7/21 巨 3-3 De → 負けなくて良かったと思うべき?

巨人 3-3 DeNA → 対 DeNA:6勝6敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:

セーブ :

敗戦投手:

・投手リレー

巨人:田口→西村→マシソン→カミネロ 捕手:小林

DeNA:井納→砂田→加賀→パットン→三上→田中健→山崎康 捕手:嶺井→戸柱

本塁打

巨人:坂本10号2ラン

DeNA

TBSチャンネル2 にて観戦 解説:三浦大輔 実況:戸崎貴広

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの13回戦。巨人・田口とDeNA・井納の両先発投手の好投で両軍三回までゼロ行進。四回、巨人は坂本の2点本塁打と亀井の適時打で3点を先制する。しかしその裏、田口は4番ロペスに適時打を浴び、1点を返される。さらに五回、六回と適時打を許し、3対3の同点に追いつかれてしまう。その後は両軍好機こそ作るものの、得点を奪えず試合は延長戦に。十一回、巨人は二死二塁の好機も得点には結びつかず、十二回のサヨナラのピンチをしのぎ、3対3で引き分けた。田口は7回3失点で粘りの投球を見せ、3番手・マシソンは九回、十回と六者連続三振を奪う快投を披露した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後半戦に入って負け無しのDeNAは、たとえ菅野、田口であっても楽観できない怖いチーム。だから4回に3点取れたからって、勝った!とは思えなかったですし、じわりじわりと1点ずつ返されるあたりは、本当に「ヤバい!」って思いました

決して田口の出来が悪かったとは思いません、むしろ田口で無ければ、各イニングを最小失点で凌ぐのも難しかったのではないかと

それにしても、今季の巨人は特に同じバッターにやられすぎですね、せっかく筒香を完璧におさえたのに、ロペスの5安打とか…というか、対巨人の時のロペスは、仮に前日までどれだけ調子が悪くても、しっかり打ってくるくらい完全にカモにされている状態

筒香をおさえてたから良かったものの、筒香に2本くらいヒットでも出ていたら、完全にロペス一人にやられた感が強くなる敗戦となってました。

次が宮崎だから逃げるのも難しいのはわかっているけれど、それでも対ロペスに関しては、勝負するならちゃんと方針を立て、勝負しないなら全打席四球でも構わないくらいに、最大級の警戒をしないと、残り試合もDeNAとの戦いで勝利を計算するのが本当に難しくなる

(ロペスをおさえれば、筒香にやられるというパターンも多いし)

率直な感想を言えば、3点リードを守りきって3-2くらい勝つしか今日は勝てなかったゲームで、追いつかれた時点で敗色濃厚となっただけに、最終的に引き分けになってホッとしている自分がいます

ただ、その代償はちょっと大きく、結局のところ、今の巨人にはある程度僅差で出せる投手が西村、マシソン、カミネロしかいないということが、改めて浮き彫りになり。マシソン、カミネロを2イニング投げさせてしまったことで、最低でも明日は菅野に投げきってもらうか、打線が爆発して大量リードで勝つしかないという状況に追い込まれました

(そういう点では、負けに等しい引き分けなのかもしれません)

一般的には引き分けの場合は、上位チームにとっては勝ちに等しいと言われますが、DeNAにとっては2位を追いかける立場なので、逆転勝ちできそうだったゲームを逃したという点で、同じく悔しい引き分け(特にホームでしたし)だったかもしれませんね

私の中では、シーズンの最後に3位位以内に滑り込めてればセーフくらいに考えているので、借金が増えなかっただけでOKです(笑)

ま、お互いミスがありましたから、痛み分けでいいのかな?

今日は2安打してるから、あんまり小林のバッティングにケチつけたくはありませんが、それでもシーズン通してという点で言わせてもらえば

バッティングで菅野に勝てず

バントで田口に及ばず

じゃ、困りますね(笑)必ずしもヒットを打つ必要はありませんから、上位打線にチャンスをつなぐために、打席で粘って投手を疲弊させるなり、四球を選ぶなり、ランナーがいればキッチリ進塁させるなりという8番バッターの基本だけは、仕事として頑張って貰いたいものです

ん?寺内の落球?

もちろん喝!ですよ。たとえどれだけ風が吹いていようとも、そのために1軍ベンチにいるのですから、ベテラン寺内ならサクっと取ってアウトにしなければいけません。

(ただでさえ、攻撃面では・・・・なのですから)

イレギュラーだろうが、なんだろうが、寺内は全ての守備を完璧にこなしてくれなければダメです。結果的に失点に繋がらなかったから良かったものの、あれで負けていたら、「何のために1軍ベンチにいるの?」と言われても仕方ありませんね

あと残念だったのは11回

1アウトで阿部が出塁した後、次の陽の打席でフルカウントになるまで代走を出しませんでしたね。表の巨人は多少のリスクを背負ってでも、点を取らないといけない立場なので、あの場面は最初から代打で、相手にプレッシャーをかけるべきでしょう。陽にヒットが出て、ランナーがセカンドに行ったら出そうくらいに考えていたのかもしれませんが、最初のカウントから足の速いランナーがいるのといないのとでは、バッテリーの警戒度は全然違いますから、陽をアシストする意味でも、フルカウントからではなく、最初から代走を出してほしかったところです

(11回ですから、次に阿部に打席が回ることも無かったでしょうし)

明日の菅野で勝てないと、この3連戦負け越しが濃厚になってしまいますから、マシソン、カミネロはキツいかもしれませんが、しっかりスタンバイしてもらい、とにかく明日は何が何でも勝つ!くらいの意気込みで勝利を手にしてほしいですね

(怖いのは、そういう事情は菅野もよくわかっているだけに、9回まで投げようとしてギアの出し入れを間違えて、筒香、ロペスにカツーンとやられてしまうこと)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/