9/3 巨 0-1 De → あぁ~残念だったなぁ~でもまだ終わりじゃない!

巨人 0-1 DeNA → 対 DeNA 14勝8敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:濵 口 18試合 9勝 5敗 0S

セーブ :山崎康 57試合 4勝 2敗 22S

敗戦投手:マシソン 50試合 3勝 3敗 2S

・投手リレー

巨人:マイコラス→マシソン 捕手:小林

DeNA:濵口→山崎康 捕手:高城

本塁打

巨人:

DeNA

TBSチャンネル2 にて観戦 解説:衣笠祥雄 実況:初田啓介

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの23回戦。勝てば3位浮上となる巨人は、先発に中4日での登板となるマイコラスを起用。マイコラスは序盤のピンチを無失点で凌ぐと、その後は尻上がりに調子を上げ、7回無失点の好投を見せる。しかし一方の打線はDeNA先発・浜口に八回までわずかヒット2本に抑えこまれ、0対0のまま終盤に突入した。均衡が破れたのは八回。巨人2番手・マシソンが柴田に中犠飛を打たれ、先制を許してしまう。1点を追う巨人打線は九回、一打逆転のチャンスを作るも、中軸が倒れて0対1で試合終了。先発・マイコラスが7回無失点の好投も、投手戦に敗れた巨人は、3位DeNAとのゲーム差が「1.5」に広がった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

送りバント失敗x3、からのダブルプレーx3

今日の濵口のピッチングを見ていると、仮に送りバントが成功していたとしても、得点できた可能性は低そうな気がするけど、結果ではなく、失敗が繰り返されたことで、より1点が遠い空気を作ってしまった事は問題かな。

マイコラスはバッティングも良いんだから、逆に打たせたほうが良かったかも・・・なんて、タラレバを言いたくなってしまいますね

0-0の息詰まる投手戦だったけど、試合全体としてはどちらかというと、DeNA有利な展開で進んでいたと思う。「今日は厳しいかなぁ~」って感じで見ていたけれど、そういう時って往々にして劣勢な方が意外と点を取ったりすることもあって、実は密かな期待を抱いて見てました(笑)

中4なのに、カーブがキレッキレのマイコラスを頼もしく感じ、これがあの去年、小林にキレていたマイコラスなのか?って去年のこの時期の戦いが頭をよぎり・・・もちろん、DeNA側から見れば、濱口のピッチングを見て、勝たせたいと思っていたでしょうけど、それと同じくらい、いや、それ以上にマイコラスに勝ち星をプレゼントしたかった(涙)

(広島戦も内容良かったのに勝てなくて、言い方変えれば2勝損したような感じに…)

敗戦投手となったマシソンを責めるつもりは全く無いし、そもそもマシソンいなかったら・・・って考えただけでゾッとするので、打たれたことは仕方ない

となると・・・で、どうしてもファン目線だと2つのプレーに一言、言いたくなってしまいますね。

1つは橋本が打球処理を誤って、ランナーを3塁まで進ませてしまった場面、全力疾走しながらの捕球だから、難しいのは重々わかってはいるけれど、もしも、あそこでランナーをセカンドで止めておくことが出来たなら…と、どうしても思ってしまいます

そして、もう一つは9回の坂本のライトフライ

確かに距離的には微妙な位置ではありましたが、ランナーは、その前に守備ミスで後悔している橋本でしたし、結果的に送球がそれていたこともあって、もしも走らせていたなら・・・と悔やんでしまいますね。

確かに次のバッターが阿部、村田なので仮にホームに突っ込ませてゲームセットになっていたら、それはそれで後悔したのかもしれませんが、2アウトで綺麗なヒットが必要だったことを考えれば、あの場面、私としては橋本にホームへ走らせてほしかったです

もしも、同点に追いつくことができていれば、橋本もミスを挽回できたことになりますし、余り調子の上がらない坂本にも打点がつくわけで、チームとしては9回裏以降を戦う上で、ベンチが一体となったはずで、仮にアウトで負けたとしても、思い切って勝負に出て負けたのだから仕方ないと諦めもつくかなと・・・

まぁ、タラレバを言っても始まらないので、単なる私の愚痴ですね

もともと今週の青写真は、4勝2敗でしたので、結果としては貯金も2個作れている状態ですし、悪くないのですが、予定では広島に1勝、DeNAに3連勝だったので、そこだけちょっとズレたかな?

ま、結果は一緒なので良いのですが、やはり直上の的に3連勝した上での4勝2敗の方が来週に向けて、盛り上がったのかもしれません。

ただ・・・なかなか大型連勝が出来ませんね。今日勝てば今シーズン3度めとなる5連勝のチャンスだったのですが、なかなかあと1歩が届きません。

現時点で2位を狙うなどというおこがましい事は、余り声を大にして言えませんが、本気で狙うつもりなら大型連勝は必須で、今月は日程的にも対戦相手的にもチャンスが無いわけではないので、本当は勝って終わってDeNAだけでなく、阪神にもプレッシャーを感じてもらえるような戦い方をしたかったのが本音で、それは由伸監督も一緒でしょう

チャンスをのがしてしまったのは残念ですが、「チャンスはまだまだある。もう1回、また来週頑張りたいと思います」と由伸監督が言うように、まだチャンスは残っていると思うので、完全に終了するまでは、諦めずに前を向いて頑張ってほしいなと思います

まずは次の週

地方を絡めた形ですが、主催試合5試合です。そこで3度めとなる5連勝を皮切りに、阪神DeNAとの戦いを迎えられるよう、明日一日、英気を養って野手陣の奮起に期待したいですね

(投手陣は何だかんだいって、頑張ってるんで)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/