5/18 巨 0-1 ヤ → 2試合連続完封負けはチームの空気を悪くするなぁ…

巨人 0-1 ヤクルト → 対 ヤクルト:4勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:石 川 8試合 4勝 3敗 0S

セーブ :秋 吉 18試合 4勝 2敗 6S

敗戦投手:宮 國 8試合 0勝 4敗 0S

・投手リレー

巨人:宮國→マシソン→カミネロ 捕手:實松

ヤクルト:石川→近藤→ルーキ→石山→秋吉 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:

日テレG+ にて観戦 解説:野村謙二郎 実況:町田浩徳

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの8回戦。先発の宮國は三回、一死三塁から内野ゴロの間に1点を先制される。一方の打線は、ヤクルト投手陣の前にあと1本が出ない。マギーが4安打、立岡も3安打と、八回まで毎回走者を出しながら得点に結びつかない。巨人は計9安打を放つも、最後まで打線のつながりを欠き、0対1で敗れた。2試合連続無得点は今季初。宮國は7回3安打1失点の好投を見せたが、打線が援護できず、チームは連敗で貯金0となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

点が取れなかった、それが全てですね

ヒットは出れど点に結びつかず・・・野球ですから、そういう時もあるでしょう、ただ、原前監督の最終年から、その課題はなかなか改善されませんね

解説の野村謙二郎氏の言葉じゃないですけど、坂本頼みになっている状態を脱却しないと、坂本自身にも負担となってしまうというのがまさにその通りで、やはり1、2番の固定が急務ということになりますね。

今日は2番の立岡が猛打賞、5番のマギーが4安打、7番長野が2安打と坂本以外の選手が頑張りましたが、3、4、6番がノーヒットだったことで、うまく歯車が組み合わず、結果9安打しながら0点だったという悲しい敗戦となりました

今日は投手が石川ということで、4番を村田にして、中井、長野を起用した由伸監督ですが、やっと村田を使ってくれたか!とゲーム前は期待していたんですけどね・・・村田本人も起用の意図は充分理解していたと思いますが、ちょっと空回りしてしまった感じでしょうか。

一方で小林にベンチから配球や投手の活かし方を見せるため(休養目的もあるでしょうけど)、實松を先発に持ってきました。攻撃面でこそ力にはなれませんでしたが、宮國との相性は抜群で、マシソン、カミネロも含め、4安打1失点のリードをしたのですから、流石と言って差し支えなかったと思います

余り動かない由伸監督が今日は割りと思い切った采配をしたわけで、それだけとにかく何かを変えたい、脱却したいという思いがあったと思いますが、残念ながらこと攻撃面において、流れを変えることはできなかったのが残念です

その實松をバッテリーを組んだ宮國は本当にナイスピッチングでした、下位打線を相手に、ヒット1本で1点を取られた形にはなりましたが、山田、バレンティンには仕事をさせませんでしたし、打率2位の雄平も1安打におさえました。今日の良かった点で言えば、宮國の今日のピッチングは敗戦の中において明るい材料でしたし、これでローテの一角を完全に掴んだと言ってもいいくらいの内容でしたね。ローテ通りでゆけば、次回は甲子園での阪神戦になりますが、今日のようなピッチングをしばらく続けてくれるなら、週の前半は菅野と宮國、後半はマイコラスと田口と4枚は計算できます

(ん~~~大竹は、計算の中に入れるのはちょっと怖い)

出来れば菅野の後に左投手、マイコラスの後に若手のお試し or ベテランの復活枠を作れれば、ローテはある程度固まって、あとは7回を投げる投手を誰にするかを考えれば良いので、随分と楽になってきます

となると、やはり問題は打線ですね

3、4、5番が打てば点が取れる、3人のうち2人が打てないと負けるというわかりやすい図式になってしまっているので、とにかくそこを脱却するのが最大かつ緊急の課題。

広島打線の立役者に、石井琢朗コーチ、阪神打線の好調さの裏に掛布2軍監督がいるように、巨人もそろそろコーチが打線を鍛えるという流れが欲しいですね。個人的には2軍の内田コーチ、1軍の二岡コーチには選手の成長を期待させるだけの手腕があると期待しているのですが、なかなか両チーチが育てた選手が芽を出すという状況にまでは至ってません。まぁ選手はある日突然育つわけではないので時間がかかるのは仕方ありませんが、そろそろ打てないからといって、安易に補強で対策するのではなく、じっくりと鍛えて、不動の地位を築き上げる若手を本気で作り上げて欲しいですね

本来、貯金を作らなければいけないはずの今週のカードの1発目を負け越してしまったので、暗雲が立ち込めてますが、そんな中でも、昨日の桜井、今日の宮國といった明るい材料も出てきているわけで、何とか切り替えて、明日から3連勝するつもりで頑張って欲しいですね

追記

今日の立岡の内野安打、最初からボールを叩きつけて転がすイメージで打っていたのは良かったと思います。立岡にはきれいなヒットよりも、あぁいう泥臭い出塁を重ねて、打率を上げて欲しいです

それと残念ながら盗塁を失敗してしまった重信ですが、走らせるために出しているわけで、積極的に走るのは大賛成。あの鈴木尚広だって、最初から走塁の神様になったわけではありませんし、失敗を重ねてあの地位を築いたわけですから、これから先も呼ばれた時は100%の確率で走って欲しいですね

(危うい牽制でリキんだと言ってますが、それもまた経験)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/