「ジャイアンツ愛」4/5 巨 3-2 中 → 2カード連続勝ち越し!でも不安は…ある

巨人 3-2 中日 → 対 中日 2勝1敗0分 ナゴヤドーム

勝利投手:大 竹 1試合 1勝 0敗 0S
セーブ :カミネロ 3試合 0勝 0敗 2S
敗戦投手:松 坂 1試合 0勝 1敗 0S
・投手リレー
巨人:大竹→澤村→マシソン→上原→カミネロ 捕手:大城→小林
中日:松坂→伊藤準→祖父江→岩瀬→鈴木博 捕手:大野奨
本塁打
巨人:
中日:
JSPORTS 2 にて観戦 解説:鈴木孝政金村義明 実況:熊谷龍一
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの3回戦。巨人は初回、先頭の立岡の内野安打と盗塁などで一死一、三塁とし、ゲレーロの移籍後初打点となる左前適時打で先制する。しかしその裏、先発の大竹が一死三塁からアルモンテに左翼線二塁打を許し追いつかれる。打線は三回、吉川尚、坂本の連打と四球で無死満塁のチャンスを作ると、マギーの併殺打の間に1点、さらに敵失で2点を勝ち越す。初回以降立ち直った大竹は、5回1失点の好投で、マウンドをリリーフ陣に託した。六回は、澤村が登板。3連打を浴び1点差に詰め寄られ、なお一死満塁のピンチ。しかし、大野奨を二塁併殺打に打ち取り、踏ん張った。七回はマシソン、八回は上原、九回はカミネロが登板。カミネロは二死一、二塁のピンチを背負ったが、京田を投ゴロに打ち取り、逃げ切った。大竹は今季初勝利。チームは立岡の3盗塁を含む4盗塁と起動力を発揮して松坂を攻略、開幕から2カード連続の勝ち越しとなった
Yomiuri Giants Official Web Site
(http://www.giants.jp/G/result/201804051index.html)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

陽岱鋼のアクシデントで、外野を厚くしなければいけないというのもあり、山本、辻が抹消されたのは仕方ない。ひょっとして石川あたりあげてくるかな?(彼がいるとベンチ盛り上がるし)と思ったけれど、ここはベテラン亀井の登場

吉川、田中俊を今の時点で下げたくはないので、まぁ妥当なところか…山本、辻も悪くないので下で結果を残して、もう一度上がってきて欲しいなと思う
(ファームが好調なので、これでこの二人が戻ったら、さらにファームも元気になりそうだけど)

その亀井もいきなりの初先発だったので、ノーヒットはしゃーない。4打席目のセンターフライは良い感じだったし、とにかく左バッターが少ないので、できれば結果も残しつつチームに貢献してもらいたいなと思う


さて、今日は松坂の登板ということで、予想通り来場者は多く、昨日までとはちょっと雰囲気が違う。我々の世代にとっても特別な選手だから、上原との投げ合いは見れないにしても、同じマウンドに立つ姿が見れるかも?ってだけで、ちょっと胸が熱くなる


試合としては3点しか取れなかったし、勝利のきっかけとなる3点目はエラーで貰った点なので、なかなか素直には喜びづらいところではあるけれど、今は少しでも貯金を増やしてチームに余裕を作り、若手を起用しやすい状況を作ることが大事だから、これはこれでいいと思う

まだ爆発していないクリーンアップも、今日はゲレーロに打点が生まれ、3人共がノーヒットで終わること無く終了出来たし、ちょっと前が出来すぎだっただけで(主に岡本の活躍)、内容的には悪くない。

昨日の坂本の盗塁でチームも思い出したか、今日は足も使えていたし、去年は2点目、3点目が取れずに負けを繰り返していたことを考えれば、結果も内容も変化している

広島が開幕から調子良すぎて、開幕2カードにして焦りを感じなくも無いけれど、昨オフから取り組んできた振りこみの結果が出るには、まだ時間がかかるでしょう、っていうか、そんな簡単に効果が出るなら苦労はしない(笑)

2度めの先発マスクの大城も2安打と結果を残して監督の期待に応え、逃げ切りモードでは小林にスイッチという流れも、この先増えそう。キャッチャー固定という評論家も多いけれど、過酷なポジションだという事を考えれば、エースキャッチャーに何かがあった時に、1軍レベルで戦力になれるキャッチャーの存在は重要だし、小林にしてもベンチから後輩の姿を見ることで、自分に得るものもあると思うから、私は若いキャッチャーがある程度、信頼を得るまでは今のスタイルでもいいと思う

願わくば河野にもチャンスをあげたいところだし、ファームでは宇佐見も結果を出しているので、もう少ししたら、河野、宇佐見も1軍でマスクを被らせてあげたい。相川、實松、カトケンがいない状況では最低でも3人は1軍で使えるキャッチャーの育成は急務だし・・・


一方で、今日のゲームを見て、多くのファンが感じたのは澤村、上原の登板過多ではないだろうか?と、同時に大竹にはもう少し長く投げてもらいたかったと…
ただ、昨年、せめてあと1イニングって期待して裏切られたのも事実なわけで、あくまでも今日に関してだけを言えば、6回にはクリーンアップに回るし、由伸監督はまずは大竹に勝利投手の権利がある状態で終わらせて、しっかり逃げ切って、勝ち越しを決めつつ、大竹に良いスタートを切らせてあげたかったのではないかと推察する

とはいえ、故障から復帰の澤村、体力面に不安のあるベテラン上原をこれだけ起用するのはやはり怖い。本音を言えば、1週間6試合のうち、彼らの出番が3試合で済むような運用を考えてもらいたい
(もちろん、そんなことは重々承知しているはず)

そのためには7~8回まで投げられる投手が最低でも2人(できれば3人)は欲しいわけで、明日の菅野が開幕試合からどう修正したピッチングをしてくれるのかに期待がかかる。

それと同時に、攻撃陣がもう少し機能して、できれば4~5点リードでゲーム終盤を迎えられ、勝ちパを使わないでも逃げ切れる試合というのも増やしたい


去年Bクラスだったチームが贅沢を言うのはおこがましいけれど、1週間の中でうまくバランス良く勝ちを積み重ねられるゲームを作れるようになれば、優勝争いの中に入って行けると思うので、先を見据えながら適材適所で選手をどうやりくりしてゆくのか、由伸監督の本気の3年目の手腕に注目したいと思う
(まぁ~大変だろうけど)


追記
上原がベンチに戻ってきたときの、澤村をパシっとやるシーンは風物詩になってきたね(笑)アレが出来るのはチームでは阿部と上原だけだろうけど、阿部とは違った意味で、むしろやられて喜んでいる澤村の表情がイイ

今日はテンポが悪く、ピンチを迎えてリキむ場面もあったけれど、上原の背中を見て、彼についてゆくことで、澤村自身が技術的にも人間性的にも今以上に魅力的になりそうな気がして、楽しみが増えたような気がする

できれば内海にも、その背中を見せ、上原の経験を伝授して、もうひと花咲かせて欲しいと願ってます


管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/