5/25 巨 1-6 阪 → い、いや、勝ち越したからイイんだけどね(涙)

巨人 1-6 阪神 → 対 阪神:5勝5敗0分 甲子園

勝利投手:メッセンジャー 9試合 6勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:大 竹 8試合 4勝 3敗 0S

・投手リレー

巨人:大竹→池田→桜井 捕手:小林→相川

阪神メッセンジャー→マテオ 捕手:梅野

本塁打

巨人:

阪神:キャンベル1号2ラン

日テレG+ にて観戦 解説:川藤幸三赤星憲広 実況:尾山憲一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甲子園球場で行われた阪神タイガースとの10回戦。巨人は先発の大竹が立ち上がりに捕まる。初回、上本の左中間適時二塁打、キャンベルの中越え2点本塁打などでいきり4点を失う。打線は二回に阪神先発・メッセンジャーから小林が中前適時打を放ち1点を返す。立ち直りの兆しが見えない大竹は三回にもキャンベルの適時二塁打などで2点を失う苦しい投球で、3回6失点で降板。四回以降は池田、桜井の若手投手陣が好救援を見せ阪神打線を1安打に封じ追加点を許さなかった。しかし、打線がそれに応えられない。阪神投手陣の前に六回以降1安打に封じられ、計11三振を喫した。1対6で敗れた巨人は連勝が「3」でストップした

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まぁ、戦前から厳しい戦いになると予想していたから、別にイイんですけど・・・

それにしても、初回からゲームを壊しちゃいかんでしょ(笑)

守備のミスが絡んだとはいえ、3回で6失点(うち自責点は4)は言い訳のしようもないし、見てるこっちのテンションもだだ下がり

一昨日の菅野の三者三振を見て、気持ちをいれようと思ったと言っていたけれど、残念ながら空回り・・・っていうか、気持ちは入っているのかもしれないけど、腕は振れてないし球は高いし、相手に対して威圧感も無いしで、全然打ちづらそうな感じに見えなかったのが悲しい

20代の頃の速球派ではなく、今の大竹は制球力とシュートが武器で、スライダーを織り交ぜることで的を絞りにくくするというのがスタイルのはず。相手バッターにも当然、シュートは頭にあるはずなんだけど、シュートピッチャーだということはわかっていながら、ストレートもスライダーも見切られているようでは、勝負になってない。

何となく勝っているから不満はあれど、まぁしゃーない、谷間だし・・・くらいで見ていたけれど、さすがに今日のピッチングは擁護出来ないな。首脳陣がどういう評価をくだすのかわからないけど、少なくとも今日で完全にファンの信頼は失ってしまったと思うし(当ブログでもコメントに擁護する話はほとんど出てこない(涙))、ナインもモチベーションが下がると思う。今日で防御率も5点を越えるのかな?5点台ならまだ若手のお試しで枠を使ったほうが遥かにマシ

これまで、立ち上がりだけは、まぁまぁ良かったので、先発がダメなら中継ぎで使うというのもアリだと思っていたけれど、今日のピッチングを見てしまうと、それも厳しいなと思わざるを得ない。現地にいないので、わからないけど、今日は甲子園球場に罵声が飛んでいたのではないかと思う・・・

その一方で逆転の難しいビハインドだったとはいえ、後を投げた池田、桜井が4回以降を被安打1、四死球0で中盤以降を締めたのは良かった。あのまま中継ぎまで炎上していたら阪神に勢いを与え、明日以降突っ走られるかもしれなかった。

(大竹以外から点が取れなかったという課題を阪神に残せたのはせめてもの救い)

と同時に打線もちょっと・・・ねぇ

3試合で5点かぁ~これでよく勝ち越せたなと思う(涙)秋山、能見、メッセなので多少はしょうがないところもあるとは思うし、メッセにいたっては今日で6勝1敗で1つしか負けていないわけだから、巨人に限らず他の球団も打ててないわけで、巨人打線だけを責めるのは可哀想だけど、もう少ししつこさが欲しかったかな

初回は球数を投げさせて、粘っていたし、メッセ自身も今日は審判との相性がよくなくて、イラついていた場面もあったので、スキが全くないわけでは無かったと思うんだけど・・・初回に4点取られたことで、打線の方が淡白になってしまった印象が残る攻撃だった。

ま、良い投手にはアッサリ負けるというのが去年からの巨人のパターンではあるのだが、大量ビハインドであっても、くらいついて1点ずつ返してゆくとか、隙を見て一気に追いつくといった攻撃も見せないと、序盤の6点で「あぁ、今日は勝ったな」と相手に思われてしまい、楽なピッチングをさせてしまう。総合力ではそれほど劣っていないと(私が勝手に)思っている阪神、広島になかなか追いつけないのは、そういったちょっと開いたビハインドゲームで相手に恐怖を与え、実際に追いつくというゲームが少ない分だけ離されているのだと思う

(実際、逆転勝ちゲーム少ないしね)

この先、優勝を狙うなら、勝ちゲームを勝ち切るのは当然だけど、負けゲームをひっくり返すシーンが最低でも3~4回に1回くらいは無いと、上との差を詰めるのは難しく、自力で追い越すのではなく、上が落ちてくるのを待つばかりになってしまう。

今はまだ、陽岱鋼がいないから…なんて言い訳も通用するが、いざ帰ってきた時に、代わりに誰かが離脱するとか、陽岱鋼が活躍しても他の調子が落ちてるとか、そもそも陽岱鋼自体が期待値よりも結果を残せなかった場合には、いよいよ後が無いことになる

(個人的には実戦復帰してきた山本に期待してるけど)

無い物ねだりをしてもしょうがないのだが、そろそろ中井に関しては考えどきかな?と思わなくもない

(せっかく、ここのところ守備も安定してきてUZRも良くなってきたのに・・・)

でもまぁ、対阪神をホームで表3枚ぶつけられて、ヘタしたら3連敗の可能性もあっただけに、2勝1敗なのはある意味、嬉しい誤算ではある。勝てそうな接戦を落とすよりは、まだ諦めもつくしダメージも少ない(と負け惜しみを言っておく)。

菊池がスタメンに戻ってから好調の広島との3連戦は不安ではあるけれど、マイコラス、宮國、田口で負けたのならしょうがないと思える。

中崎が戻ってきて、投手陣も安定しつつある広島だけれど、この3試合の阪神の投手陣プラス ドリス、マテオといった後ろの投手に比べれば、まだ付け入るスキはあると思うので、チャンスは少ないと思うが、何とかクリーンアップに踏ん張ってもらいたいなと思うし、投手陣は広島打線ということでビビって逃げのピッチングにならないよう、自分の持ち味を普通に出してくれればと思う

追記

今日はG+だったので川藤氏も赤星氏もちょっと巨人のフォローもしながらの解説だったけど、それでも川藤氏の相変わらずのタイガース愛のあふれる解説が聞けて、面白かった

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/