4/12 巨 5-9 広→ 壮絶な空中戦はカープに軍配、3連敗はマズいぞ!

巨人 5-9 広島 → 対 広島:0勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:床 田 2試合 1勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:内 海 2試合 1勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:内海→宮國→池田→谷岡→山口鉄 捕手:小林

広島:床田→ジャクソン→薮田 捕手:會澤→石原

本塁打

巨人: 阿部5号2ラン、村田1号3ラン

広島:新井2号ソロ、エルドレッド3号ソロ、新井3号3ラン、エルドレッド4号ソロ

・解説:野村謙二郎 実況:上重聡

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの2回戦。試合は両チーム6本塁打が飛び出す空中戦となった。巨人は初回に阿部の2点本塁打で先制するが、先発の内海が三回までに4本の本塁打を浴び、6点を失う。2対7で迎えた五回、代打・村田が第1号の3点本塁打を放ち、5対7と2点差に詰め寄るが反撃もここまで。投手陣が崩れた巨人は結局5対9で敗れ、今季初の3連敗を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

う~ん、開幕してまだひと回りもしてないので、ちょっとやそっと負けたくらいじゃ落ち込まないはずなんだけど、やっぱり3連敗ともなると筆(いや、この場合はキーボードか)が重い…

両軍合わせて6本のホームラン、本来ならホームで巨人が得意とするはずの空中戦だが、上には上がいたという感じ。昨日も書いたけど、ちょっとやそっとリードされたくらいじゃモチベーションが下がるどころか、むしろドンドン上がってゆくカープ打線に完全にやられました。

でもまぁ、今日も敗因はハッキリしてます

       ・

       ・

       ・

       ・

       ・

内海ぃ~~~やっちまったなぁ~~~!!!

です(笑)

いや、昨日の時点から嫌な予感はしてたんだけど、まさかこうもドツボにはまるとは(涙)

初回を三者凡退でサクっと終了して、阿部の2ランでいきなり先制、これは6回とは言わず7回くらいまでは投げてくれるかと思っていたのに、まさかの今シーズン炎上第1号になってしまうとは…まぁ、新井の最初のホームランは仕方ないとしよう、アレはしっかりと予習ができていて、狙ってないとスタンドまでは持ってゆけない球だったし、不用意に投げたとはいえ半分以上は打った新井がスゴい。

もひとつオマケに、エルドレッドのホームランも、新井に打たれたショックの後だったし、内海だって人間だからってことで多めに見よう

ただねぇ、同じ打者2人に連続でホームランを打たれるとかギャグでしょ?

プロ野球ニュースで里崎氏にも言われてたけど、ありゃダメだわ。1打席目は引っ張られて、2打席目は流されてって…配球した小林も悪いけど、内海のほうが遥かにキャリアがあるんだから、1打席目に打たれたところにもう1度投げ込んで打ち取るくらいの気迫を見せないと、これから先 舐められっぱなしになるに決まってる。

内海の場合は、好調な時とそれ以外の時の落差が大きくて、しかも突然炎上する傾向があるから(大竹とかハヤトゥーもこの部類)、とにかく投げる時はドキドキしてしょうがない。球威が無いのは本人も認めるところなので、とにかくキレとコントロールが命。そのコントロールが思い通りに行かなければ、普通に投げるどころか押さえることすら難しい。つまり内海の場合は好調な時以外は基本的にダメなんだと…

それでも色々引き出しを持っているはずなので、もう少し何とかしてくれると思ってたんだけどなぁ。チームが連敗中ということと、もうひとつ今の自分に自信を持ちきれていないかもしれないところが、今一つな状況で強気になれず、かわしに行ってしまうのだろうか?

ぶつかったらゴメンね、くらいの強気で投げることが出来たら、その後の展開も変わったかもしれないと思うと、投手陣の精神的支柱であるはずの内海の炎上は、ただの一敗よりも心にグサっと刺さるものがあった(涙)

そしてぶつかったらゴメンねと言えば、グッさん!あなたもだ!

昨日の森福のピッチングについても同じことをいったけど、強打の右バッターを左ピッチャーが押さえるには、アウトコースの微妙な出し入れをするか、インコースにエグい球を投げるのがセオリー。小林もそれがわかってるから、堂林に対してインコースを要求しているのに投げきれなくて、真ん中に入ったところをパコーン!!

敗因は細かいところも含めると色々あるんだろうけど、大きく取り上げると、この二人のベテラン投手が逃げてしまったことが最大の要因だったと思う。イケイケでくる若いチームを相手にベテランが日和ってしまっては、こちらの若い選手も流れを変えるのは難しい。例え打たれても「強気に攻めたんだけど、打たれてもーた、ゴメン!でも、後を頼む!」くらいの表情でベンチのモチベを上げるくらいじゃないと、広島の勢いは止められないと思う

でも、もちろん良いところもあった

まずは初回、昨日バントのヘタさ加減をまざまざと見せてしまった立岡に、中井が出塁した後、進塁打を打たせたところ。昨日も書いたけど、重信と比べると立岡はまだそこまで三振は多くない選手なので、カウントによってはエンドランをするなど、普通にバットに当てさせたほうがチャンスが広がるケースは広がる気がするので、昨日のプレーを受けて、今日は打たせたという決断をしたのは良かった

それと長野に会心では無いものの2本のヒットが出たのも朗報。個人的には今日2本打ったからと言って明日打てる保証がどこにもないと思っているけれど、とにかく下を向いている長野が少しでも前を見れるようになったかもしれないのは良かったと思う。

(ただ、それでもまだファームで再調整したほうが良いという私の意見は変わらない)

そしてトドメは村田でしょう

6打席目に飛び出したホームラン!ってプロ野球ニュースでは言ってたけど、代打に甘んじている村田にとって6打席目は6試合目にしてのホームラン。つまり先発出場していれば2試合目に飛び出していた計算で、オープン戦で結果を残せなかったけれど、なんだかんだ本番になれば集中しているということを見せてくれたと思う。

(いや、そんな単純なもんじゃないって事はわかってるけど)

ポストゲームショーで宮本氏が村田のホームランに泣きそうになったと言ってましたが、そう思った人も多いのでは?

これから先、記録が色々と待っている中、先発出場できていないことをオープン戦で結果が残せなかった自分が悪いと受け止め、これも勉強と代打で出場することに集中している村田には頭が下がる。本音を言えば、マギーが守備で手を負傷しかけた時、心の中で「降りろぉ降りろぉ」と念じてたんじゃないかと邪推するが(笑)、身体のどこも悪くないのに先発メンバーに入れていない事に相当苦しんでいるんじゃないかと思う

由伸監督もオープン戦で村田がマギーを遥かにしのいでくれたら、躊躇なく先発で出場させていたと思うが、半分はチーム事情もあって、村田に対して心で「スマン」と思いながらここまで試合を重ねていたと思う、だからこそ、今日の村田のホームランに満面に笑みで応える由伸監督の嬉しそうな表情は心に響きました

それでも村田が先発で出るチャンスは、マギーが故障するか3試合連続ノーヒットくらいの感じじゃないと出せないと思うけれど、男 村田の意地の3ランは今日の敗戦の中で、唯一心を打たれたシーンでした

それと投手陣では池田

先程、左投手は右バッターのインコースを攻めるか、アウトコースの出し入れが…と書いたけれど、池田に関しては、うまくアウトコースを攻めれていた。打たれたらしゃーないとでも言っているような投げっぷりで、でも制球良く投げている姿は1年目の戸根を思い出す。ルーキーなんで、早ければ5月くらいには疲れて研究されて炎上するかもしれないけど、現時点ではグッさん、森福よりも打者に対して強気に攻めれてるので、期間限定で勝ち継投に入れてあげたいくらい。

もひとつオマケに宮國なんだけど…

ファームの先発で投げる予定のところを急遽呼ばれた宮國。今の巨人の台所を考えたらファームで無双中、しかもロングで投げられる宮國の存在は、どうしても欠かせないピースで、今日のように先発が早いイニングで降板した時はうってつけの投手だと思うのだけど、キャンプ中にお父さんを亡くし、今シーズンは先発投手として絶対にローテ入りすると固く誓って精進している宮國を中継ぎで使うのは見ていて本当に心が痛い。

今日はタイムリーを打たれてしまったけれど、あれは打った方も上手い。

球威こそまだ上がってないけれど、昨年から取り組んでいるフォームの変更が体にしみついてきて、制球力が増しているのは今日のピッチングでもわかる。個人的には欲を言うと、もう少しプレートを三塁側よりにして、より右バッターのアウトコースに対角線に投げるれると効果もあがりそうだけど、そうすると体に負担もかかるし、インコースの制球が難しくなるので、今はまだアレでもいっか。

本来なら広島の快進撃にホームでストップをかけなければいけない立場の巨人が、むしろ火に油を注いでしまったような感じになってしまい、もし明日も負けたとしたら、スタートダッシュにも程がある!ってくらい広島を突っ走らせる事に繋がってしまう。

シーズン序盤とはいえ、広島の背中が遠く霞んでしまう前に、なんとか一矢報いなければいけないのだが、明日の登板は吉川

個人的に吉川には期待しているが、やはり左投手というだけで、広島打線に対して「大丈夫か?」という心配の方が先にたってしまう。

キーポイントは小林か…昨日、今日の反省を踏まえて、左ピッチャーが右の強打者連中を相手にどうおさえたら良いのか、ひとつの解答を見せてくれるなら、3連敗の巨人が再度、エンジンをかけ直すきっかけになると思うが、もしもやられてしまったら、小林のほうがパニックになって、暗い闇に引き込まれそう。

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/