今年もいよいよブログ再開します


例年ならとっくにブログを再開しているのに、それすらままならないほど仕事が忙しくて、心身ともにパンパンです

それでも、明後日には開幕するわけで、さすがにそろそろ始動しないとマズいだろうということで、今日から再開することにしました。
なので、コメントいただいても、返信できない日があるかもしれないことを予めご了解くださいませ

さて、今年に入ってから巨人にも様々な事がありました
自主トレから始まり、春のキャンプ中継、いくつかのスポーツ番組による紹介など、欠かさず見ておりますし、ニュースもしっかりキャッチ。練習試合からオープン戦、2軍戦も含めてオンエアされているものは全て録画してありまして

それらをひっくるめて、言いたいこと、書きたいことは山のようにありますが、それはまぁ、これから少しずつこぼしてゆくことにしましょう

なので、今回は開幕を迎えるにあたって、オープン戦を振り返りながら、今シーズンの展望を夢見たいと思います

毎年、この時期だけは全ての球団のファンが
「今年こそは、我がチームが日本一に!」
って夢見れる時期ですね

私も去年の悔しさを噛み締めながら、「今年こそ!」って思っている一人ですが…

実は、心の何処かで

「来年こそ!」

って思ってる自分もいます

オープン戦では例年以上に若手を積極的に起用し、岡本、吉川、大城、田中など期待を抱かせてくれる選手が躍動して、ファンの多くは「これが見たかった!」とワクワクしていることでしょう、もちろん私もです

色んな要因があっての今年ですが

欲を言えば、去年、今のような状況というか、若手をドンドン育てる姿勢が見たかったなと…さらに言えば、高橋政権が始まった1年目、それまでの組織を壊して新しくするチャンスがあったわけで、優勝を諦めないまでも「出来なくてもかまわない」くらいの強い姿勢が見れたら良かったのに…という思いが同時に出てきて

去年のBクラスという結果が、大きく舵を切るきっかけになったことは確かなわけですが、その点でも高橋監督が本当にやりたかったチーム編成が今年から始まるのだと思えます

ただ、だからといって、今、躍動している若手たちが1年通じて結果を残すというのは考えづらいわけで、個人的には今季のスローガン「奮輝」の裏には「我慢」というのが隠れているかと思います

球団、フロント、現場はもちろん、われわれファンもが今年の巨人は大きく変わる(はず)、仮に優勝をのがしたとしても、それが来季以降の強い巨人の復活に繋がる年になるはずだという期待を抱かせてくれる1年になってくれればいいなと…

そのキーになるのが

岡本、吉川というドラ1コンビであり、シーズン中には1軍に合流してくると期待している鍬原のドラ1トリオだと思ってます。

昨年のドラフトでキャッチャーを数多く指名したことに???だった事も、相川、加藤、実松がいなくなった現状を考えれば、「なるほど、そういうことだったのか!」と納得も出来、さらに彼らが自分の持ち味を春から発揮してくれていることが、嬉しく、頼もしく。去年、小林の座を脅かした宇佐見であっても、ちょっとした体調の不良で2軍での出場に留まり、そこに河野らも加わって、今年一番の見どころのひとつに正捕手争いというのがありますね

もっとも出場機会が多いのは小林でしょうけど、昨年から続けている攻撃力の強化というのが本格的にペナントでも花開くようになれば、小林は終盤での守備固めに使われるようなことだってあり得るわけで、最終的に誰が正捕手の座を手に入れるのかは、考えるだけでワクワクしてきます

巨人はドラフトがヘタだと言われ続けているので、今年はドラ1だけでなく、多くの若手が中堅、ベテランを追いやって1軍でバンバン活躍する姿がみたいものです

 

もうひとつ期待しているのは
去年まで、ブログでもさんざん言い続けてきた、チームのIT化

戦略室が無くなってから、数年立ちますが、今季、やっとのこと「データ分析室」がたちあがりました。それに伴って、昨年導入した「トラックマン」に続いて「WITTY(ウィッティー)」、「ラプソード」を導入
他球団の分析も今まで以上に行い、ある程度、データが出揃った時に選手のコンディション管理や戦い方にどういう違いが出てくるのか、今から楽しみです
(重ねて言いますけど、ちょっと遅すぎると思いますけどね)

 

色々と去年とは違う姿が見えてきて、今のこの姿勢をぶらすこと無く1年戦い続ければ、来季以降の新しい巨人の形が見えてくると思います
そのためにも、オープン戦での良かった調子を維持しつつ、まずは4月を良い成績で乗り切ることでしょうか?早い段階で貯金が作れれば、無理すること無く若手を積極的に起用することが出来ます

昨年まで全くといっていいほど打てなかった打線が、昨年秋から頑張ったところで、急には上向かないと思いますが、今まで相手に3点取られたら終了だと思っていたところが、チャンスさえ作れれば5点くらいは何とか取ってくれるというところまで来てくれれば、もともと投手陣は去年も良かったわけで、マイコラスが抜けたことを考えても、他球団に比べればまだまだアドバンテージはあると思っていますし、打線の強化は投手の心理に大きくプラス影響になりますから、うまく投打が噛み合う姿が去年よりは多く見れるのでは?という期待はもっています

 

ってことで、ざっくりとした個人の見解ですが
皆さんの、今年の巨人の注目ポイントはどこですか?

そして、サイトは移動してしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします

<br><br><br>
管理人:みんぐ
http://ameblo.jp/ming-maro/