4/9 巨 3-4 阪→ 負けちゃったかぁ…しゃーないね、こういう時もある

巨人 3-4 阪神 → 対 阪神:1勝1敗0分 甲子園

勝利投手:マテオ 5試合 1勝 0敗 0S

セーブ :ドリス 5試合 0勝 1敗 2S

敗戦投手:森 福 2試合 0勝 1敗 0S

・投手リレー

巨人:大竹→森福 捕手:小林

阪神:能見→桑原→マテオ→ドリス 捕手:梅野

本塁打

巨人:

阪神:北條1号ソロ、北條2号2ラン、上本1号ソロ

・解説:湯舟 敏郎 実況:寺西 裕一

SKyA にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甲子園で行われた阪神タイガースとの2回戦。巨人先発の大竹は2回に北條の1発で1点を失う。巨人は相手先発能見に6回まで安打1本に抑えられるも、7回に阿部の適時打、亀井の2点二塁打で逆転に成功。しかし、7回には大竹が、8回には森福が被弾。投手陣がリードを守りきれず、3対4と逆転を許してしまう。最終回に二死から出塁するも後続が倒れ、試合終了。巨人は3本の本塁打を浴び、敵地甲子園で黒星を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大竹には申し訳ないけど、正直なことを言うと、今日は厳しいなと思っていたので、敗戦したという結果自体にはそれほど残念感はないのだけど、後半に逆転して、あとは勝ちパターンに繋げるだけ!ってなっただけに、それで負けてしまったことがちょっと悔しく、とはいえまだ6勝2敗で勝率.750なんだから余裕!って思っているところに、カープが7勝1敗1分で勝率.875 なもんだから、少し焦りを感じたりして複雑な心境になっている

(ぶっちゃけて言うと、こっちはこっちで、まぁまぁなスタートを切っているのに、カープカープで負けねぇなぁ・・・と)

さて、先発の大竹は非常に良かったと思う、6回まで被安打は僅かに2本(うち1本は先制されたホームランだが)で奪三振も6個と普通に考えれば、文句のないピッチング。

唯一の後悔は北條に打たれた2本めのホームランが同点となる2ランだったことだが、あの内側のシュートはボール半個分、さらに内側だったら…とか、ボール1個分低かったら…と思わなくはないものの、あのシュートをスタンドにまで運んだ北條を褒めるべきで、不運な打球だったと思う

これが同じ6回1失点でも、被安打が6~7本あたりで、球数も100球を越えるような状況であれば7回表には代打を出して、「はいご苦労さま」で終わったんだろうけど、正直なところ、あの時点では代える理由も見つからなかったし、基本スタンスとして由伸監督は先発投手には7回までを投げきってもらいたいという思いがあるようで、代えるという選択肢は無かったのだと思う

(その裏には、マシソン、カミネロはほぼ確定しているが、7回を安心して任せられる投手が決まっていないという側面もありそうだけど)

なので、まぁ大竹は頑張ったと思う、で良いかなと

敗戦したとは言え、8回にはチャンスも作ったし、9回にも簡単に3人で終わらず脇谷が出塁して、村田に一発が出れば!という形も作れたので、まぁアレはあれで次に繋がると思う。そして何より、まだ2敗とはいえ無失点で終わってないというところは去年と違っている部分ではないかと・・・

ただ、やはり課題はある

そろそろ爆発してくれないと…と期待している長野の調子は相変わらず悪く、打席でもストライクゾーンに迷いはあるし、タイミングも取れていない。恐らく、実戦の中で調子を取り戻すきっかけを掴んで欲しいという思いで、出場させ続けているのだろうけど、守備にも精彩を欠く場面もあるし、一度、先発から外すか、ファームで冷静になって再調整するという手もあるのではないかと思えてきた。

(逆療法でゆくなら、あえて1番を打たせるとかね)

現状では6、7、8番はほぼ安パイと思われても仕方ない部分もあるので、そこのテコ入れを何とかしないことには、坂本、阿部に何かがあった場合は完全に手詰まりになってしまう。陽岱鋼が開幕から間に合っていれば、やりようはあったのかもしれないが、今はないものねだりをしても仕方ないので、これから先の事を考えて、早めに手を打つのが良いのではないだろうか?

(このままだと、長野自身にますますプレッシャーがかかってしまそうな…)

8番は動かせないし、7番は若手の成長枠なので、やはり今の巨人の弱点は6番バッターという事になるだろう。

ただ、カープが負けないだけで、巨人もチーム状態としては決して悪いわけではない。求められる数字にはまだちょっと及んでいないけれど、立岡も本来の持ち味を出しつつあって(欲を言えばもっと足を使って欲しいというくらい)、坂本、阿部が調子良いので、よほど相手投手が絶好調ということでなければ、無失点で終わる可能性は低いし、中盤以降で相手が隙を見せれば代打陣で流れを変えることが出来る

先発投手陣もしっかりゲームは作っているので、主軸の周りを固める選手に安定感や勢いが出てくれば、大型連勝も夢ではないので、とにかく頑張って欲しい

さて、そのカープと明後日からは3連戦

本拠地で去年の優勝チームとの首位決戦で負け越すと、ちょっと雰囲気が悪くなるので、とにかくまずは初戦の菅野に大きな期待がかかる。

カープのゲーム終盤の強さは相変わらずなので、出来れば菅野が投げきるくらいのピッチングをして、相手の出鼻をくじいてくれれば勝ち越しも見えてくるし、一番大事な初戦ということになるので、そこに4月の第一のヤマが来るという強い気持ちで望んで貰いたいなと思う

阪神に勢いをつけそうな負け方をしてしまったが、カード最終戦だったので、結果的に良かったと思うようにしよう)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/