8/20 巨 6-1 De → やっと出来た3連勝、これで雰囲気が大分良くなるはず

巨人 6-1 DeNA → 対 DeNA 12勝7敗1分 東京ドーム

勝利投手:畠 6試合 3勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:濵 口 16試合 7勝 5敗 0S

・投手リレー

巨人:畠→西村 捕手:小林

DeNA:濵口→尾仲→パットン→田中健 捕手:戸柱

本塁打

巨人:村田9号2ラン

DeNA:梶谷15号ソロ

日テレG+ にて観戦 解説:吉村禎章 実況:佐藤義朗

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの20回戦。巨人は初回、DeNA先発・浜口の立ち上がりを攻め、連続四球の後、坂本の適時打で先制。さらに犠飛と村田の2点本塁打で一挙4点を挙げ、試合の主導権を握る。五回は二死走者なしから4連打で2点を追加し、6点のリードを奪う。援護をもらった巨人先発の畠は、低めにボールを集め、凡打の山を築いていく。結局8回を投げ3安打1失点9奪三振の内容でマウンドを後続に託した。九回は西村が締め、6対1で試合終了。今カード3連勝の巨人は3位DeNAとのゲーム差を「2」に縮めた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やっぱり初回に4点ってのはデカいよなぁ

3点までは取られても平気、いや打線の状態を思えば同点の4点までは平気だと思って投げるのと、1点もやれない、いや1人のランナーさえ許されないと思ってピッチングするのとでは全く内容が違ってくる

ゲーム中にも触れられていたけど、菅野くらい自分のスタイルと武器を持って、冷静に状況判断が出来るわけではない若い投手にとって、4点、しかも初回に取るということがこれほど、効果的なんだと改めて思わされた。

中でも水野氏が言うように、初回の先頭バッターをどうしたかが、濱口と畠のその後のピッチングの分かれ目になったようだ。桑原にフルカウントまで粘られながらもセンターフライで打ち取った畠、陽にいきなり四球を出し、ヤバいとばかりに続くマギーも歩かせてしまった濱口。お互いルーキーだけに、たった1人の打者への対応でこうも違ってくるのかと・・・

ヤクルト戦での登板が無くなって、少し日が空いたことも良い意味で疲労を抜くことに繋がったか、畠は持ち前のストレートとカットボールでグイグイ攻めていて本当に良いピッチングだった。

前回も触れたけど、腕が縦振りなので左右へコントロールを乱す事があまりなく、本格派なのに四死球が少ないというのは、かなり大きな武器だと思う。

実際今日も8イニング投げて四死球は僅かに1個。

これで6試合に登板、36 1/3イニング投げてトータルでも与四球が9、与死球が1と非常に少ない。

これは制球が乱れないという事の証明でもあり、何よりも打者に対して逃げていないということの証明で、個人的に最も評価しているところ。

さらに奪三振も42個と1イニング1個以上とっている計算になるわけで、初対戦の球団が多く球筋を見切れていないということを差し引いても、充分に通用していることの証明になっていると思う

筒香との第1打席でのインコース勝負は見ごたえがあったし、全く逃げようとせず、しかも投げきれているところは非常に頼もしいなと…

(宮國、ハヤトゥーあたりには見習ってもらいたい)

1点も許されない緊張感のある試合展開でも、今日のようなピッチングが出来れば、完全に計算できる投手になるので、来週の阪神戦で糸井、福留、鳥谷といった実績があって、キーとなる左打者に対して、どれだけ投げられるか、もしも来週勝てるようなら、シーズン終盤のキーマンの一人として柱の1本に加えたいなと思う

攻撃に関しては、今日は陽がノーヒットだったけど、その時は俺が!とばかりに坂本、村田が頑張りました。全員が良いに越したことは無いけど、現実にはなかなか難しいわけで、日によって、相手投手によってヒーローが日替わりになる状況は、誰か一人に頼っていないという点で良いことだと思っているから、個人的にはOK!

良かったのは、初回2点で終わらずに村田の2ランで一気に主導権を取れたこと、それと5回に2アウトからの4連打で中押しが出来たこと。

特に5回の得点は強さの証明ですし、初回以外点が取れずに、畠が好投しながらもDeNA打線の爆発を抑えるという意味で、かなり重要な点でした

欲を言えば、最後にもう1点くらい取れれば完璧でしたが、終始流れを渡さなかった事を考えれば充分でしょう

中押しがあった事と、畠が8回まで投げてくれたことでブルペンは休ませることが出来ましたし(現実には西村じゃなくても良かったと思うけど)、何よりも2つ取りながら、あと1つが取れないという状況が続いている中で、3連勝しなければいけなかった試合で3連勝出来たという事が非常に重要

おそらく、ラミレス監督の中にはこの3連戦は最悪でも1つ取れればOKという計算があったでしょうが、それを覆した形で一気に詰め寄れたことは大きい

これで借金がいよいよ1、DeNAとの差も2ゲームまで持ってくることが出来た

来週は5試合しか無いということも手伝って、3本柱+畠でもしも4勝することが出来れば、一気に貯金生活+Aクラス奪取という夢も見ることが出来る。

この連勝を勢いに変えなければいけないのはもちろん、1つでも上を目指すために、この3連勝は来週に繋げなければならないわけで、やっとこさ見えてきた上位の背中にくらいつくためにも、来週の5試合がより重要になってくる

追記

久々のスポーツニュースのハシゴでお酒が進みますね。

明日は、プロ野球高校野球もお休み

気持ちよく、仕事に専念できそうです(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/