7/22 巨 3-1 De → 今日一番ホッとしてるのは由伸監督?

巨人 3-1 DeNA → 対 DeNA:7勝6敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:菅 野 16試合 10勝 4敗 0S

セーブ :マシソン 35試合 2勝 1敗 2S

敗戦投手:飯 塚 3試合 0勝 2敗 0S

・投手リレー

巨人:菅野→カミネロ→マシソン 捕手:小林

DeNA:飯塚→エスコバー→平田 捕手:戸柱

本塁打

巨人:村田6号3ラン

DeNA

TBSチャンネル2 にて観戦 解説:衣笠祥雄 実況:初田啓介

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの14回戦。巨人は初回、二死一、二塁のチャンスで五番・村田が3点本塁打を放ち、先制に成功。3点の援護をもらった巨人先発の菅野は、初回に一死満塁のピンチを切り抜けると、八回まで二塁も踏ませない好投を見せ、DeNA打線を寄せ付けない。最終回はカミネロが1点を失うも、3番手のマシソンが後続を断ち、3対1で試合終了。菅野は8回3安打無失点10奪三振で両リーグトップに躍り出る10勝目を挙げ、巨人は引き分けを挟んで2連勝を飾った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日に関しては、結局のところ最終回のドタバタが一体どうだったのか?ってのが一番、話のネタになりそうなゲームになってしまいましたね

球数98球でそれまで8イニングで被安打3,四死球1という内容だったので、数字の上ではもう1イニングは行けそうだし、DeNAからしても続投される方が嫌だったと思う。

(オールスターから数えても、休養も充分だったはずだし)

そもそも、昨日、2イニングずつ投げているマシソン、カミネロは使いたくなったわけだし、菅野本人も今シーズンは投球イニングと完投というのは拘っていたので、さいごまで預けても良かったのではないかと…

(完封で終われたとしたら、チームとしても勢いがつくし)

そこをあえてカミネロを出したのは…

セーブ機会のつく中では割りと安心できる3点差だったというのもあるだろうし、とにかく数を投げさせることで、日本野球に対応させたいというのもある。セーブがつく場面では彼に託すという形にこだわったのかもしれないし、そういう終わり方で締めたかったのかもしれない

ただ、結果的にはピンチを作ってヤバくなり、マシソンまで登場することになるという良くない終わり方になってしまった。

まだかろうじて勝てたから良かったものの、もしも追いつかれたり、逆転されていたとしたら、由伸監督の采配に非難が殺到するだけでなく、斎藤コーチも上がってくるなり何やってんの?と批判の的になるところだった。

さらには菅野の気持ちを考えても、この先にマイナスになるところだったし、実は今日の勝利はこれから先、投手陣が一枚岩になれるかどうかキーポイントになるゲームになっていた可能性が高い

って意味で、今一番ホッとしているのは、由伸監督ならびに斎藤コーチなのではないかと・・・

ナゴドの初戦では成長した姿を見せたカミネロも、以後の試合ではなかなか安定せず、かつてのクルーン、去年の澤村のように劇場型なピッチングは相変わらず…

(私の中では、今年一年は我慢して見守る年だと思ってますが・・・)

ただ、今日に関しては、本人の中でも弱気になっちゃってる部分がチラホラ見えて、それは少し心配です。荒れてるのはもともとの持ち味でもあるんで、しょうがない部分はあるのですが、だからといって自分を信用しきれずに気持ちが逃げちゃってると、自分の長所を消してしまうことになるので、そこだけはカラ元気でもいいから、相手に向かっていって欲しいなと思います。

(セーブ機会で投げるということは、相手の方が追い込まれている状況なんで、ねじ伏せるくらいの強い気持ちで向かってゆくほうが、結果はついてくると思う)

ただ、今日に関しては、特にロペスに打たれた場面、せっかく良い感じで追い込んだのだから、あそこは一球外に大きく外すくらいのリードが欲しかった>小林

大きめに外に外しても、結果的にアウトいっぱいくらいに入りそうなくらいカミネロのストレートがとにかくシュート回転していたので・・・

先発の菅野は珍しく初回から制球がままならない感じだったけど、衣笠氏が言うほど球は走ってないわけではなかったので、途中から修正してくれると信じてました

結果的に、多少荒れているというところと、菅野だから追い込まれる前に仕留めたいというDeNAの思惑がうまくハマって、球数少なく終盤までこれたのが良かったのと、制球を気にして甘いところにゆくくらいなら、多少、力押しで行くほうが良いんじゃないか?って考えているかのような小林の配球とうまくマッチング出来ていたと思う

去年までのように、おさえても勝てない時期が続くと、弱気なリードになるところあったかもしれないが、今のところ勝ち星もついているし、特に今日は初回に3点というリードをもらったこともあり、ソロなら打たれてもOKくらいで投げれたことが、良い結果に繋がったと思うし、つくづくある程度のリードは投手の心理状態を大きく変えるなってことを感じたゲームだった

(初回0点だったら、途中で菅野は捕まった可能性もあった)

バッティングも良かったしね

(あの帰塁ミスはいただけないけど・・・)

チームとしても、明日が大竹 vs 久保で分が悪いし、今日は勝てたけど、打線自体は少し下降気味なので、敗戦覚悟の戦いになるからそれだけに今日勝てて本当に良かった

(そういう意味でもホッとしてる)

まぁ明日も勝てれば、借金も3となり、やっと5割に手が届きそうになるんで、次の広島戦に向かうという点でも、チームの士気は上がるから、本音を言えば、なんとしても勝ちたいんだけどねぇ

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/