9/25 巨 6-5 ヤ → 5点差ひっくり返すとは…正直思ってませんでした(笑)

巨人 6-5 ヤクルト → 対 ヤクルト 15勝8敗0分 神宮球場

勝利投手:マシソン 57試合 4勝 4敗 2S

セーブ :カミネロ 55試合 3勝 5敗 27S

敗戦投手:秋 吉 39試合 4勝 5敗 10S

・投手リレー

巨人:吉川光→篠原→田原→池田→マシソン→カミネロ 捕手:小林

ヤクルト:ギルメット→石山→松岡→近藤→秋吉→ルーキ 捕手:中村

本塁打

巨人: 亀井6号ソロ

ヤクルト:

フジテレビONE にて観戦 解説:高木豊 実況:鈴木芳彦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの23回戦。巨人先発・吉川光は三回に突如崩れ、一挙5失点。序盤で大きなビハインドを背負った。反撃したい巨人は五回、阿部、村田の適時打で3点を返す。六回にも1点を追加し、差をじりじりと詰めていく。投手陣も四回以降、相手打線を寄せ付けず、主導権を握らせない。すると七回、6番亀井が中越えソロ本塁打を放ち、5対5。試合を振り出しに戻す。巨人は続く八回、マギーがこの日2本目の適時打を放ち、勝ち越しに成功。その後はマシソン、カミネロとつなぎ、1点差を守り切った。6対5で勝利した巨人は2連勝。3位DeNAも勝利したため、差は1.5のままとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

むむむ・・・今日負けたら、完全に今シーズンは終戦となるところだったので、マジめな話し、本当にホッとしてます

3回に5点取られた時は、ありゃりゃ、こりゃ終わったわ(涙)

って完全に思ってましたから(笑)

ギルメットは良いピッチャーだなぁ~あの上から投げ下ろすスタイルは、マイコラスに通じるものもあって、あれでもう少し制球が安定したら、ほんとやっかいな投手になるなぁ~と見てたのですが、何とか3回り目になって捉えてくれましたね。2つの四死球が絡んでの3得点だったけど、阿部、村田が結果を出してくれたのが良かった

早い段階で2点差に追いつけたので、これはひょっとしてなんとかなるかも?と思いましたが、あとを受けた篠原はまぁ自分が作ったピンチじゃないので、多少はしゃーないとはいえ、以降を0リレーで繋ぐことができたのは良かった

中でもマシソンはバレ、山田をキッチリと抑えて、終盤のソロホームランですら許されないところを凌いだのが大きい

(カミネロは連続四球でしたし・・・)

相手がどこであれ、5点差を跳ね返すなんて、久々なもんで、こういうのをうまくチームの流れに繋げないとダメですね、そういう意味では明日も菅野でキッチリと勝利して、先日ナゴヤで痛めをみた中日にも勝利しないといけません。

それにしても吉川…orz

ゲーム中にも彼は自滅型だと触れられてましたが、2回り目のところで交代させるか、突然崩れた四球のところで、スパっと交代するくらいの危機管理が欲しかったところです。逆転できたから良いものの、本来ならあそこは2点、多く見積もっても3点で終わらせないといけないところだったと言う点では、ベンチの判断ミスだと言わざるを得ません

入団時には、結構期待してたんですけどね>吉川

結局、良いところなしで終わってしまいました。来季は根本的に何かを変えるつもりで、オフに励まないと、ちょっと厳しいなと思います

監督のコメントにもあるとおり、橋本のセーフティ…出来るんなら、もっと早くからやっときなよと小一時間…(笑)でもまぁいいです、アレが勝ち越しに繋がったわけですからね。自分のアピールポイントをしっかり把握して、その瞬間、出来ることの最大のプレーをするという事では、あのセーフティから、橋本の何かが変わってくれると期待して、明日以降も見てゆきたいところです

やはり、8番の小林に猛打賞がでるとやはり上位に繋がって得点力が上がります。キャッチャーに過度な期待はするものではありませんが、返す返すも小林のバッティングがもう少し良かったら、あと何勝かは上積みできてたな…という思いが強くなります

キャッチングや配球面では、去年よりも成長したところを充分見れたので、オフには打撃を鍛えて、何とか2割5分いや3分でいいので、今年以上に攻撃で貢献できるキャッチャーになってくれるといいかな

明日は菅野ですが、それを含めても残りの5試合は4本柱だけの先発で回せると思うので、それこそ全試合勝つつもりで僅かな希望を絶やさないように頑張って欲しいですね

DeNA阪神との差を考えると…やっぱりナゴドの2連敗と広島の連敗は本当に痛かったなと)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/