「ジャイアンツ愛」4/8 巨 4-7 ヤ → 神宮で勝てない…の悪夢ふたたび?

巨人 4-7 ヤクルト → 対 ヤクルト 0勝3敗0分 神宮球場

勝利投手:中 尾 4試合 1勝 0敗 0S
セーブ :カラシティー 5試合 0勝 0敗 3S
敗戦投手:野 上 2試合 1勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:野上→澤村→宮國 捕手:大城→小林
ヤクルト:山中→中尾→石山→カラシティー 捕手:中村
本塁打
巨人:大城1号ソロ
ヤクルト:バレンティン3号2ラン
フジテレビONE にて観戦 解説:江本孟紀 実況:谷岡慎一
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの3回戦。巨人は、新人・大城のプロ初となる同点本塁打など、2度、同点に追いつく粘りを見せたが、六回、七回に突き放されて、3連敗となった。巨人先発の野上は初回、無安打で先制を許す立ち上がり。三回に大城のプロ初本塁打となる右越えソロで同点とする。しかし野上はその裏、西浦の適時打とバレンティンの左越え2点本塁打で3点のリードを許す。打線は四回にマギー、岡本の適時打、そして亀井の左犠飛で再び試合を振り出しに戻す。同点で迎えた六回、野上は先頭の荒木に左中間二塁打を浴びたところで降板。2番手・澤村が犠飛で勝ち越しを許すと、七回にも2点を追加され4-7で試合終了。同一カード3連敗を喫した。勝率も5割を割って借金1となった
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201804081index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さすがに3連敗の時のレポートは書く方も気が萎える

7点取られても8点取れる打線があれば、防御率はあんまり気にしなくてイイんだけど、去年の巨人は菅野・田口・マイコラスを軸とした先発投手陣とマシソン、カミネロの後ろで何とか守り切る野球をして、少ない得点を守りきる野球をしてきたわけで、そこが壊れてしまうと、そもそもの土台が揺らぐ

もともとケガ人さえいなければ、広島に匹敵する攻撃力を持っているヤクルトが、青木という心強い先輩が帰ってきて、さらに若手も躍動している状況なので、あきらかに去年とは違っているのは確かだが、それにしても打たれすぎ

プロ野球ニュースでも、大城のキャッチングとスローイング、小林のリードについて、谷繁氏と大矢氏に苦言が呈されてたけど、とはいえ、キャッチャーの意図通りに投げられない投手側にも問題がある。

そのへんは、これからバッテリー間、コーチとのコミュニケーションでも修正はされてゆくだろうし、投手たちもわかってはいるだろうから、徐々に精度は上がってゆくだろうし、リズムもつかめてくるとは思うけど、少しずつ打線の流れは良くなりつつあるので、焦らずに守備力の向上をもう一度、見直して欲しいなと思う


それにしても、今年のヤクルトは強い

先発投手陣に問題はあるし、この2戦、頑張った中継ぎ陣だって若手がいるから、1年通じてどうか?ってのはあるけれど、攻撃力と走力に関しては、現時点では巨人を上回ってる。

広島のリーグ2連覇をうけて、各チームが右へならえとばかりに、若手の底上げと、振り込みによる攻撃力のアップ、さらには足を使った積極的な走塁に力を入れていて、巨人も遅ればせながら昨年の秋から取り組んできた

それらの結果がハッキリと出るのは夏場を過ぎたくらいからじゃないかと思っているので、現時点ではまだ各チームが様子見の中、手探りをしているに近い状態

段々と今年の各球団の戦い方が固まってくると思うけれど、巨人としては左右のエースがシャッキリしないことで、不安なスタートとなっている感じ

(上原の存在がそれをかろうじてかき消してくれているけど・・・)


まぁ、ビジター6連戦を勝ち越せるなんて甘い考えは持ってなかったけど、昨年、自分たちより下位だった2球団が、予想以上に立て直しつつあることを肌で感じ、今シーズンは優勝どころかAクラスに入ることも大変なシーズンになりそうだということがわかったという点で、収穫があったと負け犬の遠吠えを残しておきたい(汗)


表ローテで3連敗、しかも神宮でってのは、過去の”神宮で勝てない”という嫌な記憶を呼び起こさせるけれど、そんなことを経験していない若武者たちには関係ないので、いま、結果が出ている選手たちはとにかく前を向いて頑張ってほしいなと思う


個人的には、自主トレを菅野と同行した宮國に今シーズンは期待しているので、このまま1軍にいつづけて、ローテに問題あれば、すぐにその輪の中に入ってゆけるくらいまで信頼を勝ち取って、今までとは違う姿を見せてくれたらいいなと思います


目先の勝利に囚われて、ベテラン頼みのオーダーに趣旨替えしたり、コロコロと日替わりでクリーンアップをいじるようなことさえなければ、私は良いと思っているので、シーズンの序盤で課題が見えている今を前向きに捉えたいと思います


(明日の早朝の大谷の登板が気になって…心ここにあらず(笑))

 

追記

オオタニサン!がすごすぎて、この6連戦の敗戦でも期限が良いのは私だけではない・・・はず(笑)

(今夜の週刊ジャイアンツで現実に戻ろうかな)

 

管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/