「ジャイアンツ愛」5/3 巨 2-3 広 → こういうゲームを取れるかどうかが今シーズンのカープとの戦いに重要

巨人 2-3 広島 → 対 広島 1勝4敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:岡 田 5試合 4勝 0敗 0S
セーブ :中 崎 16試合 0勝 0敗 11S
敗戦投手:マシソン 6試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:吉川光→澤村→マシソン 捕手:小林
広島:岡田→中崎 捕手:會澤
本塁打
巨人:
広島:鈴木3号ソロ
TBSチャンネル1 にて観戦 解説:川口和久 実況:清原正博
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの5回戦。巨人は二回、2つの四球で一、二塁の好機に小林の2点二塁打で幸先よく先制する。先発・吉川光は二回に鈴木にソロ本塁打を浴びるものの、安定した投球で5回を1失点で切り抜ける。しかし、後を受けた澤村、マシソンがそれぞれ1失点と期待に応えられず、2対3と逆転を許してしまった。一方の打線は三回以降、相手先発・岡田を打ち崩せず、最後は守護神・中崎に締められ試合終了。救援陣が踏ん張れず巨人は2対3で逆転負けを喫し、2連敗となった
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201805031index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3~4点は覚悟していたゲームなので、3失点は正直なところ想定内
今日に関しては、3安打しか出来なかった打線が残念だったことと、岡田が非常に粘り強く、的の絞りづらいピッチングをしていた・・・というゲームだったように思う


思えば、去年も中盤まではリードしていながら、終盤に集中打を浴びたり、僅かなスキを見せたところに漬け込まれたりして、敗戦を増やしていった記憶がある

2-1とリードしていながら、常につきまとう不安のようなものが、ベンチ内に蔓延していると言うか、見ているこっちも感じているというか・・・やはり広島は強い相手なんだということを感じたゲームだったと思う


そもそも、この3連戦に関しては山口俊のところで何とか勝ちを拾い、残り2戦は敗戦でも仕方ないという思いがあったので、初戦を落とした時点で、広島にとっては負けても首位はキープ、巨人にとっては負けたら4ゲーム差という気持ちの面でのプレッシャーもあったか・・・
移動を含む9連戦という厳しい日程の中、昨日のゲームが雨で流れ、体力面では多少の回復は出来たのではないかと思うし、スライド登板となった吉川光は私の予想以上に踏ん張っていたと思う


注目点は澤村にスイッチしたところが正解だったのかどうか?ってことが1つありそうだけど、あのまま吉川が投げれば3回り目に捕まっていた可能性もあったわけで、正直なところ交代が失敗だったとは言い切れないし、個人的にはさらなる失点も覚悟していた中、最小失点で押さえたところは評価してあげたいなと思っている
(もちろん、勝ちパで登板するわけだから、無失点で終わってほしかったけど)


チャンスらしいチャンスが2回と6回しかなかったので、岡田相手にいいようにやられてしまったという見方も出来るし、6回のチャンスにゲレーロ、マギーが倒れてしまったので、今日は機能していた広島のクリーンアップとの差が出てしまったのだと諦める

(ついでに言うと、一昨日もそうだけど田中広輔にビビりすぎ)


ただ、それだけではこの先も勝てない

相手がスキを見せた時の集中打は、ここまで巨人も出来つつあるので、相手の良いところは素直に見習って、さらにスキを出させるような嫌らしいプレーまで出来るように、まだまだチームとして課題はあるなというのが見えただけで、(負け惜しみだけど)収穫があったということにしよう
(3点目も守備のミスだし、そういう細かいところでのミスがこういうゲームでは大事になる)


で、移動してからの明日からはDeNAとの3連戦

3連敗はさすがに流れが悪くなるので、まずは菅野でキッチリと初戦を取って、最低でも2勝1敗で終わりたい
来週はホームでの6連戦になるので、そこで再度、勢いをつけるためにも週末の3連戦は気持ちよく終わって次に備えたいなと思う

ってことで・・・

今日は敗戦したので、嫌なことを忘れるためにも
アッサリと終了したいと思います(笑)


さ、これから録画していたファームのゲームを見て、和田恋のホームラン見てすっきりしよっと!(笑)

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/