4/29 巨 1-2 ヤ→ 今日をきっかけに相性が変わらないように気をつけよ!

巨人 1-2 ヤクルト → 対 ヤクルト:3勝1敗0分 神宮球場

勝利投手:小 川 5試合 3勝 2敗 0S

セーブ :秋 吉 9試合 3勝 0敗 3S

敗戦投手:篠 原 6試合 1勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:田口→篠原→中川 捕手:小林

ヤクルト:小川→石山→秋吉 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:雄平2号2ラン

・解説:平松政次 大久保博元 実況:竹下陽平

フジテレビONE にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの4回戦。試合は、巨人・田口、ヤクルト小川の両先発投手による投手戦となった。田口は毎回走者を背負う苦しい投球ながらも得点を許さない粘りの投球。援護したい巨人打線だったが、初回一死三塁、五回二死二、三塁の好機を生かせず、互いにゼロ行進が続く。均衡が破れたのは七回、巨人の2番手・篠原が一死一塁から、雄平に痛恨の先制2点本塁打を浴びる。打線は直後の八回二死一、二塁から、阿部の右越え適時打で1点差に迫るも、ヤクルト投手陣の継投に後続を断たれた。九回、代打の亀井が出塁するも、あと一歩及ばず、今季ヤクルト相手に初の黒星を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山田、バレンティンに最大の警戒をしなければいけないのは変わらないけれど、現時点では調子が良いのは大引と雄平なので、そこは警戒しなければいけないと思っていたんだけど・・・・その雄平にやられた

先発の田口は今日は珍しく、慎重なピッチングで、らしくもない四死球8個という結果だったけど、まぁそれでも破綻すること無くゲームを作ったのは良かったと思う。これから先、思うようにゆかないことや、相手チームのバッターすべてに大胆にゆけないこともあると思うので、そういう中でも自分がすべきことは見えるきっかけになったのは悪いことでは無いと思う

どちらかといえば、お互い再三チャンスを作りながら得点にまで結び付けられなかった打撃陣に問題のほうが・・・

今日の巨人の唯一の点は阿部が入れたものだけど、その阿部自身もスイングを見るかぎりやはり本調子ではない感じだし、今日は中井とマギーにあと一本が出ないことがチームの流れを狂わせてしまった感じ

長野も相変わらずだし・・・(涙)

唯一の?な点といえば、由伸監督が篠原に期待する気持ちは十二分に伝わるけど、さすがに今日は違うかな?って思ったくらいか

(さすがに、ちょっとした疲れや、1軍の怖さも経験して、自分らしいパフォーマンスを発揮できる状態からは、離れつつあると思うので)

今日勝っていれば、明日の内海も多少楽な気持ちで投げられたかもしれないけど、負けたことで重い気持ちでマウンドに上がることになりそうなのが、ちょっと心配

山田、バレという右の強打者に最大限の注意を払うことは必須だけど、寝ているはずのヤクルト打線を目覚めさせなことを最大限に警戒したピッチングが出来るかどうか、じつは交流戦前にキーチームとなるのはヤクルトだと思っているので、開幕してから一ヶ月の締めの戦いとして、明日のゲームは意外に重要だと思っている

(5月は1カードしか対戦がないんで、明日、ヤクルトを目覚めさせて、巨人以外の他球団との戦いで暴れてもらうという選択肢も・・・)

追記

今日は朝4時から起きて、静岡に行き、知り合いが出場しているため

https://www.lpga.or.jp/tournament/leaderboard/20172031/1

を見に行ってました・・・・

その関係で、ヘトヘトなもので、あっさりしたレポートですみません

皆さん、よろしかったら古屋京子の応援をよろしくお願いします

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/