9/24 巨 5-3 ヤ → 率直な感想…勝ててよかったぁ~~~(しかないよね)

巨人 5-3 ヤクルト → 対 ヤクルト 14勝8敗0分 神宮球場

勝利投手:田 口 25試合 13勝 3敗 0S

セーブ :カミネロ 54試合 3勝 5敗 26S

敗戦投手:ブキャナン 25試合 6勝 13敗 0S

・投手リレー

巨人:田口→西村→マシソン→カミネロ 捕手:小林

ヤクルト:ブキャナン→松岡→近藤→秋吉→石山 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:中村4号ソロ

フジテレビONE にて観戦 解説:大久保博元 実況:竹下陽平

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの22回戦。巨人の先発・田口は、初回に2点を先制されてしまう。打線は三回、ヤクルトの先発・ブキャナンから3者連続四球を選び二死満塁の好機を作ると、阿部、村田、亀井の3連続適時打で一挙4点、逆転に成功する。続く四回にも一死満塁とすると、坂本の犠飛で5対2とリードを広げた。田口は五回に中村にソロ本塁打を許したものの、5回を投げて3失点とまずまずの投球。六回からは西村、マシソン、カミネロのリレーで、ヤクルト打線を無失点に抑えて勝利。連敗を「2」で止め、3位DeNAとのゲーム差は1.5のままとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の田口は本当に良くなかった

そもそも、あれだけ首を振る田口なんて、ほとんど見たこと無いし、あれほど制球に苦しむ田口もまずお目にかかれない。

球数投げすぎて、5イニングしか投げられず、しかも僅か5回で被安打9、四死球5なんてとても田口とは思えない。

それでも3失点ですんだのは、川端、畠山、雄平と主力の欠けているヤクルト打線相手だったからだと・・・まぁ、そんな中でも6奪三振なので、要所要所では踏ん張っていたと言えるが。

最多勝は望み薄なので、田口にとっての個人目標は最高勝率となるが、ゲーム中にも触れられていたけれど、その条件には13勝というのがあるので、何としてでも今日の試合には勝ちたかったところ。

(ちなみに、去年は野村祐輔、その前はマイコラス)

菅野も.762で田口と争っている状態なので、まだまだわからないけれど、まずは土俵に上がれたことを素直に喜びたい。私が何としても実現してほしかった貯金10個もこれでマークしたし、まだあと1回は投げることになるだろから、是非とも貯金11を目指して今日の内容を反省して、次に備えてもらいたいと思う

攻撃面では突如崩れたブキャナンに感謝!

まさかの2アウトからの四球3連発、そこからの3連打での逆転は、昨日までならそういうチャンスで点が取れなかったことを考えれば、上出来だと思うけど、いきなり初回のゲッツーや7回の村田のゲッツーを見る限りは、まだまだ相手に救われた印象は拭えない

懸念の陽、坂本に関しても陽に関しては、持ち前の積極性が出てきて、ちょっと上向いたかな?と思わせるところはあるものの、坂本はデーブの解説にあるように、まだかなり重症。7回の粘って奪った四球もデーブの言うとおり、良い時の坂本なら楽に見逃していた外スラはあったし、そこから少し中に入ってきた球は、鼻歌でも歌うかのようにライト前に落としていた球

右足に体重が乗り切らない内に始動してしまうなんて事は、本人も擦り切れるほどビデオを見ているだろうから、重々承知しているだろうに、それができないということは、それほど疲労が深刻だということ

とはいえ、これまで何度も触れてきたように、だからといって休ませる余裕はもう今の巨人にはない。

自分の身体と会話しながら、さらには自分を信じながら、ひたすらバットを振るしか手立てはなく、せめて何かのきっかけで「あ!そうだ、これだよ!」という打席が1打席でも早く来てくれることをただただ祈るのみ

同じく、長野もひどい状態で、7番というポジションだから目立っていないけれど、これが3番とか5番とかに入っていたら、坂本と同じく、いやそれ以上に叩かれていたかもしれない。

開幕当初、由伸監督が今年のキーマンにあげていた坂本と長野

それでも坂本はシーズン通して、チームに貢献してくれているけれど、長野に関しては…(涙)来季、これを取り返す成績を残せなければ、いよいよ若手にそのポジションを譲らなければいけない事態になりそうだ

中日に連勝、広島に1勝1敗くらいで終わっている状態であれば、今日のDeNAに関しては素直に応援できて、巨人とDeNA阪神をいじめて三つ巴の戦いにしようよ!なんて気楽に言えたのだが、こと、ここにいたっては、もうDeNAを応援する気持ちには全くなれず、ザッピングしながら阪神を応援しているような状態(笑)

残り試合数がDeNAの方が多いことを考えると、相当数負けてもらわないと厳しいにも関わらず、ここに来てDeNAが元気なので、正直なことを言えば、やはりかなり難しいかなと半ばあきらめている自分がいる

それでもまぁ、ハッキリと「はい、今シーズンのBクラスが確定しました!」と突きつけられるまでは足掻いて欲しいので、ま、選手は諦めていないだろうけど、残り6試合、ただただ意地を見せて欲しいなと思います

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/