4/11 巨 6-9 広→ 今季初の連敗、やっぱ広島強ぇ~な

巨人 6-9 広島 → 対 広島:0勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:中 田 5試合 1勝 0敗 0S

セーブ :今 村 5試合 0勝 0敗 1S

敗戦投手:森 福 3試合 0勝 2敗 0S

・投手リレー

巨人:菅野→谷岡→池田→森福→山口鉄 捕手:小林→實松

広島:野村→ヘーゲンズ→中田→薮田→今村 捕手:石原→會澤

本塁打

巨人:中井2号2ラン

広島:菊池1号2ラン

・解説:吉村禎章 実況:佐藤義朗

SKyA にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの1回戦。巨人は3対0で迎えた六回、先発の菅野と2番手・谷岡が広島打線につかまり、一挙6点を奪われ逆転される。しかしその裏、マギー、代打・亀井、重信の3者連続適時打で追い付き、試合を振り出しに戻す。だが、七回から登板した森福が本塁打などで痛恨の3失点。打線は粘りを見せるも投手陣が崩れ、首位攻防3連戦の初戦を落とした

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エース同士の戦いの結末がまさかこんな事になるとは全く想像がつかなったけど、逆に考えるとある意味、らしい戦いだったのかもしれない。良いところ、悪いところも数多くあった今日のゲームだけど、去年から続くカープと巨人の違いというのが、浮き彫りになったような気がした

っていうのも、先制されようが追いつかれようが、全く気力が落ちないどころがゲーム終盤になるにしたがって、ますます気持ちが高揚して、これっぽちも負ける気がしてない雰囲気が相変わらずで、普通のゲームなら中盤での3点差では、「今日はちょっと厳しいかな?」と思わせるはずが、「いやいや、全然イケるっしょ!」とでも言っているような空気感でギアがどんどん上がってゆくのを感じる

むしろ、こちらのほうが中盤とは言え、3点差くらいじゃ全然安心できないという、妙なプレッシャーを感じるくらい

とはいえ、そうそう良いことばかりは続かないよ、これだけの連勝をすれば、絶対に反動がくるはず!って思いたいのだが、そう思いながら、終わってみれば反動がほとんどなくぶっちぎったのが昨シーズンだったので、まだペナントは始まったばかりとはいえ、やはりこのチームとの首位争いはシンドそうだな・・・というのが今日の率直な感想

先発の菅野も阿部のフィルダースチョイスをきっかけに崩れた形になってしまったが、全体としてはまぁまぁ。カープ打線相手なので、ノーヒットでおさえ続けるのは難しいのはわかっていたので、そういう意味では上手く投げていたと思うが・・・

ただ、エースであれば、味方のミスを救い、野手がそれに応えて奮起するような空気作りもして欲しかった。難題なのはわかっているけれど、そこまで出来るようになれば、本当の意味で投打が噛み合い、10点取られても11点取ってくれる負けない投手になると思うので、あぁいう苦しい場面をサラっと切り抜けられる投手になって欲しい

それにしても、長野は…(涙)

せっかくのプレーヤーズデー、こういうのをきっかけに何かが変わってくれるかな?というのを期待していたのだけど、むしろもっとも見たくないバッティングを2度も見させられてしまうとは…解説の吉村氏が言っているように、阿部のバッティングを見た後だと、余計に軸足や頭のブレが気になってしまう。選球眼の迷いや焦りがどんどん悪い方に行っているようで、このままでは光明を見いだせないままドツボにハマったままになりそうで心配。

基本はやはり下半身、もともと引きつけて逆方向へ長打が打てる選手なので、出来るならば亀井が好調なうちにファームで下半身強化に取り組んで、どっしりと構えて甘い球を一発でライトスタンドへ放り込むあの打撃を取り戻して欲しいなと思う。

あとは、やはりずっと課題となっている送りバント

立岡、小林と本来そこを求められているにも関わらず決められないのは、この先勝ち続けるためにも厳しい。特に立岡は初回のバントなんか初球で一発で決めないと・・・坂本、阿部が振れているだけに余計に2番のバント成功率が低いのは致命的。

(立岡は三振は少ない方なので、だったらむしろバントはさせないという方針でもいいのでは?)

そして最後にはやはり中継ぎ問題に触れないわけにもゆかなそう

森福がダメな時はグッさんがよくて、グッさんがダメな時は森福が良いみたいな流れになりそうな予感がしているんだが、8、9回がしっかり決まっているだけに、余計に7回を誰が投げるかは大きな課題。森福の場合はもう少し時が経てば、小林との呼吸も良くなって安定感が増すのかもしれないけれど、今日のように左打者に打たれているようでは話にならない。右バッターに対してもソフトバンク時代の良い時は、もっとエグいくらいに内角をぐいぐい攻めて、その残像感の中で外を振らせていたように思うのだが、今はまだ内も外も中途半端。タイミングを外して打ち取るというタイプでは無いと思っているので、高めが厳禁なのはもちろんだけど、もっと左右のゆさぶりを大胆にしてくれるように調整してもらいたい。

こうなると、先日の阪神戦で大竹を7回まで投げさせたことはこういうことか…という気になってしまうし、先発投手にもプレッシャーがかかる。1イニングを任せられないのであれば、左投手、右投手2人位で1イニングを抑えるような継投の妙を見せてほしいのだが、実績ある右投手がいない現状ではそれも厳しい

(本当なら宮國、ハヤトゥーを上げたいところだけど、ふたりとも先発調整で好調だし、ならば大竹をと思っても、まぁまぁしっかり投げている間は配置転換しづらい)

河野には申し訳ないが、緊急時の第3捕手に阿部を保険にするくらいの気持ちで、その分、投手を1人あげて欲しいなと思う

ただ、負けはしたが良いところもあった

重信が少しずつ上向いていることと、3点差をつけられた後、すぐに追いつけたこと、7回にもチャンス作れたことは去年には見られなかった光景。

終盤に岡本を守備につかせなければいけないリスクはあったかもしれないが、出来れば7回のチャンスには重信をそのまま出すのではなく、村田を送り出して欲しかった…

(使うのはは8、9回と思っていたのかもしれないけど、結果的には使わずじまいで終わってしまったし)

それでもまだ6勝3敗で貯金は3つある。焦る必要は全くない状況でありながら、広島の失速が想像できないだけに、4月で大きく引き離されることの無いよう、残り2つは勝っておきたい。

明日の内海が前回と同じような調子であったとしても、無失点は厳しいと思う。恐らく4番には新井さんが来るだろうし、状態が上がってないなと思っていた菊池を今日はノセてしまった。気持ちでねじ伏せるくらい強気で大胆にいかないと、隙を見せると一気に打ちまくられそうな気がするので、今からちょっと心配・・・・

追記

完全に真央ロスです…(笑)日本では伊藤みどり荒川静香に続く女子フィギュア界のレジェンドの一人。初めてジュニアで見た時に衝撃を受けて、以降、競技会はもちろんショーに至るまですべての放送を録画保存してありますし、リンクで生真央を見に行ったのも5回くらい(いかんせんチケット代が高くて、そうそう行けない)。

個人的に僅か87日足らずに年齢制限で出場できなかったトリノ…もし、あの時に出場していたらどうなっていただろうか?って今でも考えます。今日は朝のワイドショーから夜のニュースにいたるまで、何度ソチのフリーの映像を見たかわからないくらいだったけど、見るたびに涙してしまったのは内緒(笑)

出来れば出場の可否に関わらず、平昌に挑戦する姿を見たかったのですが、それが叶わないのが本当に残念。これからはショーでしか滑る姿は見れませんが、近くで開催された時は絶対に見にゆきますので、その時は是非ともトリプルアクセルを…(いや、ショーじゃやらんのはわかってるけど、わかってるけど、だからこそ!)

お疲れ様でした、私がフィギュアの採点するのが趣味になるほどハマったのは間違いなく真央ちゃんのおかげです

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/