5/31 巨 0-6 楽 → こりゃ、しばらくトンネルは抜け出せそうにない?

巨人 0-6 楽天 → 対 楽天:0勝2敗0分 Koboパーク宮城

勝利投手:塩 見 1試合 1勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:吉川光 4試合 0勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:吉川光→田原→桜井→今村 捕手:相川

楽天:塩見→福山→森原→ハーマン→菅原 捕手:足立

本塁打

巨人:

楽天:ペゲーロ12号ソロ、ウィーラー11号2ラン

BS朝日 にて観戦 解説:稲葉篤紀 実況:三上大樹

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Koboパーク宮城で行われた東北楽天ゴールデンイーグルスとの2回戦。巨人先発の吉川光は三回、失策をきっかけに3本の適時打を浴び、3点を先制される。五回にもペゲーロにソロ本塁打を浴びた吉川光は、五回途中7安打4失点と試合を作れなかった。七回には3番手・桜井がウィーラーに2点本塁打を打たれ、リードを6点に広げられる。一方の打線は、楽天投手陣の前に八回まで散発4安打に封じ込められ、得点を奪えない。0対6で迎えた最終回には阿部の左中間安打などで一死一、三塁の好機を作ったが、後続を断たれ、今季5度目の無得点負け。今季ワーストの6連敗を喫した。借金は今季最多の3となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、久々に2ケタ安打したからって、そう続くわけ無いと思ってた

でも、それは本当にそうなった時のガッカリ感を和らげるための保険のようなもの、本当は心の底からアレがきっかけとなり、打線が活発になるって期待していたんだが…

やっぱりだったか…(涙)

放送中に稲葉氏が言っていた、楽天打線に関して”コーチが余り指導しすぎないようにしている”とか”結果はいいから自分のスイングをしてこい”と言っているという話・・・なんかちょっと羨ましかった

もちろん現在、打線は好調だしチームも首位に立っているから出来ることなんだろうけど、それがあるから首位に立っているのか、首位だからそういう指導が出来て、より好調なのか、ニワトリか卵かって感じだけど、そういう好循環が空気を良くして、さらにチームに勢いを与えてるんだろう

打線の援護があるから投手も思い切って投げられるし、ドンドン来られるから相手打線が圧されて前に飛ばせない

前に楽天が優勝した時はマー君が一人で貯金を作り、他が5割をしっかりキープしていたことが大きな要因で、彼を中心にチームがうまく回っていた感じだけど、今の状態は一人や二人が離脱したり、不調になったところで大きな痛手にならない状態だと言うことが大きい。取り敢えず2戦戦ってみて、こりゃ負けないはずだわと思うと同時に

う~~ん、やはり広島と似てると感じる

しかも、調子が良いのに控えに回らざるをえない選手が多いのもすごい。調子悪いから消去法で日替わりに近い打線を組んでいる我々と随分違うもんだ

(好調だった茂木を普通に外すくらいだし)

ってか、ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの2、3、4番って反則ってか、イジメじゃね?っていうくらいの迫力だった

マギー、クルーズ、ギャレットでクリーンアップを組めたら、巨人打線もそれくらいの迫力になるかな?って一瞬想像したけど無理だわ、この3人では、ちょっとでもバットに触れたらスタンドまで飛ばされるってほどのプレッシャーはかけられそうにない

(しかもウィーラー、守備うめぇ~~)

現在首位打者のマギーももちろん悪くないし、非常に戦力になってて頼りにしてるけど、一発でゲームの流れを変えるようなキャラでは無いもんなぁ~パ・リーグの試合を見ることもまぁまぁあるんで、楽天のチーム状態はわかっているつもりだったけど、やっぱり実際に巨人と戦う様を見ないことには、実感が湧かなかった・・・いや、わかりたくなかったね

長野や坂本のサードライナー、フライなど惜しい当たりもあって、今日は野球の神様がそっぽを向いてたなという場面もあったけれど、仮にその3つがヒットであってもせいぜい取れて1点くらいだったかもしれないと思うと、昨日、今日に関しては完全に完敗でした

明日が則本だってことを考えれば、勝つ可能性は限りなく低く、とにかく2ケタ奪三振だけは奪われないように、打線に意地を見せてもらうしかないなというくらいしか思えないのが悲しいところ

その明日だけど、池田ですかぁ~!?

彼の投げっぷりには期待しているし、ひょっとすると救世主になる可能性もあるけれど、てっきり明日先発させるために今村を上げたのだと思っていたので、私の中では???な感じ。

今日の先発の吉川は、少なくとも前回の危険球を引きずっている感じではなかったし、エラーをきっかけに躓いたところもあったので、見切るには早く、少なくともまだしばらくは投げさせてみたいと思う投球だった。もしも明日の池田がうまくハマればいいが、ダメだった場合は今村を先発で起用し、右3枚、左3枚の体制で、出来れば1日おきに左右をジグザグに登板させたい

打線で元気だったのは石川くらいで、後は皆似たり寄ったりな感じ?坂本に関しては当たり自体は悪くなかったので、まだ期待できると思っているけど、やはりボテボテでもいいから1本くらい安打が無いと、なかなか厳しい

阿部に関しては稲葉氏が言うとおりで、軸足に体重が乗ってる時間が短いから、見極めが出来てないしボールに力も伝わりにくい。大きいのが欲しいと焦っているのかもしれないけれど、阿部が良い時は逆方向へ力強い打球を打てるので、どちらかと言うとボールを長く見ることを意識してタメを作って欲しいなと思う

っていうか、そんなこと素人の私に言われなくても、阿部ほどのキャリアがあれば、過去の自分の経験と今の身体の状態、スイングのビデオを見ていくらでも調整するだけの引き出しは持っているだろうに…かつてホームランを量産していた頃の阿部は、調子が落ちるとスタジアムの階段の上り下りをやって下半身を一度、イジメて再調整していたけれど、ベテランとなった今は、それをやっちゃうとただ疲れるだけになってしまうのかな?

悪ければ悪いなりに戦力になって欲しいのだが、それが難しいのであれば、しっかり休養を取って気持ちも含めてリセットすることも必要。

少なくとも、楽天の外国人野手3連発&銀次、今江への怖さに比べれば、今の巨人打線には怖い打者はマギー一人、それも一発の可能性は他の外国人選手に比べれば少ないわけで、もう少し相手バッテリーにプレッシャーを与えられるクリーンアップに戻らなければ、得点力の向上は見込めないという感じ

あ、桜井に関してはランナーがいようがいまいが、今日はリリースポイントがバラバラすぎて全然ダメでしたね(涙)

今日で5月は終わり、数えてみると10勝14敗でまぁチーム状態を考えれば、そんなもんかな?ってところ。下旬の成績が悪すぎるのでかなり悲観的になるけれど、時期を考えれば、まだあきらめる成績ではない。ただ、さすがに大型連敗は取り返すだけでも相当時間がかかるので、出来れば則本相手とはいえ6月最初のゲームは取っておきたい

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/