5/3 巨 4-1 De→ 大竹なぁ~今日で3勝なのに、なんだろ、この…

巨人 4-1 DeNA → 対 DeNA:4勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:大 竹 5試合 3勝 1敗 0S

セーブ :カミネロ 12試合 0勝 1敗 8S

敗戦投手:水 野 1試合 0勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:大竹→山口鉄→マシソン→カミネロ 捕手:小林

DeNA:水野→田中健→須田→砂田→進藤 捕手:戸柱

本塁打

巨人:

DeNA:ロペス5号ソロ

・解説:原辰徳 実況:田辺研一郎

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの5回戦。巨人は1点を先制された直後の二回、小林の2点適時打で逆転に成功。三回には橋本到の適時打でリードを広げる。先発の大竹は七回にピンチを招いて降板するも、リリーフ陣が踏ん張り得点を許さない。八回には阿部の適時打で貴重な追加点を挙げ、九回は守護神のカミネロが三者凡退で締めた。大竹は3勝目。巨人はDeNAに連勝し、4カードぶりのカード勝ち越しを決めた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6回0/3で被安打6、奪三振9、四死球1、自責点

数字だけ見れば先発の役割はしっかりと果たし、3勝目を手に入れた大竹なんだけど、なんだろうなぁ~この、まだまだ任せるに不安な気持ちは・・・

1~4回まで毎回奪三振、6回なんて先頭の桑原を出し、梶谷に四球を出したものの、3つのアウトはすべて三振という菅野ばりの内容にも関わらず、7回に倉田、田中浩康へ連続ヒットを許してしまい降板。課題となっている3回り目、7回の登板をクリアできなかったということが、勝ったにも関わらず、シャッキリしない気持ちになってしまうことの大きな理由だろう

ぶっちゃけ、7回、ピンチのまま続投させたとしても戸柱、代打の宮崎と抑える結果になったのかもしれないが、2点差の終盤で仮に1点でも相手に与えると、一気にムードが変わりそうで怖いというのもあるし、由伸監督の大竹に関する評価の正直なところが出たのだと思う。

(これが3点差だったら続投だったかな?)

とはいえ、3勝1敗と貯金を2つ作っているのは立派。個人的には立ち上がりから2回り目くらいまでは割りと安定して見ていられるので、できればロングリリーフも出来る中継ぎとして活躍してくれたほうが嬉しいのだが、それは大竹に代わって先発で起用したい投手が出てきた時の話だろうか?

恐らく、この先も7回以降まで投げられるようなピッチングは年に数度あるかないかくらいだと思う(ここまで来て、今さら大きく何かが変わることもないだろうし)。かといって、菅野のように7~8割の力を組み合わせながらというほど器用な感じもしないし、基本的に行けるところまで突っ走るスタイルで良いとなれば、今の大竹のピッチングスタイルはコレなんだと納得して応援するしか無い

7回のピンチの場面で出てきたマシソンは非常に良かった

原元監督も褒めていたけれど、スライダー、スプリットの両方でストライクが取れるようになったのは昨年までに比べ、大きく成長したところだろう。どうしてもストレートのタイミングで待たざるを得ないバッターにとっては、この変化球は非常に厄介。逆に言えば、スライダーが入らない時のマシソンはダメな時というわかりやすいものになるのだが、今シーズンはダメな時というのが非常に少ない。投げたがりでタフなこともあり、今日に関しては非常に頼もしく、お立ち台に上がるチャンスの少ないセットアッパーなのに、ヒーローに選ばれたのも納得できる

一緒に上がった小林も見事でした。ここのところ、一日一善(1ヒット)が続いており、今日のバッティングはWBCで輝いていた時を思い出させるような、渋い当たりのタイムリーでここのところ見せている、食らいつく感じが良かった。

本来なら敬遠されて次の大竹勝負がセオリーなところ、相手バッテリーが小林勝負という形を取ってきたため、原元監督も舐められていると言っていたけれど、そのDeNA側の思惑を見事に覆すバッティングで一気に逆転したシーンは非常に興奮しました。

あとはセンターがほんの僅かもたついた間に一気に三塁まで走った立岡もイイ!セーフティバントは失敗してしまったが、三振するくらいなら、何らかの形でバットに当てるほうが、まだ何かが起きる可能性がある。自分の持ち味をしっかりと理解し、場面場面で最大限に発揮できる事を常に意識してプレーしてくれれば、自ずと結果もついてくるので、今日のようなプレーを忘れずに、明日も頑張ってもらいたい

相手の初先発だった水野投手も非常に良いな

サイドからのスライダーとシンカーを、ベースの左右に投げ分けることができれば、フロントドア、バックドアのどちらも使えることとなり、右バッター、左バッターのどちらにも通用する投手になれる。

今日は初先発ということもあってか、ストレートがシュート回転して高めに来ることがあったし、左バッターのインコースをするどくつくこともできなくて、打たれてしまったけれど、あの球を低めのストライクからボールになるところにいつでも投げられるようになったら、ちょっと簡単には攻略できない投手になると思う。前夜の濱口、中継ぎで投げた進藤と合わせて、これから数年のDeNAの若手投手は楽しみが多いなと思った

中井以外(今日は中井はタイミングが合ってなかったね)に満遍なくヒットが出て、得点も橋本、小林、阿部と割りとバラエティに飛んだ形で取れた。タイムリーを打ったとはいえ、阿部の状態はまだ上がってないように感じるが、それでも最後に1本出たことで、気持ちの上で何かが変わるかもしれないので、明日も注意して見ておきたい

さて、明日は宮國

前回と同じようなピッチングが出来るなら、しっかりとゲームは作ってくれるだろう、個人的には菅野、マイコラス、田口に続く安定感を持っていると思っているので、QSをしっかりと続けて、首脳陣の信頼を勝ち取ってもらいたい。

筒香にソロを浴びるくらいは許容範囲なので、とにかくロペスだけは仕事をさせないように注意してくれれば、そうそう炎上することは無いと思う

せっかく良い流れで2戦勝利しているので、できれば明日も勝利して、気持ちよくナゴヤに乗り込んで行きたいところ

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/