5/14 巨 1-8 広 → こりゃまいったね、かなり深刻だわ

巨人 1-8 広島 → 対 広島:1勝7敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:九 里 7試合 3勝 3敗 0S

セーブ :

敗戦投手:田 口 6試合 3勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:田口→宮國→山口鉄→篠原→乾→池田 捕手:小林

広島:九里→一岡→ジャクソン→今村 捕手:會澤→石原

本塁打

巨人:

広島:鈴木8号2ラン

テレ朝チャンネル2 にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの8回戦。打線は初回、マギーが適時打を放ち、幸先良く先制に成功する。一方の巨人先発・田口は三回、中井の失策も絡み同点とされてしまう。同点のまま迎えた六回、田口が鈴木に2点本塁打を浴び逆転を許すと、後を受けた救援陣も広島打線の勢いを止められず、1対8と大量リードを許してしまった。追う打線は、最終回にドラフト1位ルーキー・吉川尚が代打として登場。プロ初打席となるも、二ゴロに倒れ試合終了。昨日同様、終盤に投手陣が打ち込まれた巨人は、連敗を喫し広島との対戦成績は1勝7敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は終日外出していたので、レポートが遅れました…

深夜に帰宅して、派手に負けたことを知りながら、録画した中継を一から見るのは著しく苦行でしたが、それでもまぁしっかりと観戦

いやぁ~なかなかに落ち込みますね(涙)

守備のミスは当然責められるべきで、言い訳のしようもないところだけど、ことはそれだけじゃない。結局のところ4安打しか出来なかった攻撃陣にも問題があって、今の状態では1点を争う僅差のゲームでも、ノーガードでの打ち合いでも広島、阪神には歯がたたないということになってしまう。

それでも、まだ戦力が100%じゃないからと自らを慰めつつ、目の前の戦いにのみ集中するのか、交流戦、後半戦を睨みながら中長期的な視点でタクトを振るうのか、去年よりはまだマシと言える戦力をどう活用するのか、由伸監督の判断がこれからは問われるところ。

攻撃はクリーンアップにまかせて、完全に守備力重視で若手、ベテラン問わず守備の上手い選手で構成するのか、それともミスが出るのは想定した上で、最も攻撃力に振った布陣にするのか、さらには今シーズンはギリAクラスでOKとして、実績の少ない若手を徹底的に使って来年(うまく育てば今季終盤)に備えるのか・・・

それでも1個ながら貯金を作れている状況なので、全てがXというわけではないのだが、現状では全てに中途半端になってしまっているのは否定できず、その上で上位2チームが突出しているために、このまま我慢して上が落ちてくるのを待つべきなのか、手持ちをやりくりしながらそれでも上位を食う戦いをするのか、交流戦までの戦いは色々な意味で要注目になってしまいました

巷ではマギーをセカンドに、村田をサードにという声も上がっているようですし、小林を一度リセットさせて、實松メインでゆくべきという話もでているようです。

そういった周囲の声にどれだけ耳を傾けられるのか、由伸監督の采配に期待したいところですけど、個人的には今シーズンを棒に振ることになってしまったとしても、由伸野球はこれを目指してます!というのが見える野球をやってほしいなと思ってます

少なくとも、重信、岡本、吉川尚らの、この先数年に渡って巨人を引っ張ってゆくべき若手を積極的に起用し、シーズン中であっても体づくりをさせながら技術力も向上して欲しいですし、立岡、中井らは、若手の出番がなくなるほど説得力のある成績を残せるようにプレシャーをかけまくってもらいたい(それで、萎縮してしまうようなら、この先も無いわけで)。

村田サードでファーストを阿部とマギーの併用でもいいと思ってますし、マギーをサード固定で阿部と村田を併用でも構いません。

(いずれのオプションにしても、代打の切り札で1枚は残せるわけですし)

オーダーを固定できないことが問題視されているようですが、ショートと1、3塁以外のポジションに関しては突出している選手がいない状態なのが現実ですから、これはもうやむを得ません。クリーンアップさえ固定できていれば、最低限の戦いは出来るわけですから、今はとっかえひっかえしながら、うまくハマるパーツを模索するしか無いのでしょう。その中で、あくまでも今の勝ち負けではなく、将来の勝ち負けに影響するようなビジョンが見える戦いをして欲しいですね

来週にはまた阪神、広島との戦いがあるわけですし、可能性は少ないとはいえ、そこで一気に2チームに追いつくチャンスが無いわけではありませんから、もう一度、周りを見渡して、周囲の声にも耳を傾け、何がベストなのか考えてもらいたいところです。

選手はある日突然うまくなるわけではないですし、答えのないパズルを組むようなものですけど、ピースが組み上がった時に「あぁなるほど、由伸監督が目指していたのはこれなんだ」というのが見える”新化”を期待したいところです

(今回の広島戦の大敗が良いきかっけになったと言えるように…)

なんか、とりとめのない文章ですみません、私としても言葉選びが難しい状況です

今夜の週刊ジャイアンツで吉村氏がどういう提言をしてくれるのか、そこに注目して、明日からの戦いに目を向けたいと思います

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/