベンチも早めの継投を考えただろうし、田口がもう少し粘れていれば、こちらに有利な展開でゲーム終盤まで持って行けたと思うと、攻撃面でもちょっと苦情を言いたくなるところ(汗)

阿部を四番先発で使うことはファンの間でも賛否があるようだけど、私としてはどちらかというと肯定派。ゲレーロ、マギーがしっかり結果を出しているなら話は別だけど、現状では仕方ない部分もあるし、なんだかんだ言って、相手だって嫌だろうと思えば、出す価値はある。

ただ、今日の阿部は事前のデータと違って、阪神バッテリーが上手くカーブを中心に攻めたことがハマって、ソコから先、阿部のタイミングがすっかり狂ってしまった感じ
5回のPゴロは抜けていれば一気にチャンスが広がったので、あれを取られた時点で、今日の阿部にはツキも無かった日だったなと・・・


それとやはり澤村の回跨ぎかな?

下位打線というのもあるけど、8回をキレイに三者凡退で終わらせたことで、急遽次も・・・ということになったのか、最初から2イニング行かせる前提だったのか不明だけど、結果としてはそれがサヨナラに繋がってしまったのは否めない。

最悪延長12回までって事を考えるなら、9回を澤村に頑張ってもらい、残りの3イニングをマシソン、カミネロでって考えもわからなくはないけれど、それまでに決着をつけるつもりで1人1イニングでピシャリと押さえさせて、打線へのリズムを作ってほしかったなという気持ちが強い


負けてしまったものは仕方ないけど、昨日につづいての1点差での敗戦は、結構堪えるし、接戦に弱いイメージがついてしまうのも、選手が変にプレッシャーを感じてしまうので空気的に良くない

去年失速した原因の一つが交流戦なので、気持ちよく交流戦を迎えるためにも、せめて明日は勝ってもらいたいが、この連勝で阪神ベンチの空気も良くなってるし、対戦成績も詰まってしまうので、中継ぎ総動員も視野に入れて、何とか適材適所で勝利してもらいたい


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/