「ジャイアンツ愛」4/25 巨 20-4 中 → 今年はこういうゲームが1試合でも多く見れるとイイな…

巨人 20-4 中日 → 対 中日 4勝1敗0分 群馬県立敷島公園野球場

勝利投手:吉川光 4試合 1勝 2敗 0S
セーブ :中 川 3試合 0勝 0敗 1S
敗戦投手:大野雄 1試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:吉川光→宮國→中川 捕手:小林→河野
中日:大野雄→笠原→三ツ間→谷元→祖父江 捕手:大野奨→木下拓
本塁打
巨人:坂本1号3ラン、岡本5号2ラン
中日:大野奨1号ソロ、高橋1号ソロ
日テレG+にて観戦 解説:山本昌 実況:上重聡安藤翔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前橋で行われた中日ドラゴンズとの5回戦。巨人打線は初回、先頭の坂本の通算300本目となる左翼線二塁打から一死三塁の好機を作り、ゲレーロの中前適時打で先制に成功した。ゲレーロは三、四回にも適時打を放って序盤から試合を優位に進める。五回には坂本の1号3点本塁打、岡本の5号2点本塁打が飛び出すなど打者一巡の猛攻で8点を奪うと、六回にも打者一巡の猛攻で7点を加え、球団63年ぶりとなる1試合20得点を挙げた。先発の吉川光は5回2失点で今季初勝利。巨人は打線が爆発して今季初の5連勝、勝率5割に復帰した
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201804251index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、何を書こうか・・・(笑)

17安打で20得点だから得点効率は非常に良かった。
キャプテンが3ランを含む3安打4打点
新加入の3番が猛打賞で4打点
4番が2打点
未来の4番が2ランを含む猛打賞で3打点

えっと、これで文句を言ったらバチがあたりますね(笑)

ツッコミどころがあるとしたら、吉川尚にももう少し存在感をアピールしてほしかったくらいでしょうか?現時点で1番坂本の出塁率 .419 に対して .289 は足のある選手としてはちょっと低すぎる。四死球も5個、犠打も2個、盗塁が3個というのは、攻撃面に関しては期待に応えられてないです
(ってか、坂本の得点圏打率 .429 がスゴすぎ)

守備面での貢献度は評価高いので、今のところはそこで相殺している感じですが、チームが打てないバイオリズムに入った時も今の状態だと、田中俊と先発を交代する場面も出てくると思うので、慣れないことだらけで疲労もあるだろうが、GWでの9連戦では存在感を見せて欲しいところ


昨日が攻めきれず、少ないチャンスをモノにして勝利した内容だっただけに、今日の63年ぶりの大爆発はテレビの前で大興奮!隣で見ていたカミさんは「もう勝ったも同然なんだからチャンネル変えたら?」と言う始末(汗)
点はいくら入っても嬉しいもの、今日の客席にいた巨人ファンはタオルを回しすぎて、今頃 腱鞘炎か筋肉痛になっているのではないかと・・・


先発の吉川は、本来なら監督の言うように、もう少し長く投げてほしかったけれど、今のところ中継ぎも酷使してないし、宮國が非常に安定しているので、勝利投手の権利をもったところで代えてあげるのは悪くなかったと思う。結果的に勝ちがついたことで、次はもう少し楽な気持ちになれるだろうし、中盤に大量得点したことで勝ちパも注ぎ込まずに済んだ。
(2日空きもあるし)


これで5連勝!借金も返せて、気持ちも新たにGWの9連戦に向かうことが出来る
いずれまた落ち込む日も来るんだろうけど、今日の20得点は選手たちが自信を手に入れるきっかけになったと思うし、たとえ劣勢になった時でも、今日の結果を胸に秘めておけば、「絶対に逆転できる!」って想いをもって戦うことが出来ると思う

そういう視点で見ると、今日の怒涛の攻撃は単なる一勝以上の勝ちをチームに与えたんじゃないかと思えて、その成果がこれから先、見れるかもしれないという期待が高まってくる


とはいえ、ぬか喜びは出来ないな

週末からは、負け越ししているチーム、ヤクルト、広島、DeNAとの3連戦x3が始まる。特に後ろの2カードはビジターでの戦いになるから、今日のようにゆかないことは明白。
ただ、逆に考えれば、この3チームに勝ち越す事ができれば、チームが大きく浮上するきっかけにもなるわけで、個人的には前向きに考えたい

そのためにも、ホームでやる最初のヤクルトとの3連戦は、3連勝するつもりで戦い、最低でも勝ち越すことが必須。
菅野、田口、野上のローテで始まり、さらにその3人で9連戦を終えることになるのではないかと思うけれど、特に菅野と田口が勝てるかどうか、この2人の2度の登板を全て勝利することが出来れば、野上、山口のどっちかで勝てば勝ち越せるという計算も立つ


今の良い雰囲気を保ったまま、如何にしてヤクルトと戦うか

最初のカードがキーワードになりそうだ

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/