8/13 巨 1-4 広 → 阿部!2000本安打オメ!

巨人 1-4 広島 → 対 広島 5勝15敗0分 東京ドーム

勝利投手:岡 田 19試合 11勝 4敗 0S

セーブ :今 村 50試合 1勝 3敗 21S

敗戦投手:今 村 3試合 0勝 2敗 0S

・投手リレー

巨人:今村→中川→田原 捕手:小林→宇佐見

広島:岡田→一岡→中崎→今村 捕手:會澤

本塁打

巨人:

広島:

JSPORTS1 にて観戦 解説:金石昭人仁志敏久 実況:熊谷龍一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの20回戦。巨人先発は、今季初先発となった今村。しかし初回、広島打線に4安打を集中され3点を失ってしまう。一方の打線は、広島先発・岡田を打ちあぐねる。力強い直球を軸とする投球の前に、五回までに放った安打はわずか2本、無得点に封じられた。反撃を見せたのは六回。陽の安打を足掛かりにチャンスを作ると、マギーが適時打を放ち1点を返す。しかし、七回以降は広島救援陣の前に再び沈黙。九回に阿部が今村から右前打を放ち、通算2000本安打を達成するも、後続が続かず1対4で試合終了。序盤の失点が響いた巨人は敗戦を喫し、阿部の偉業に花を添えることが出来なかった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

阿部が2000本を達成した時、解説の仁志氏が

はえぬきで2000本は五人しかいないんですね、巨人で生え抜きで達成することの凄さを感じます

と言っていたが、それを聞いた時に「たしかになぁ」と納得させられた

もちろん、どこのチームであっても、打てなければ使ってもらえないのは当たり前だが、その中でも巨人は素質や将来性があっても、目の前の結果が出なければ出場チャンスが与えられないチームの筆頭と言える。

(それが欠点でもあるのだが)

毎年トレードやFAでスゴい選手が入ってくるし、昔の巨人は常に相手チームのエースなり、目の色を変えて向かってくるチームとの戦いだった

そんな中で達成するには、常に結果を出し続けることと、少々のケガや不調であっても、この選手は外せないというベンチからの絶大な信頼が無いと、出場することすらままならない。

しかもキャッチャーという過酷なポジションでの達成が、その困難さをさらに物語り、球団の垣根を越えて各選手から目標とされるということのスゴさを実感する

Goingで他の選手が阿部さんのためにという空気を感じたと言っていたけれど、これを区切りに、何となく肩の荷が下りて、もう少しリラックスした空気の中で気負わずにプレーすることで、チームの勢いがついてくれればいいなと思う

次のはえぬき選手での2000本といえば、坂本なんかはヘタしたら3年以内くらいに達成しそうな感じだけど、じゃあその後に続く選手は?と問われると、今は2000本どころか1000本も…という状態

(長野に期待したいけど、いかせんスタートが遅かったからね…)

おめでたい日ではあるが、早いとこ、次なるはえぬき野手の若手を育てないと・・・という事を改めて痛感させれた日でもある

さて、今日のゲームだけど

今村と岡田って時点で7割方不利な戦いでスタートした中で、いきなり初回に3点だから…勝利を期待するのは難しい展開となってしまったので、まぁある意味、予想通りでもあり、残念でもある。

そのビハインドをヒックリ返して勝てるようなら、チームにとんでもない底力がついたと思えるのだけれど、まぁ結果を見て分かる通り、まだまだ広島には遠くおよばないことをハッキリさせられる結果となってしまった

ただ、その中でも明るい材料がないわけではない

今季初先発の今村は、初回こそバタついてしまったけれど、以降は良いピッチングをしていたし、ランナーを出しても粘り強く投げていた。立ち上がりさえうまく切り抜けられればもう少し投げれていたと思うし、少なくともあのベテラン左腕よりは(笑)現状では、次への期待値は高い

初先発ということで、多少の気負いを考慮してあげれば、次の登板が大事になるし、そこで結果を出せれば、定着への道筋も見えてくる。

それは途中から登板した中川も同じで、ボーク絡みとはいえ、あの失点さえなければ6回の三振ショーは見事だったし、左腕であのストレートは魅力的なので、次も投げさせたいと思わせれたと思う。

田原もこういうゲーム展開ながら、7、8回をノーヒットでおさえたのは自信になるだろうし、ちょっと安心したのでは無いかと思う

打線はせっかく福井を攻略したのに、薮田、岡田、さらには中継ぎの一岡、中崎、今村を苦しめることができなかったことで、初戦の勢いは何だったの?と思わざるを得ないけれど、力のあるストレートを攻略できないという今シーズン通しての課題が残ったままになってしまったことは非常に残念

三本柱がしっかりしているので、短期決戦では何とかなると思っていたけれど、対広島ということに関して言えば、野村を含め、苦手投手が多すぎて、今のままではちょっと勝機を見出すのは難しい(涙)

残り試合の中で、今見えている課題を克服しながら、まずは借金返済とAクラスを目指して、気を引き締め直して戦ってほしいなと思う

追記

2位の阪神には勝ち越せたが、やはり首位チームに勝ち越すのは難しいということで、ちょっと上昇ムードになりかけていたチームに、活を入れてくれたと思って、次の週に期待しましょう。

ヘタしたら、借金が増えるんじゃないかと思っていたので、個人的にはプラマイゼロだったことにホッとしている気持ちのほうが大きいです

さ~て、これから松山英樹を応援するために、仮眠するか、それともこのまま起き続けているか・・・悩みどころ(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/