「ジャイアンツ愛」5/25 巨 0-1 阪 → 色んな意味でもったいなかった試合だったなぁ

巨人 0-1 阪神 → 対 阪神 7勝3敗0分 甲子園球場

勝利投手:岩 貞 5試合 3勝 1敗 0S
セーブ :ドリス 18試合 0勝 1敗 15S
敗戦投手:菅 野 9試合 5勝 3敗 0S
・投手リレー
巨人:菅野 捕手:小林
阪神:岩貞→桑原→ドリス 捕手:梅野
本塁打
巨人:
阪神:糸井8号ソロ
NHK BS1 にて観戦 解説:小久保裕紀 実況:冨坂和男
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
甲子園で行われた阪神タイガースとの10回戦。序盤、巨人打線は毎回のように好機をつくりながらも先制点を奪えない。一方の先発の菅野は四回までパーフェクトの快投をみせ、両軍無得点のまま試合が進む。だが五回一死、菅野は糸井にこの試合初の被安打となる右越えソロ本塁打を浴び、1点を先制される。菅野は六回無死三塁、七回一死二塁のピンチも踏ん張り、追加点を許さない。何とか菅野を援護したい打線だったが、阪神投手陣に封じられ、反撃の糸口をつかめないまま試合は終盤へ。九回はマギー、代打・阿部の安打で二死一、二塁の同点機をつくったが、最後は代打の亀井が三振に倒れ試合終了。巨人は打線にあと1本が出ず、今季5度目の零封負け。8回を1失点で完投した菅野を援護できず、交流戦前最後の3連戦初戦を白星で飾ることはできなかった
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201805251index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はまぁ表題の通り

唯一の失点だった菅野の被本塁打も、ボールが先行したために、ストライクが欲しくて投げたスライダーがス~~~っと真ん中近辺に行ってしまった。
ストライク先行だったら、あんなコースに投げてないだろうし、あとボール1個分低ければスタンドまでは届かず、フェンス直撃くらいで済んでいた

甲子園ということもあって、スタンドまではいかないだろう(事実、菅野はコレが甲子園での初被本塁打だとか?)という気持ちが、ボールに乗り移っちゃったかなと…

魔が差したといえばそうだけど、8回まで投げて2桁奪三振、失点1のピッチャーを責めるのは余りにも酷なんで、そりゃね、菅野だってそういうことあるよ、くらいで留めてあげないといけないくらいのナイスピッチングでした


一方の岩貞も粘りのピッチングと評されてましたが、まさにその通り

ランナーを出しても、決してホームは踏ませないという点で、とても素晴らしいピッチングだったと思います。8安打しながら1点も取れなかった巨人打線が悪いわけですが、だからといって打線だけを責めるのではなく、ピンチの場面でギアが入って、ギリギリのところで良いボールを投げていた岩貞の気合は素直に脱帽しないといけませんね


ただ、チャンスでことごとく打てなかったゲレーロや、2度のチャンスで打てず、何でもない2アウトからヒットを打った小林に「打つなら、ココじゃねーだろ!(笑)」ってテレビの前で突っ込んだり、亀さんココで打ったらメッチャヒーローだったのに!って叫んだり・・・・あと一歩のところで、何とかなりそうだったのにダメだったもったいないゲームでした


年間143試合もやってれば、エースが素晴らしいピッチングをしているのに、ほんの一瞬のスキをつかれて取られた点が、最後まで重くのしかかるなんてゲームは、まぁ無くは無いので、しょうがないにしても


交流戦前、最後のカードの初戦でやられたってのが、何か残念だなと


かといって、ゲレーロがチャンスに弱いから、打順を変える?それとも控えに回す?って言われれば、それはそれで難しい。陽岱鋼が戻って来たけど、左の岩貞相手でも亀井をスタメンで使う?って言われたら、それもまた違う気もする

調子が戻りそうで、まだもがいているマギーをやっぱり残して、阿部をスタメンで起用するのが正解か?となっても、それもまた微妙


結局のところは、各選手が与えられた場面で、いかにして仕事をするか、個々のレベルをさらに引き上げるかにかかっているという点で、今日は「もったいない」場面が多い試合ではあったけど、これもまたちゃんと受け入れて、克服しなければいけない今シーズンの課題なんだなと前をむくしかないですね

チーム打率トップで、得点もトップ、失点、防御率も良くはないけど一応平均点は取っている状態で、首位に5.5ゲーム差をつけられているのは、接戦で勝ちきれていないということの証明。勝ちパターンの投手たちの登板数が少ないのもそうだし、色々とモヤモヤしたものがあるのが現状


でも、じゃあ、このままうだつが上がらないまま終わってしまうのか?と言われれば、まだまだ伸びしろはある状態だと思っているし、ここからが正念場第1弾だと思えば、気は引き締まってゆく

そもそも、開幕前は交流戦までは5割キープでOKと言ってた手前、今の状況は決して悪くない、ちょっと広島が走り過ぎてる感があるだけで、まだ巻き返しのチャンスは十分にある。

相性の良い相手に初戦でエースが負けてしまったので、多少の落ち込みはあるけれど、明日、明後日勝てばいいだけ。下を向いてもしょうがないので、明日は

「田口、完全復活!」

みたいな見出しが紙面を踊るような活躍をしてくれると、信じて応援することにしましょう!


とりあえず、今日のことは飲んで忘れて明日に期待しよ!っと(笑)


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/