「ジャイアンツ愛」4/24 巨 3-1 中 → 小林首位打者に(汗)いつまで続くかがキーに?

巨人 3-1 中日 → 対 中日 3勝1敗0分 長野オリンピックスタジアム

勝利投手:山口俊 4試合 3勝 0敗 0S
セーブ :
敗戦投手:柳 4試合 1勝 3敗 0S
・投手リレー
巨人:山口俊 捕手:小林
中日:柳→伊藤準→三ツ間 捕手:大野奨→松井雅
本塁打
巨人:
中日:平田2号ソロ
日テレG+にて観戦 解説:立浪和義 実況:平川健太郎蛯原哲
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長野で行われた中日ドラゴンズとの4回戦。3連勝中の巨人は先発の山口俊が二回、平田のソロ本塁打で先制を許すもその裏、打撃好調の岡本の安打を足がかりに二死一、二塁と好機を作り、立岡の右前適時打で同点に追いつくと、山口俊にも勝ち越しとなる左前適時打が飛び出し2対1とすぐさま逆転に成功する。さらに四回にも二死満塁と再度、中日先発の柳を攻め立てると、坂本が押し出し四球を選び、3対1とリードを広げる。山口俊は二回以降立ち直り、六回には3者連続空振り三振を奪うなど中日打線につけ入る隙を与えない。八回まで2安打1失点の山口俊は九回もマウンドへ。二死からアルモンテに安打を許すも無得点に抑え、3対1で逃げ切った。2試合連続完投勝利となった山口俊の投打に渡る活躍で雨中の試合を制した巨人は今季初の4連勝を飾り、3位に浮上。この日2安打を放ち、規定打席に到達した小林がセリーグの打率ランキングのトップに躍り出た
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201804241index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

星野仙一氏に続く、衣笠氏の訃報(私の想いは別記事でアップしてます 

http://ming-giants.blog.houyhnhnm.jp/entry/2018/04/24/161339

)でどうにも筆が重い・・・・悶々として、今日のレポートも遅くなってしまった


3連勝してなかったら、雨で流れたほうがリセットできる?なんて邪な考えが頭をよぎったけど、長野県のファンのことを考えたら、ゲームを開始できて本当に良かった

由伸監督は出来ればあと1~2点取れていたらって言っていたけど、逆にその後、どっちかに追加点が入っていたら、試合が動いてどうなるかわからなかったかもしれないから、個人的には少ない点差が山口の気持ちを引き締めていたって前向きに考えている

中日目線で見れば、もう少しやりようがあったのに!という惜しい試合だったし、相手にそう思わせる試合だったという点で、大量リードで一方的に勝つよりも価値があったと思う


今日は上位打線が振るわなかった日だったから、下位打線で奪った得点が目を引いたけど、そうそう毎試合うまく事が運ぶわけではないから、それはそれでイイ。
今日、4打席こなせば規定に到達する小林が注目されていたので、その中で2安打放った小林を今日は無条件で褒めてあげたい

こうなると、他球団も小林に対して色々と考えてくるだろうけど、今の小林は土台がしっかりしていて、コンパクトにシャープなスイングが出来ているので、それさえ心がけている限りは、少なくとも調子が落ちても去年と同じような成績に落ちることはないような気がする。
(確かに今は出来すぎだけど(笑))

まぁ、いくら警戒しても7番、8番を打っている限りは、バッテリーだってクリーンアップと同じ気持ちでは投げられないわけで、もし仮にシーズン終わった時に、小林の打率が .250くらいだったなら確実にチームはAクラスに入っているはず
本当は去年、それを求めていたけれど、1年遅れでも今年に期待できる存在になった分、去年打てなくてチームがBクラスになったことが、この飛躍の一旦を担っているのなら、決して意味のない昨シーズンでは無かったなと思える(というか、思いたい)。

その期待をさせるほど、今のバッティングは単なる「調子が良いだけ」ではなく、根拠のあるバッティングなんだと言うことを見せてくれているような気がする
(かえすがえす、阿部と松井に感謝 m(_ _)m)


知り合いの他球団ファンから「岡本なんて阪神専用だろ?」と今日ツッコまれたのだが、その言葉を打ち消すように今日は2安打してくれて、とても嬉しい
得点にもしっかり絡んだし、吉川尚も最終打席で1本打って、何とか一日一善をしてくれた。正直なところ、彼ら二人がまだ先発メンバーであることを結果と内容で掴み続けていれくれることが、我々ファンのモチベーションの一つになっているので、何とかシーズン終盤までしがみ続けて欲しいと願っている


先発の山口俊は、前回の完投のときも、菅野っぽい!って思ったけど、今日も悪天候の中、集中力を切らさずに良いボールを投げていたと思う。小林のミットを大きく外す場面も少なかったし、DeNA時代と比べてもキレ、制球力が増している。
すでに菅野を超える2完投をしているわけで、現時点ではマイコラスの抜けた穴を埋めてくれていると言ってもイイ
山口に関しては、ファンの間でも思うところは色々とあると思うけど、今年一年かけて完全に払拭してくれる活躍をしてくれれば、風向きも変わるだろうし、本人もそのつもりで頑張っているだろうから、去年があったから今年があると思わせてくれるようなピッチングを今後も見せてほしいと思っている


これで、菅野、田口、野上、山口と本来計算していたピッチャーで4連勝をすることが出来た。チームとしては、これでやっと思い描いていた形が作れたわけで、借金もあと1つ。首位の背中がやっと見えるところまで来たので、今の良い雰囲気のままGWに突入して去年とは違うところを見せてくれたら・・・

見ているこっちもテンションがあがります


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/