「ジャイアンツ愛」5/9 巨 3-1 阪 → 先制からの逃げ切り、結果は悪くないが・・・

巨人 3-1 阪神 → 対 阪神 6勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:吉川光 6試合 2勝 2敗 0S
セーブ :カミネロ 8試合 0勝 0敗 4S
敗戦投手:メッセンジャー 7試合 5勝 2敗 0S
・投手リレー
巨人:吉川光→澤村→マシソン→カミネロ 捕手:小林
阪神メッセンジャー→マテオ→才木 捕手:梅野→原口
本塁打
巨人:亀井3号ソロ
阪神
日テレG+ にて観戦 解説:山本浩二 実況:田辺研一郎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京ドームで行われた阪神タイガースとの8回戦。巨人は初回、阪神先発・メッセンジャーの立ち上がりを攻め、四球で出た吉川尚の盗塁などでチャンスを作り、岡本、亀井の連続適時打で2点を先取する。一方、巨人先発・吉川光は、五回まで1失点と粘りの投球を見せるが、六回無死から2者連続で四球を与え、一、二塁のピンチを残して降板。2番手の澤村が、このピンチをしのぐと、その裏、亀井が貴重な追加点となる3号ソロ本塁打で3-1とリードを広げる。七回以降は澤村、マシソン、カミネロとリリーフ陣が、走者を出しながらも無失点でつないで逃げ切り、貯金を「1」とした
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201805091index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前夜はこちらのミスなどもあって主導権を握られ、痛い敗戦をしたが、今日は相手のミスでいきなりチャンスメークしてからの、岡本、亀井のタイムリーで先制出来たのが大きかった

メッセ相手にはいつも苦戦するのだが、でも何故か通算成績ではメッセに勝ち越しているという不思議。その相性の良さだけが頼みの綱だったんだけど、何とかモノに出来てホッとしているというのが今日の率直な感想


吉川光は惜しかったなぁ・・・普通なら6回の頭から代えられるパターンだったけど、由伸監督からチャンスをもらったのに、2者連続の四球とは残念。この回をピシャっと押さえることが出来、100球を越えてもイケルということが表現できていれば、信頼もまた得られたのだが、結局は5回までの投手というレッテルを剥がすまでにはいかなかった

とはいえ、4、5、6回と先頭を出す形になった(正確には7、8回もだが)上で、1失点で済んだのだから、阪神の今日は不調だったクリーンアップに感謝すべきか?ストレートは走っていたし、変化球もまずまずだったので内容的には悪くないけど、これが広島打線だったら?と考えると、まだもうひとつレベルアップはほしいところ

しかしながら、何とか2勝目を勝ち得たので、苦言はこれくらいにしておこうかな
次回は鹿児島でのヤクルト戦になるかと思うが、右の強打者が多いヤクルト相手に今日のようなピッチングが出来れば、また評価も変わってくるかもしれないので、頑張ってもらいたいなと思う


4番復帰したマギーだけど、正直なところまだ本来のスイングでは無いと思うので、1試合だけでなくしばらくは阿部でも良かったのではないかと思う。もしくは、思い切ってマギーと岡本を入れ替えて5番を打たせてみるとか?
現状ではゲレーロの方が状態は良いので、3-4番を入れ替えるのでも悪くない、いずれにしても4番に置いておくと、今の状態から抜け出すのに時間がかかりそうなので、気分転換は必要かなと思う


それと今日は亀井かなぁ~
ここのところ調子が落ちたようにも見えて、そろそろ確変期も終了か?と思っていたところでの今日の殊勲打。本当に読めない選手というか、頼りになるというか、わからんわ・・・(あ、これ一応褒め言葉ね(笑))
亀井、長野はネームバリュー的にはクリーンアップを打っておかしくない選手なので、この二人が後ろにいるというのは、相手バッテリーからしたら嫌だろうな。小林も含めた下位打線がチャンスメークすることが、大量得点のキーポイントではあるので、クリーンアップに当たりが出れば、また打線が爆発するはず。今日のような好投手相手の場合は、中軸が押さえられている分、彼らが打ってくれるという形を作って、日によってどこからでも点が取れるというパターンがキープ出来れば、大連敗はしないと思う
(昨日のように相手投手が良すぎて全員がダメ・・・というのは仕方ないにしても)


ただ、小林はちょっと疲れてるかな?
今年はスイングスピードがあがって、打球が鋭くなったのが好調の要因だと思っているけど、ここのところ打球に力が無くなってきた。去年と違って三振が多いわけではないので、調子そのものは落ちていないと思うけど、スイングに力が無くなってきた分、つまらされている感じ。先日の大城スタメンのように、週のうち1~2試合をスタメンから外すだけでも疲労度は違うだろうから、そのへん上手くやりくり出来るとイイ

個人的には菅野の時は小林で決まり、みたいな感じになっているけど、むしろ大城と菅野を組ませることで、大城自身のレベルアップにも繋がると思えば、そういう組み合わせだってアリなのではないか?と思わなくもない
(菅野なら大城をもリード出来ると思うし、大城の配球などに関する価値観もまた変わるかもしれない)


いずれにしても、この3連戦、勝ちを計算していた山口俊で負け、メッセ相手でこりゃ連敗かな?と思っていたので、勝利出来たのは大きかった。
明日は今季初登板の内海
フォームに修正を加え、ファームではしっかりと結果を残してたし、そのファームのゲームを見る限りはストレートにキレが戻っているように見えた。
本人としても、このままくすぶって終わるつもりはないだろうし、並々ならぬ意気込みでマウンドに上がるだろうから、どういうピッチングを見せてくれるのか楽しみ
若い投手の台頭に期待したい気持ちもあるが、内海に復活して欲しいという願いも同じくらい持っているので、何とか勝利を手にして欲しいなと思う
(今日負けてたら、ただただ不安で、そんな気持ちでは見れなかったかもしれん(汗))

 

追記

大事なこと忘れてました・・・澤村!よく押さえてくれました

多少、不安な面も見せましたが、今シーズンはとにかく低めを意識して投げれているのがイイ。福留を三振にとったスプリットは最高で、あれを安定して投げられるようになれば、再びストッパーを任せたいくらい。ストレートの制球が安定し、テンポが上がればもっと楽に押さえられるようになるでしょう

予定よりも少し早く上がることになったとはいえ、彼のピッチングが無ければ、今日の勝利は無かったので本当に助かった


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/