8/11 巨 9-2 広 → これまでやられてきたパターンでお返しできた!

巨人 9-2 広島 → 対 広島 5勝13敗0分 東京ドーム

勝利投手:田 口 18試合 10勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:福 井 4試合 1勝 3敗 0S

・投手リレー

巨人:田口 捕手:小林

広島:福井→中田→ヘーゲンズ→佐藤 捕手:會澤→磯村

本塁打

巨人:

広島:鈴木25号2ラン

日テレG+ にて観戦 解説:山本浩二野村謙二郎 実況:森拓磨

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの18回戦。先発・田口が四回に鈴木に2点本塁打を許し先制されるが、直後の五回に打線が爆発。二死満塁のチャンスから、阿部の走者一掃の二塁打で3対2と逆転に成功すると、さらに村田、亀井、田口にも適時打が飛び出し、一挙6点を奪う。巨人は六回にも3点を加え、9対2と広島を突き放した。大量援護をもらった田口は、低めを丁寧に突いて打たせて取る投球で9回を完投。127球8安打2失点の熱投で、2年連続となる10勝目を挙げた。打線も陽ら4人が猛打賞を記録するなど計15安打の9得点で、チームは今季50勝目に到達。阿部は通算2000本安打まで残り「2」とした

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先制しながら中盤から終盤に滅多打ちを食らって大差での敗戦…

今シーズン、何度か広島にやられてきたパターンを敵地でのカードの初戦にお返しできたのはデカいというか、ちょっと嬉しい

二回りくらいまでは福井に手こずり「なんで毎度毎度同じようにやられてしまうんだ!」ってイラっときたのは私だけではないはず

村田以外、みんなストレートに差し込まれてて・・・

今日は審判の微妙な判定に救われた部分もあったけど、3回り目になってやっと捕まえることが出来た。解説の野村氏も言ってたけど、福井の弱点はメンタルなんで微妙な判定や打たれたことによる動揺などで崩れたところをしっかりと集中打で点が取れたのは大きい。

(今までは相手が崩れかけたところを逆に助けてしまっていたので)

とはいえ、カープ打線の脅威を考えると、阿部の逆転打だけでは心もとなく、亀井のタイムリーですらまだカープを慌てさせるには至らない。

個人的には満塁ホームランでも逆転できない4点差をつけることになった田口のタイムリーが実はデカかったと思っている。

(小林を四球で歩かせての田口の打席だったので、相手に与えるダメージも大きいし)

そうなると広島もへばり気味の中継ぎの中で、僅差で投げる投手は出しにくく、そこからはヘーゲンズのイライラとも相まって3点取って、そこでやっとひと安心。

欲を言えば7回のチャンスでも点が取れれば文句無しだったけれど、ホームラン無しでの9得点は、それはそれで連打の証なので嬉しいですね。

特に点を取られた直後の逆転は、相手からすれば絶対にやってはいけないことなので、それだけに畳み掛けるきっかけになりました。

これで、圧倒的に相性の悪かった福井に対して、選手たちが自信を手に入れてくれれば嬉しいですし、福井からしても今までの神通力みたいなものが終了したかも?って少し不安に思ってくれれば尚嬉しい。

福井と田口

両チームとも今日のゲームは勝ちを計算に入れた戦いだっただけに、それを制すことが出来たのは、特に巨人にとっては大きいです。

先発の田口は、ここのところボールが高めに行ってしまうケースが多く、ちょっと不安定なところも見せていましたが、今日は恐らく徹底的に低く投げることを意識していたように見えました。ピンチは作りますが、相変わらず表情からは動揺は見れず、冷静に投げてましたね。

鈴木誠也に打たれたホームランは、マギーと長野がお見合いしてヒットとなってしまう(普通に長野に任せていれば取れてましたね)という不運な当たりからの2ランだったので、これで田口の何かが変わらなければいいなと思っていましたが、いやいや本当に高卒4年目の投手か?ってくらい大人びてました(笑)

2年目、3年目こそスタミナという課題がありましたが、もともと田口は力投型では無いので、個人的には常に9回を投げきれることの出来る投手だと思ってます。夏場の屋外球場で120球近く投げている事を考えれば、普通なら9回は登板の少ない投手にマウンドを譲っても良い場面ですが、田口への負担と中継ぎを休ませる負担とを天秤にかけた場合、今日の田口の出来なら自身最多の球数になっても炎上することは無いという信頼のもとに、後者を選択したということでしょう。

私としてはそれは大正解だと思いますし、それが明日以降に生きてくると信じてます。欲を言えば、明日の菅野も危なげなく9回を投げきってくれたなら、3戦目に勝ちパを回跨ぎも視野に入れながら投入できますので、贅沢かもしれませんが、明日の菅野にも完投を期待したいですね

(本人はそのつもりマンマンでしょうね)

今日で10勝目ということで、本人的には自信がついていることでしょうが、勝数よりも2敗しかしていないという事実、田口1人で貯金を8つ作っているという事のほうが重要ですね。同じ10勝でも、去年と今年では意味合いというか、価値は全く違います。

(まぁ、この先の登板、全部負けると余り変わらないという事になってしまいますが…)

菅野が12勝4敗、マイコラスが10勝5敗、田口が10勝2敗・・・

先発三本柱で21個も貯金を作ってて、何で借金2の4位なんだと(涙)

まぁ、彼ら3人が怪我なくこのままシーズンを消化し、そこにもう1枚加わった上で、勝ち継投が落ち着いてくれれば、ペナント優勝は無理でも、その先の短期決戦では相手にとって脅威となるはずですので、とにかくケガをすることなく、調子を落とすこともなく、残りの登板を順調に投げてもらいたいですね

(そうすれば、気がつけばAクラスにってことも現実味をおびてきます)

激しく負け越しを覚悟しなければいけなかった上位2チームとの6連戦ですが、今日の勝利で少なくとも負け越しはなくなりました。

あとは明日の菅野で勝利し、勝ち越しを決定づけ、さらに3戦目も勢いで取ることができれば首位チームを相手に借金をチャラにするという事となるだけでなく、広島にとってもほんの僅かに焦りを感じることになるかもしれませんから、ここまで来たら3つ取るつもりで投打に噛み合った勝利を続けて貰いたいですね

追記

中井・・・9回のフライ処理は良かったけど、その前の送球は・・・(涙)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/