村田・・・サヨナラ(涙)

村田が戦力外で退団することになってしまった…

まぁ何となく予想はしていたことだけど、いざ決まるとなると寂しいな

今季はマギーの加入もあり、先発出場のチャンスが激減し、もやもやしたシーズンを過ごしていたけれど、もしも、シーズン最初からサードで起用されていたら?と想像することが何度となくあった

結果的に、年俸に見合った数字を残せなかったシーズンではあったけれど、なんだかんだいってあの守備力と長打力はやはり魅力

自身がちゃんと調整できていて、1年間しっかり戦えることが出来る態勢が整っていたらもっと安定した数字を残せていたのでは?と思う

とはいえいなくなってしまうのも事実なので、その先を考えてみる

ぽっかり空いたサードのポジションは、現在、サードで特訓中の岡本がすんなり収まってくれればそれが一番良いわけだが、個人的には今の岡本のサードは、判断力の向上とスピード感を養うための練習だと思っているので、この秋から来春にかけての中で、やっぱりサードは厳しいとなれば、外野に戻るのではないかと思ってる。

一方で、今季、マギーのセカンドが意外に機能しているということが判明したことで、マギーはサードセカンド、ファーストを行き来しながら起用することになるのだと思われるが、そこに岡本、吉川、山本を筆頭とする若手たちがどれだけ頑張れるか?というのが、来季の注目点になりそう

サード岡本が機能するなら、マギーはセカンド、ファーストということになるが、そこに吉川、山本が割って入れば、ファーストになる。ただ、阿部の存在があるので、相手投手の左右によってどちらかが代打の切り札として控える・・・

となれば最高なのだが、サード岡本がコケた時点で、マギーはほぼサード固定になる可能性が高い

出来ればレフト岡本、サードマギー、セカンド吉川、ファースト阿部

と固定できた上で、吉川が打率は低いながらも出塁率はまぁまぁくらいの成績を残してくれれば、ひとまずの形は出来るかと…

いずれにしても、(岡本のポジションは別にして)村田が残っていれば、これくらいのホームラン、打点は残してくれたはず

くらいの成績を残さなければいけないというノルマが岡本に乗っかったわけで、現在、岡本を指導している内田2軍監督、1軍に上がれば吉村新コーチ、これまで岡本を指導していた二岡コーチにかかるプレッシャーは大きいはず

さ来年には大学経由でプロに入ってくる同世代がいるわけで、その時に、一歩でも二歩でも先を行けているような成績を残せているか、岡本にとっても真価を問われる2018年シーズンになりそうだ

いずれにしても、村田サン

これまで大変おせわになりました。まだ個人記録がかかっているため、引退することはないと思うし、贅沢言わなければ声はかかると思います。どこでプレーすることになっても、応援してますので、がんばってください

m(_ _;)m

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/